カテゴリ:スポーツ( 124 )

最近観なくなったプロ野球について

もう偉そうに「わがタイガース」などと書くのは止めよう。
タイガース命の大阪府民の皆さんに申し訳が立たぬ。

今シーズンは野球に関するエントリーはこれ1件だけ。
岡田阪神は一時期2位に13ゲームをつけて独走。
Number 713号は優勝を見据えて(?)、「阪神タイガーズ最強論 岡田の虎」なる特集を組んだが、最終的に読売にひっくり返され、CSでは中日に破れ岡田は退任。
読売VS埼玉西武の日本シリーズとなって、今さらだが思った。
広岡、森監督時代の無敵の西武の主力選手だった渡辺久信が監督、デーブ大久保がコーチ。
対する読売も当時の主力だった原辰徳が監督、篠塚がコーチ。
敗れた中日の監督は落合、辞めた岡田・・・。
オレが野球をいちばん熱心に見ていた時代の選手がみんな首脳陣になって、今の選手を指導していく立場になったんだ・・・。
子が育って親になったのだな。
そしてオレは野球をほとんど観なくなった。

今年は、というより数年前から、ナイターをやってる時間に家に帰れたことがない。
まあ、そんな人は山ほどいるだろうが。
飯を食うのは「報道ステーション」を観ながらなので、野球の結果はそこではじめて知る。
リアルタイムで試合を観ながらハラハラしたり、手に汗握ったりすることがなくなり、野球は結果をチェックするだけの対象になった。
タイガースが首位を独走していた時期でさえ、スポーツ紙をたまに読むくらい。
未だに80年代ぐらいまでのロック聴いて、新しい音楽にとんと疎くなったのと同じ状況だ。
この分野(プロ野球)に関しては最先端から遠のいている気がする。

とはいえ、岩村のいるレイズの試合は気になるし、日本の至宝イチローの苦言が元で星野の要請辞退になったWBC監督問題からも目が離せない。
そういえばWBCで活躍した選手以外は、顔と名前が一致しない選手が増えてきたなあ・・・。
結局、国内リーグとしての「プロ野球」がポッコリと欠落しちゃっているわけだ。

なんでだろう。
やっぱり観る時間がないのが大きいんだけど。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-10-27 00:58 | スポーツ

世界の王、引退

<ソフトバンク>王監督、今季限りでの勇退表明…体調不良で

 プロ野球・ソフトバンクの王貞治監督(68)が23日、健康面の不安などを理由に、今季限りでの勇退を発表した。現役時代は歴代最高の通算868本塁打を記録、引退後は巨人、ダイエー―ソフトバンクの監督を計19年務め、一昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本を初代世界王者に導いた「世界の王」が、通算44年間のユニホーム生活に別れを告げることになった。長嶋茂雄・元巨人監督に続き、戦後のプロ野球で一世を風靡(ふうび)した「ON」コンビが完全にグラウンドから姿を消す。
毎日新聞(Excite エキサイト : スポーツニュース)


b0002910_22291772.jpg最近は仕事で遅いせいもあってか、テレビでナイターを観ることがほとんどないし、ソフトバンクの試合自体、地上波にはスポーツニュースでしか映らないし・・・。
子どもの頃のヒーローも、あらためてテレビでしゃべっているのを見るとやはり「お爺さん」だなあ・・・、と思ってしまう。ご本人には失礼かとは思うが。
なんか知らないが、40代になってから、有名人の引退とか「死去」とかいう話題がグッと胸に来るようになった。
あ、いや、王監督は亡くなったわけではないが。
テレビなどで未だに「ON」とか言ってるおじさんたちを、「なんだかなあ・・・」という目で見ていたオレも考えてみればおじさんである。

「野球界に入って50年」だそうだ。(ユニフォームを脱いでいた「空白期間」を除くと44年)
オレの人生より長い時間を職業野球人として過ごしてきたわけだ。
オレが物心ついて野球が理解できるようになった時点で長嶋さんは引退し、ONは解散。
野球中継の主役である巨人の主軸はOHに入れ替わった。
シーズン55本塁打の日本記録を打ち立てたのは1964年、オレが生まれる前だし。
そう考えると長い野球人生だ。
というわけで、「ナボナはお菓子のホームラン王です」のCMを観て育ったオレとしては、野球云々よりも「時代」の移り変わりをこのニュースに見た。
今の野球選手、ホント顔よく知らない人が増えてきたなあ・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-09-23 23:58 | スポーツ

吉田沙保里 金メダル!!

