LICK IT UP (KISS)

b0002910_2215026.jpgVarious Review vol. 37
「地獄の回想」 キッス
"LICK IT UP" KISS

1983年発表作品
POLYGRAM
'80年、オリジナル・ドラマーのピーター・クリスが脱退したところからすべての歯車が狂い出したのだ。
ピーターの後任にツェッペリン・フリークのドラマー、エリック・カーを迎え、初のコンセプト・アルバム"MUSIC FROM "THE ELDER" 「ジ・エルダー」"('81)を発表。
エリックのパワフルかつ現代的なドラミングは絶賛されたものの、"Destroyer 「地獄の軍団」"('76)を手がけたボブ・エズリンをふたたびプロデュースに迎えたアルバム自体は大コケ。
そうこうしているうちに今度はギターのエース・フレーリーが自動車事故で活動不能になり、バンドは急遽ヴィンセント・クジャーノことヴィニー・ヴィンセントを代役に立て、マイケル・ジェイムス・ジャクソンをプロデュースに迎えて、大胆なヘヴィ・メタル路線にシフトチェンジした"Creatures Of The Night 「暗黒の狂獣」"('82)を発表。
しかし、後に代表作として定着する人気曲をいくつか収めてはいるものの、ラウドなヘヴィ・メタル・サウンドを強調しすぎたせいか「必要以上にやかましい」アルバムになってしまい、こちらも芳しい評価は得られず。
長いキャリアの中で、おそらくこの頃がKISSにとって最も苦しい時期だったのではないか?
'70年代中盤~後半にあれだけ凄まじい人気を誇った彼らも、もはやアメリカ本国では「過去のグループ」扱いされ、ヨーロッパ南米といった市場に活路を見出してなんとかグループを続けている状態だったのだ。

「お・め・ん・を・ぬ・げ!」
西川のりおの台詞が聞こえたかどうかは定かでないが、とにもかくにも起死回生を狙った4人は、デビュー以来の彼らの最大のセールス・ポイントであった分厚いメイクを落とし素顔で勝負することを決意。
'83年、ついに初めてその素顔をジャケットにのせた"LICK IT UP 「地獄の回想」"(なんちゅう邦題だ・・・)を発表したのだ。

前作から引き続きマイケル・ジェイムス・ジャクソンがジーン・シモンズポール・スタンレーとともにプロデュースを担当。
ソリッドなヘヴィ・メタル路線は堅持しつつ、シャープなギターを軸に前作よりやや軽目の聴きやすいサウンド、メロディ・ラインもポップなKISS節が帰ってきた。
ハイ・トーンで突っかかってくるようなコーラス・ワークが魅力的な1曲目"Exciter"で、本作から正式メンバーとなったヴィニーの超絶テクニックが早くも大爆発。
ジーン得意の怪獣的絶叫ヴォーカルをフィーチャーしたヘヴィなナンバー"Not For The Innocent"をはさんでタイトル曲の"Lick It Up"へ。
ミドル・テンポのバックにキャッチーなコーラスのリフレインを乗せたこの曲は、久々にKISSらしさ全開の傑作でMTVの画面に繰り返し流された。
ステージではエリック・カーがヴォーカルを担当した"Young And Wasted"はバス・ドラムの裏打ちを使ったファンキーな跳ねるリズムが軽快。
"Gimme More"は、ポールのたたみかけるような歌い方がカッコいい疾走系ナンバー。
PV第2弾となった"All Hell's Breakin' Loose"はダーティなHMサウンドにヒップ・ホップ調の語りを乗せた意欲作。
ポールお得意の泣きのメロディが美しい"A Million To One"に続いて、シンコペーションが最高にカッコよくキマるジーン作の"Fits Like A Glove"
この曲はその後、ステージでは前半のハイライトとして演奏された。
"Dance All Over Your Face""And On The 8th Day"も良い出来だ。

折しも時はNWOBHMLAメタル・ムーヴメントの勃発によりHR/HM勢には追い風の時期。
素顔のKISSはこの後リード・ギタリストをくるくる入れ替えながら、"ANIMALIZE"('84)、"ASYLUM"('85)、"CRAZY NIGHTS"('87)、"HOT IN THE SHADE"('89)とヒット作を連発、順調に活動していったが、'91年11月エリック・カーがガンのため他界。
エリック・シンガー(元リタ・フォード、アリス・クーパー、ブラック・サバス)を後任に迎えて"REVENGE"('92)、"ALIVE Ⅲ"('93)を発表したもの、'96年、MTVアンプラグドのステージで集結したオリジナル・メンバーがメイクを施してのオリジナルKISSの復活を宣言。
ブルース・キューリック、エリック・シンガー在籍中にレコーディングされた"CARNIVAL OF SOULS"('97)の発表をもって素顔のKISSは終わりを告げた。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-09-29 22:11 | ひろぽん's Music Station


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