LAST SHOW WITH RONNIE DEHUMANIZER WORLD TOUR (BLACK SABBATH)

b0002910_7173643.jpgVarious Review vol. 66
「ラストショウ・ウィズ・ロニー ディヒューマナイザー・ワールドツアー」
"LAST SHOW WITH RONNIE DEHUMANIZER WORLD TOUR"
BLACK SABBATH


Tony Iommi - Guitars
Ronnie James Dio - Vocals
Geezer Butler - Bass
Vinny Appice - Drums
Geoff Nicholls - Keyboards
日本の正月といえば、おせち、凧揚げ、こま回し。
お笑い、駅伝、お年玉・・・、
そしてブラック・サバス

Tony Iommi(G)Tony Martin(Vo)Neil Murray(B)Cozy Powell(Ds)の4人からなる"TYR ブラック・サバス"は、商業的には大きな成功を収めたとはいえないものの、'80年代中盤からメンバーチェンジを繰り返し迷走してきた名門グループを、バンドとして見事に再生したという点で現在でも非常に評価の高いラインナップであったが、'91年1月にMartin、Murrayがグループを去り、オリジナル・ベーシストのGeezer Butler"Heaven And Hell""Mob Rules"でオジー以降の新しいサバス像を確立するのに貢献した大物Ronnie James Dio(Vo)が復帰、Cozyも交えて新作発表に向けてのセッションが行われた。
しかし、レコーディング中にCozyが落馬事故で骨折。
Ronnieの強い希望により、"Heaven And Hell Tour"、"Mob Rules"でバンドの屋台骨を支えたVinnie Appice(Ds)が再加入。
3人の出戻りにより、いわゆる"Mob Rules ブラックス・サバス"が再編成され、'92年、アルバム"DEHUMANIZER"を発表、それに伴い、大規模なワールドツアーを敢行する。
しかし、終わりはあっけなくやってきた。
当時現役引退宣言をしたブラック・サバスオリジナルシンガー、Ozzy Osbourneのサヨナラ公演のステージにOzzyの前座として立つことを拒否したRonnieはそのままサバスを脱退。
DEHUMANIZERツアー最後の2日間となった'92年11月14日、15日のステージには代役としてRob Halfordが立つことになった。
Ronnieはその後Dioの再建へ、サバスは紆余曲折を経てオリジナル・リユニオンへと向かう。
本ブートDVDは、サバスにおけるRonnie James Dio最後のステージとなってしまった11月13日オークランド公演をオーディエンスショットで収録した名盤。
最新作"DEHUMANIZER"からは5曲が採り上げられているが、"Mob Rules"、 "Children Of The Sea""Heaven & Hell""Neon Knights"といった80年代初頭のRonnieナンバーや、Black SabbathIron ManParanoidほかOzzy時代のスタンダードナンバーの方が、正直聴き応えもあり歓声も大きいようだ。




b0002910_810126.jpgこの日を最後にサバスを去ることになるロニー師匠
そのたたずまいから、サタニックな雰囲気が発散されまくっています。
小柄な体から繰り出すパンチのある歌声は相変わらずの艶っぽさ。
新作もさることながら、オジー時代の名曲をまったく新しい解釈でモノにしたところは、さすが大御所。

b0002910_8101931.jpgロニー師匠のステージアクションの基本は「グー」「パー」です。
ちあきなおみ説北島三郎説など、師匠を巡る風説は枚挙にいとまがありませんが、ここはひとつ「ロニー=水前寺清子説」を唱えてみたいと思います。
師匠が「グー」を握る動きに合わせて「んーにゃっ!」とやっていただければ分かるはずです。

b0002910_8103191.jpg御大トニー・アイオミ。
'80年代中盤、イアン・ギラングレン・ヒューズらの相手で苦労した御大ですが、ロニー師匠の復帰でつかの間の幸せ。
アイオミさんは、その時点のシンガーの声質に合わせてサウンドのムードを決めます。
ロニーさんが歌うときは比較的キレイなトーンで、しかし粘り気は保ちつつ、みたいな絶妙な味付けです。
やはりこの顔ぶれでの演奏は、'80年代のロニー・ナンバーがいちばんこなれているようですね。
誇り高いロニー師匠がオジーの前座なんかやるわけないじゃん。
ある意味確信犯?

b0002910_8104394.jpgバトラーさんです。
相変わらずケイレンしまくっています。
それにしてもこの人のベースはようけ暴れはりまんなあ・・・。
なんかかんか文句言いながらもちゃんと戻ってくるんだから・・・。
結局サバスが好きなのね。
ウフッ。

b0002910_8105489.jpg出ました!ヴィニー・アピス師匠
相変わらず手数が多い、速い、やかましいの三拍子揃ったHMドラマーの鑑!
オフィシャル・ライブ盤"LIVE EVIL"ではソロはほんのちょっとしかありませんでしたが、本作ではたっぷりと聞かせてくれます。
ドンガラガッシャン、ドカチャカガッチャン!ドンガラガッシャン、ドカチャカガッチャン!と、もう攻め一辺倒のプレイ。
彼のプレイのいちばんの特徴はなんといってもストロークの速さ。
スネアのロールだけでこれだけ歓声を集められる人って、そうそうはいないんじゃないかなあ・・・。
話は変わるけど、元レインボーのボビー・ロンディネリって、ヴィニーの兄貴カーマイン・アピスのお弟子さんなんでしょう?
ヴィニーも少なからず兄貴から影響受けたとすれば、兄弟弟子みたいなもんかな?
そういや顔つきといい体格といい、なんとなく似ている気がするんだけど・・・。

b0002910_832633.jpgb0002910_8321791.jpg
左:ヴィニー・アピス 右:ボビー・ロンディネリ(Not 鈴々舎馬風)

結局、ヴィニー・アピス目当てで手に入れたのがバレバレ。
今いちばん欲しいのはイアン・ギランがいたときの"Chicago '83"だったりする・・・。
ウヒャヒャ・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-01-03 08:59 | ひろぽん's Music Station


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