<五輪レスリング>吉田沙保里が連覇 55キロ級
 【北京・来住哲司】北京五輪第9日の16日、レスリングの女子55キロ級で吉田沙保里(綜合警備保障)が金メダルを獲得し、前回アテネ五輪に続く連覇を飾った。今大会の日本勢の金メダルは7個目で、このうち連覇は6個。女子48キロ級の伊調千春(綜合警備保障)はアテネ五輪に続く銀メダルを手にした。
Excite エキサイト : スポーツニュース

b0002910_1414095.jpgやった!オレの沙保里!!
女子レスリング55キロ級の吉田沙保里が、見事金メダル!
決勝で18歳の許莉(中国)から第2ピリオドで見事フォールを奪い、前回アテネに続いての連覇を達成!

北京五輪の個別の試合ごとの記事は書かないつもりでいた。(キリがないから)
でも、これはスルーできん。
オレの沙保里が見事金メダルを獲った!!ワーイ!!

1月の女子ワールドカップで敗れ、連勝が119でストップしてから半年。
このオリンピックは連勝ストップの雪辱と、前回アテネに続く連覇を賭けた大一番。
正念場であったろう。
もちろん、オリンピックに出るようなアスリートは誰でもそうなんだろうが、彼女のまっすぐさ、ひたむきさがいい。
レスリングが好きで好きでたまらない、ってのが全身から感じられるのがいい。
そして、出歯なところもw

おめでとうー!!
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-08-17 01:45 | スポーツ

あっ!

北島金メダルだ!

100m平泳ぎで金!

北島て、さけ茶漬けのひとぢゃないよ。
「スピードレーサー」着てる人。
あ、スピードレーサーぢゃない。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-08-11 11:36 | スポーツ

古豪ジャイアンツ、スーパーボウル制覇!

b0002910_1202785.jpg月曜日の夜、病室のテレビで第42回スーパーボウル(ニューヨーク・ジャイアンツvsニューイングランド・ペイトリオッツ)を観た。

今シーズン、ワイルドカードから勝ち上がって3度目のSB出場を果たしたNFCのジャイアンツ。
2000年シーズンにヘルメットのロゴを、それまでの「GIANTS」から、1961年~74年に使っていた「ny」に戻して以降初となる大舞台の相手は、このSBに勝てば1972年シーズンのマイアミ・ドルフィンズ以来となるパーフェクト・シーズン(全勝優勝)を達成することになる、すっかり常勝軍団となった感のあるペイトリオッツ(AFC)。
ジャイアンツリードで迎えた第4Q残り2分45秒、WRランディ・モスへのTDレシーブで14対10と一旦逆転に成功したペイトリオッツだったが、ジャイアンツはここから反撃。残り35秒にWRプラクシコ・バレスへのTD捕球で17対14と土壇場で再びリードを奪うと、そのままペイトリオッツの反撃を抑え劇的な逆転勝利、1990年以来となるチーム史上3度目のNFLチャンピオンの座に就いた。
ジャイアンツQBイーライ・マニングは兄ペイトン(コルツ)に続いて、兄弟でスーパーボウルMVPの栄冠を勝ち取った。

ジャイアンツは1925年に創設された古豪で、スーパーボウルが開催される前の時代には4回NFLチャンピオンになっているが、スーパーボウルが始まってからはなかなか出場に届かず、初出場は1986年シーズンの第21回大会であった。
1990年シーズンには、QBフィル・シムズがプレイオフ中に負傷してしまうというアクシデントをものともせず、強力なディフェンスと控えQBジェフ・ホステトラー(グラハム・ナッシュみたいな風貌のやさ男)の活躍でスーパーボウルに2度目の進出。
その勢いのまま、AFCチャンピオンバッファロー・ビルズを下し、2度目の栄冠を勝ち取った。
この時の試合は湾岸戦争の影響で開催が危ぶまれていた。
オレもこの時のSBをテレビで観戦したが、両チームの選手が湾岸戦争で亡くなった兵士を悼んで腕に喪章を付けてプレーしていたのを覚えている。

負けたペイトリオッツもやはりしぶとかった。
すっかり名QBとなったトム・ブレイディを中心に、2000年代に入ってから3回SBを制しているチームだけに、ドルフィンズ以来のシーズン全勝優勝もいけるかなと思っていた。
しかしフタを開けてみると、ジャイアンツが実にいやらしい強力な守備でブレイディのペースを崩しまくっていた。
やっぱオモロイなあ、NFLは・・・。
なんで日本で人気ないんだろ・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-02-06 01:48 | スポーツ

コルツ36年ぶりスーパーボウル制覇!

