<   2004年 10月 ( 59 )   > この月の画像一覧

政府、香田証生さん殺害を確認

政府、香田証生さん殺害を確認…バグダッドに遺体
 町村外相は31日午前、外務省で記者会見し、イラクで武装組織に拉致・拘束されていた香田証生(しょうせい)さん(24)=福岡県直方(のおがた)市=が殺害されたことを確認したと発表した。
 イラク当局から、日本人と見られる男性の遺体がバグダッド市内で発見されたと現地の日本大使館に連絡が入り、大使館関係者が指紋などを採取して照合した結果、政府は、この遺体が香田さんであると断定した。
(読売新聞) - 10月31日11時54分更新
>全文
最悪の結果を迎えたようだ。
家族の悲痛な叫びも空しく、イラクで人質になった24歳の青年の命は永久に帰らぬものとなってしまった。
彼が人質となったことが判明してからは、安否を気遣う家族をはじめ、前回の人質事件(高遠菜穂子ほかが拉致され、家族が大騒ぎしたあの一件)の際にもどこからともなく現れてきた、NPOやらなんやら正体不明の雑多な登場人物が同じように出現し、助けを求め、政府にアピールしたりしていたが、どうも今回の件に関して言えば(こういう言い方は申し訳ないが)「粛々とこの結末を迎えた」という気もする。

前回の事件の際、「自己責任」というフレーズとともに国民の中に浸透したある種の感覚・・・。
「こんな時に、バカなことを・・・」という何かを代弁するかのような雰囲気が、事件を報道するマスコミの論調の中からも色濃く感じられ、正直なところ被害者に対して同情的な世論が形成されたようには思えない。
折しも日本国内では台風被害に続いて新潟県中越地震という未曾有の大災害が起こり、そちらの被害状況を把握し被災者を救出する方に、国の手も、国民の意識もほとんど持って行かれている状況だった。

私見ではあるが、今回の件は極めて気の毒な事件だったとは言え、この被害者は自ら進んで死を選んだも同然だと思っている。
「自分探し」か何か知らないが、危険な場所に自ら出向くことは決して賢いことではない。
仮に、自分の家族を助けなくてはならないなど特別な事情があったにしても、素人が戦場や火事場に無防備に飛び込んで行って良いわけがない。
消防隊員自衛官等、自らが危険と相対することを「責務」としているようなプロフェッショナルでさえ、生半可な準備でそういった危険に立ち向かえば、命などいとも簡単に落としてしまうのである。
なんのプロでもない人間が、気軽なサンダル履きでリュックひとつ背負って、わずか数ドルの所持金だけを手に今なお「戦争が続いている」土地にふらふら入り込むということがどういうことなのか。
この青年には分別あるオトナが持つべき基本的な想像力、危機意識がまったく欠落していたとしか言いようがない。
被害者のご冥福をお祈りするとともに、今度こそ、こういった無謀で夢見がちな若者が出現しないことを切に願う。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-31 15:01 | 政治・社会

ロック大事典

「三十路連合」を通して知った、cassette46さんの「カセットテープ愛好家」からミュージックテープにTB。

この画像を見て、自分の家にある「ロック大事典(オリジナル・ジ・エンサイクロペダイア・オブ・ロック)」という企画モノのカセットテープ全集とデザインがまったく同じであることに気づいた。

b0002910_1350309.jpg
'60~'70年代のロックの名曲(選曲にはいくつか注文もあるが)を全部で10のジャンルごとにまとめたもので、各ジャンルごとに10数曲の様々なアーティストの曲が収められている。
購入したのはおそらく中学生時代だからかれこれ20年近く所有していることになる。
当時はまだCDは一般に存在しておらず、音楽好きといえばアナログ・レコードを買い求め、あるいは友人同士で貸したり借りたりしたものをテープに移して楽しむ時代だった。
まだまだ自由に使えるこづかいが限られていた中学時代には、興味を持ったアーティストのレコードをすべて入手することは経済的に不可能であり、こういった通販モノの全集はとてもありがたい存在だったのだ。
あらためて見返して見ると"Manufactured by Daikei Rokuon Inc. Tokyo Japan"というクレジットが見られる。
ちなみに1つだけ紹介すると"ART ROCK"の巻では、クリーム(「ホワイト・ルーム」「サンシャイン・オヴ・ユア・ラヴ」「スプーンフル」)、ジェフ・ベック・グループ(「監獄ロック」「グリーンスリーヴス」「ロック・マイ・プリムソウル」)、ジミ・ヘンドリクス(「フォクシー・レディ」「ヘイ・ジョー」「パープル・ヘイズ」)、ジェスロ・タル(「リビング・イン・ザ・パスト」「ブーレ」)、ブラインド・フェイス(「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」)、プロコル・ハルム(「青い影」)、ヴァニラ・ファッジ(「ユー・キープ・ミー・ハンギング・オン」)の14曲が収められている。
いやー、棚にきれいに並べてはあったもののずっと聴いていなかったんだ・・・。
どれ、聴いてみようかのう・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-31 14:12 | ひろぽん's Music Station

忘れてました・・・

このブログでは、数回にわたってオレの女性の好みをご披露して参りました。
今までご紹介した人をあらためて並べてみますと、武富士ダンサーズのAIAI岡本依子戸田恵子インリン遠藤久美子江川紹子室井祐月clucyチャン今山佳奈用稲千春・・・。(一部を除いて敬称略)

他人からは「オマエは、他に類を見ない『無節操な男』ぢゃ」と言われ続けております。
なるほど・・・。
こうやって並べて見ると、共通点もなにもあったもんじゃありませんね。
肉体派います、出歯います、メガネいます、熟女います、カワイイ感じの人います・・・。
まあ、よく解釈すれば「見た目自体が決めてではない」という解釈もできるわけでして・・・。
(宅の妻も、この顔ぶれのどなたとも共通点のない、独自の存在かと思います)

オレがいいなと思う女(ひと)はまず第一に、なにかしら個性的なたたずまいの方が多いようです。
テレビで見るような人は所詮性格なんぞ分かりはしませんが、喋り方や立ち居振る舞いからある程度「好感度」というものがあります。

しかし、もっとも大切な人をひとり忘れていました。

b0002910_1251362.jpgb0002910_12515069.jpg
阿部知代さん(CX)

1963年7月23日 群馬県桐生市出身
上智大学卒 O型
身長 168cm


3歳年上(ウチの妻と一緒)、出身が桐生(オレと同じ北関東系人)、上智(才媛っぽい)、身長168cm(ややでかい、でもでか過ぎない)・・・。
顔も正統派の美人というよりは、インパクト重視



この人を忘れては、オレの女性の趣味は語れません・・・



思えば、益田由美アナあたりと一緒に「なるほどザ・ワールド」のレポーターをやっていた時代もおありになった。
その頃から実に好感度の高い女性だという印象だったが、早朝の番組やお昼の時間帯のニュースに移られてあまり見かけなくなってしまったのだ。
柴田倫世だ、アヤパンだと世間はかまびすしいが、ハッキリ言って眼中になし。
阿部知代さんこそ、女子アナ界に燦然と君臨する女王なのだ。

それにしても彼女の存在を忘れちゃうなんて・・・、
イカン、イカン。

フジテレビホームページ
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-31 13:12 | おねえちゃん

労働者階級の英雄

君が生まれてすぐに
彼等は君がちっぽけな存在だと思わせる
それ以外の時間はなにも与えてくれない
苦痛はあまりに大きく
君は何も感じることができないだろう
労働者階級の英雄こそが目指すべきもの
労働者階級の英雄こそが目指すべきもの

彼等は君を、家で傷つけ学校でも打ちのめす
君がアホでなく賢かったら、彼等は君を憎むだろう
君の心は滅茶苦茶になって 
もう彼等のルールに則って暮らしてゆくことはできないだろう
労働者階級の英雄なんてなれるもんじゃない
労働者階級の英雄なんてなれるもんじゃない

20年も君を苦しめ、脅かしたのち
彼等は君に仕事を選べと言う
君があまりの恐怖になにも出来なくなっているときに
労働者階級の英雄なんて簡単にはなれない
労働者階級の英雄なんて簡単にはなれない

君は、薬と宗教とセックスとテレビにのめりこんですべてを見失う
自分を賢く、自由な存在だと思いこんでいる
だが俺から見れば、君はちっぽけな百姓のままなんだ
労働階級の英雄にならなくては
労働階級の英雄にならなくては

まだ頂上に立てると、彼等は君に言う
君は最初に、どうやって微笑んだまま殺すかを身につけなくちゃならない
君も丘の上の奴らみたいになりたいのだろう
労働階級の英雄にならなくては
労働階級の英雄にならなくては

英雄になりたいなら、ただ俺のあとをついて来い
英雄になりたいなら ただ俺のあとをついて来い

("Working Class Hero" by John Lennon 1970)
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-30 23:46 | ひろぽん's Music Station

昼間から一杯・・・

b0002910_1514352.jpg東急ストアでSPAMを見つけたので買ってきた。
オーブントースターであぶって一杯やろう。
ところで・・・。

缶開けたはイイんだけど、誰か出し方教えてくんね?
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-30 15:13 | 自分自身