オレが人間ドックで血を採っている間に、海の向こうでは第41回スーパーボウルが行われ、トニー・ダンジーHC率いるインディアナポリス・コルツ(AFC南地区1位)がシカゴ・ベアーズ(NFC北地区1位)を29-17で破り、ボルティモア時代の1971年以来実に36年ぶりの頂点に立った。

b0002910_1114757.jpgコルツのダンジー、ベアーズのロビー・スミス両ヘッドコーチは師弟にして親友、そして41回目を数えるスーパーボウルの歴史上初めての黒人ヘッドコーチ同士。どちらのチームが勝っても初のスーパーボウル制覇黒人ヘッドコーチとなる対決だった。
ダンジーHCは1996年、弱小チームだったタンパベイ・バッカニアーズのHCに就任し、6年間で通算54勝42敗、15年ぶりを含む4度のプレイオフ出場を果たす強豪へとチームを生まれ変わらせたが、4度のプレイオフ出場を果たしながらスーパーボウルには届かず01シーズンを最後にバッカニアーズを去った。(翌シーズン、ダンジーの後任となったジョン・グルーデンがダンジーの作った強力ディフェンスを引き継ぎ、スーパーボウルを制覇した)
ダンジーはコルツでも就任から昨シーズンまで4年連続でプレイオフに進出するも、スーパーボウルには届かず。
しかし今シーズン、ヘッドコーチ歴11年目にして初のスーパーボウルに到達。黒人HCとして初めて、ビンス・ロンバルディートロフィーを手にした。

コルツQBペイトン・マニングにとっても今回のスーパーボウルに対する決意は並々ならぬものがあったろう。
マニングは、今シーズン前までの8シーズンで6度プレイオフに進出しながら、いずれも敗退。
特に昨シーズンは、AFC第1シードでプレイオフに進出しながら初戦で第6シードのピッツバーグ・スティーラーズに敗退。いつしか「大一番で勝てないQB」という不名誉なあだ名をつけられた。
しかし、今シーズンのマニングはひと味もふた味も違った。
ベアーズQBグロースマンが雨の中試合をコントロールできず、パス20回成功(28回中)、165ヤードを獲得してTDも1つ獲ったにも関わらず、2インターセプト、1ファンブルリカバーを含む5つのターンオーバーを喫して自滅したのに対し、マニングは終始冷静にゲームを支配。
9年のキャリアで初となったスーパーボウルの舞台で真価を発揮し、チーム36年ぶりの栄冠と同時に自信もMVPの栄誉を手にした。
ダンジー、マニングともホント、いい顔してるわ。
おめでとう!
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-07 01:25 | スポーツ

岩村、レイノルズ入り!

メジャー入り確定の岩村、デビルレイズ落札発表のドタバタ劇
あわてた球団社長は球団名間違えるし、本人が「会見やるぞ」と聞いたのはグリーン上

b0002910_402917.jpg慌ただしい発表だった。
この日(16日)の早朝、大リーグ機構は「デビルレイズがヤクルトの岩村を落札した」と発表。それを受けて会見したヤクルトは、一日中ドタバタだった。
「そもそもヤクルトは、この日に会見を開く予定ではなかった。ヤクルトは前日15日の夕方に入札金を受諾する旨をコミッショナー事務局に回答したが、落札球団が発表されるのは過去の事例から2日はかかる、と言う報告を受けていたそうです。」(球界関係者)
この想定外の事態に、ヤクルトは急きょ球団社長の会見を設定。それを報道陣が知らされたのは会見のわずか2時間前だった。球団事務所内に設けられた会見場は積み上げたダンボールに球団旗を張りつけるお粗末さ。
そこで多菊球団社長が「タンパベイ・デビルレイズ」を「タンパペイ・レイノルズ」と言い間違える失態も演じた。
岩村も寝耳に水だった。朝9時半ごろ、千葉のゴルフ場でラウンドしている最中に、グリーンの上で落札球団の報告電話を受けた。早々にプレーを切り上げ、高速をブッ飛ばして夕方の緊急会見に間に合わせた。
その岩村は、「ホッとした。ひとつでも入札してくれる球団があったらと思っていた。デビルレイズで全力を尽くしたい」と喜んだが、せっかくの晴れの会見も、味気のない神宮のクラブハウスになってしまった。
ヤクルトは「松坂フィーバー」を考慮、あえて発表の時期をずらすつもりだったというが・・・・・・。
(日刊ゲンダイ 2006年11月18日 紙面記事)
「日刊ゲンダイ」は、Yahoo!などのニュース・ポータルが拾わないから、手打ちだぜw

ヤクルト岩村の、メジャー新球団「タンパペイ・レイノルズ」入団がほぼ確実となった。
同じフロリダ州タンパを本拠地とする「タンパベイ・デビルレイズ」に似た球団名だが、れっきとした新球団である。
'70年代に人気を博したマッチョな俳優バート・レイノルズとは関係ない。

>「積み上げたダンボールに球団旗」
って、晴れの舞台の門出にしちゃお粗末だわ、確かに。
岩村に相応しいと言えば相応しいが・・・w

別のニュースでこんなのも・・・
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-11-19 04:02 | スポーツ

トレバー・バービック殺害さる!?

元WBCヘビー級王者のバービックが遺体で発見
 元WBC世界ヘビー級王者、トレバー・バービック氏(52)=ジャマイカ=が28日、ポートランドの教会の中庭で遺体で発見された。頭におので負ったような傷があり、警察では殺人事件とみている。
 同氏は1985年、WBCの王座に就いたが、翌年、マイク・タイソン(米国)に敗れ、タイトルを失った。76年から2000年まで現役で、通算成績は50勝11敗1分け。ムハマド・アリ(米国)と、最後に対戦したことでも知られる。
 マネジャーに対する脅迫や、ベビーシッターへの暴行などで禁固刑の判決を受け、刑期終了後、米国から国外追放処分になっていた。(AP=共同)
(2006年10月29日09時14分 スポーツ報知)
b0002910_14335176.jpgボクシング・ファンではない自分にとってトレバー・バービックといえば、1991年12月22日、UWFインターナショナル「格闘技世界一決定戦」(於両国国技館)で高田延彦と対戦し、ローキックの嵐を浴びせられて1R戦意喪失、試合放棄で逃げ帰った「とんだいっぱい食わせ者」としての記憶しかない。
しかし、あらためてその経歴を見ると決してつまらないイカサマ師などではないことがわかった。
(ボクシング・ファンからすれば、「いまさら知るなよ」って話しだろうが、なんせプロレスの側からモノ見てると、なんでもウサン臭く見えちゃうのです)
なんだかんだ言ってスゴイ人だったのね。

'55年ジャマイカ、ノーウィッチ出身(カナダ国籍)。
'76年のモントリオール五輪の、ボクシングヘビー級ジャマイカ代表として出場するも、最終的に銀メダルを獲得するルーマニアのミルチア・サイモンに敗れる。
'81年12月11日にバハマでモハメド・アリと対戦し、10ラウンドで勝利を収める。
これがモハメド・アリの最後の試合となった。
'85年3月22日、判定でピンクロン・トーマスを下しWBC世界ヘビー級王座につくが、翌年の初防衛戦で弱冠20才のマイク・タイソンに2ラウンド3回のダウンを奪われ、1度も防衛できずに王座から転落する。
戦績62戦50勝(33KO)11敗1分。

しかし'92年、自分の家で雇っていたベビーシッターに性的暴行を働き15ヶ月間投獄されるなど、いくつもの犯罪で検挙されてもいる。

こんなこと書いたら怒られちゃうかもしんないけど、こういうの多いですね、ファイター系の人の人生って。
まっとうな最期じゃないなあ・・・。

合掌。
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-10-29 14:53 | スポーツ

カージナルス、24年ぶり世界一!

田口歓喜、カージナルスが世界一
 米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)、カージナルス(ナ・リーグ)-タイガース(ア・リーグ)第5戦は27日、セントルイスのブッシュ・スタジアムで行われ、カージナルスが4-2で勝って24年ぶり10回目の世界一に輝いた。
 カージナルスの田口壮外野手は「8番・左翼」で、今シリーズ3度目の先発出場。カージナルスは2回、田口の犠打、エクスタインの内野安打などで1点を先制。逆転された直後の4回にはモリーナ、田口の連続安打でつかんだ好機に悪送球などで2点を奪い、3―2と逆転した。7回は内野安打と四球で好機をつかみ、ローレンが詰まりながらも右前打して1点を加え、そのまま逃げ切った。田口は3打数1安打、持ち味をしっかりと出して、優勝の瞬間は右翼の守備位置から歓喜の輪へと加わった。
 タイガースは、4回にケーシーの2点本塁打で逆転したものの、この日も守備が乱れて自滅した。

 ▼田口の話 これが現実であることが信じられない。みんなのエネルギーを合わせたからこういう結果になった。

 ▼カージナルス・ラルーサ監督の話 全員が貢献した。守備がよく、投手もよく、適時打も出た。控え選手は長い野球人生の中でも最高の部類に入る。選手たちと素晴らしい時間を共有した。このことは決して忘れない。

 ▼タイガース・リーランド監督の話 われわれはワールドシリーズまではいいプレーをしてきた。犯したミスの言い訳はしない。自分たちよりもずっといいプレーをしたチームに敗れたということだ。 (共同)
(スポニチアネックス 2006年10月28日 09:26 速報記事)
b0002910_23273693.jpg24年ぶりの世界一の座を獲得したカージナルスナインの輪の中には田口がいた。
正直言って、メジャー進出した打者の中では最も格下と言わざるを得ない選手だ。
しかし入団以来、カージナルスの田口はいい仕事をした。
それだけは間違いなく言えると思う。

カージナルスはナショナル・リーグ中地区1位ながら、レギュラーシーズン83勝、勝率.516の成績で、ワイルドカードから勝ち上がった対戦相手のタイガース(アメリカン・リーグ中地区2位  95勝67敗 勝率.586)よりも成績は下だ。
しかし、エクスタイン、田口をはじめとする選手が機動力に小技を織り交ぜる「スモール・ボール」と呼ばれる攻撃でタイガースを撃破、シリーズを制した。
カージナルスのラルーサ監督は史上2人目の、両リーグでワールドシリーズを制覇した監督となった。

メジャーリーグでは、最近7年間は毎年違うチームがワールドチャンピオンに輝いている。
95年から導入されたワイルドカードによって、Wシリーズ出場のチャンスが広がった代わりに、特定の強豪チームが連覇することが難しくなっている。
昨シーズンはホワイトソックスの井口がチャンピオンリングを手にし、今年は田口が世界一の美酒に酔いしれる。
来シーズンは(気の早い話しだが)、また他の日本人選手が世界一の栄冠を手にするかもしれない。
田口、あっぱれ!
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-10-28 23:51 | スポーツ

北海道日本ハム、44年ぶり日本一!!

<日本シリーズ>日ハムが4連勝で44年ぶり日本一
 プロ野球の日本シリーズは26日、札幌ドームで第5戦を行い、日本ハムが4-1で中日を降し、第2戦から4連勝。対戦成績を4勝1敗とし、前身の東映以来となる44年ぶりの日本一を本拠地で決めた。
 第1戦に先発した日本ハム・ダルビッシュ、中日・川上が中4日でともに先発。中日が四回、2死満塁から荒木の一塁適時内野安打で先制。しかし日本ハムは五回、1死三塁から金子がスクイズを決め、同点とした。日本ハムは六回、1死三塁で、セギノールが右越えにシリーズ2号となる2ランで勝ち越し。八回、稲葉の右越え本塁打で突き放した。マイケル中村が最後を締めた。
(毎日新聞) - 10月26日21時32分更新

新庄泣いた 日本ハム44年ぶり日本一
 日本シリーズ第5戦が26日、札幌ドームでプレーボール。中日は4回、荒木の内野安打で1点を先制した。日本ハムは5回、金子のスクイズで同点に追いつき、6回にはセギノールの2ランで3―1と逆転。さらに8回、稲葉のソロ本塁打で4―1とし、そのまま逃げ切った。日本ハムは今シリーズ4勝1敗で44年ぶりの日本一に輝いた。
(スポニチアネックス 速報)

日本ハム44年ぶり日本一!
 日本シリーズ第5戦は日本ハムが中日を3-1で下し、第2戦から4連勝、通算4勝1敗で、東映時代の1962年(昭和37年)以来44年ぶりの日本一に輝いた。
(ニッカンスポーツ 速報)
おめでとう!日本ハムナイン!
そして、店長
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-10-26 21:39 | スポーツ


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

お気に入りブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

人気ジャンル

画像一覧