今日は雨・・・

b0002910_14464780.jpg今日は雨の中、午前中は娘の学校の音楽会に行ってきた。

ちっちゃい1年生は、まだ元気一杯に歌うのが精一杯(まあ、それでいい)だが、高学年になるとハーモニーなんかも駆使しちゃって、子供の歌とは言えなかなか聴き応えがある。

午後は、近所のホールで開催されるハロウィン・パーティに出かけていった。
去年はお姫様の格好だったが、今年はハロウィンらしく魔女です。

写真は、衣装のキマリ具合がイマイチお気に召さず、表情の冴えない魔女さん。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-30 14:48 | 自分自身

やっと1週間終わり・・・

ただ今、本日の業務すべて終了いたしました。
最近1週間が長くて長くて・・・。
週末が過ぎるのは速くて速くて・・・。
このごろ、あまりの忙しさにほとんど首から下でのみ仕事をしています。
仕事の内容を咀嚼している余裕が無い!
アレコレ悩んだりせず、脊髄反射的に業務が遂行できるという点では便利なのだが、なにをやったのかほとんど記憶に残ってないようなありさま・・・。

色々書きたいことはありますが、とりあえずこれで家に帰れる喜びを記し、残りは後ほど・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-29 20:17 | 自分自身

レッドソックス世界一!!

b0002910_20444055.jpg
86年ぶり栄冠! レッドソックスが6度目の王座に
【セントルイス27日】セントルイス・カージナルス対ボストン・レッドソックスのワールドシリーズ第4戦が当地で行われ、好調レッドソックスが3-0で勝利。4連勝で1918年以来、実に86年ぶり6度目のワールドチャンピオンに輝いた。なお、カージナルスの田口壮外野手は、最後まで出番がなかった。
(MAJOR.JP)
>全文
レッドソックス4連勝、86年ぶり頂点
ことしで第100回の米大リーグ、ワールドシリーズ(7回戦制)は27日(日本時間28日)、レッドソックス(ア・リーグ=ワイルドカード)が1918年以来86年ぶり6度目の優勝を果たした。最優秀選手にはレッドソックスのラミレス外野手が選ばれた。
(スポニチアネックス・ホーム)
>全文
呪い解けた!Rソックス86年ぶり世界一
<ワールドシリーズ:レッドソックス3-0カージナルス>◇第4戦◇27日◇ブッシュ・スタジアム
レッドソックスが4連勝で、1918年以来86年ぶり6度目の優勝を果たした。最優秀選手にはレ軍のラミレス外野手が選ばれた。
>全文
2004年ワールド・シリーズは、「バンビーノの呪い」の打破に燃えるアメリカン・リーグ・チャンピオン、ボストン・レッドソックスが、ナショナル・リーグ・チャンピオン、セントルイス・カーディナルスを相手にあれよあれよという間の4連勝
レッドソックスが出場した過去のシリーズのうち'46年、'67年の相手は今回対戦したカーディナルスだったが、いずれの年も3勝4敗で敗退していた。
Rソックスは、実に86年ぶりに呪いを解くと同時に、過去2回苦杯を飲まされた相手へのリベンジに成功した。
4タテと言えば、最近では2002年、原巨人伊原西武が対戦した日本シリーズが記憶に新しい。
Wシリーズでは'98年、'99年のニューヨーク・ヤンキースがそれぞれサンディエゴ・パドレス、アトランタ・ブレーブスに食らわせて以来の4連勝0敗での栄冠。
今年は日本の野球も、メジャーリーグ・ベースボールも最後まで十二分に楽しませてくれた。
ペドロ・マルティネスの去就問題などもあり、100%ハッピーエンドにはならないかも知れない。
しかし、ボストンのファンは待ち望んでいたこの日を心から喜んでいるだろう。
おめでとう、ボストン。
死人が出ないことを(いや、絶対出るな・・・)祈る。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-28 20:54 | スポーツ

命あれこれ

イラクで日本人拉致 福岡の香田さん 陸自撤退を要求(産経新聞)

<イラク邦人人質>「なぜこの時期に…」(毎日新聞)

2歳男児4日ぶり救出 母死亡、女児は車内 新潟県中越地震(産経新聞)

致命傷受けず、土砂に囲まれ保温か…男児支えた偶然(読売新聞)

なぜこの時期に・・・。
誰しも首を傾げたくなるイラクの日本人拉致事件。
子供の頃は「危ないことを進んでやるヤツはアホ」だという教育を受けてきたオレには、いまだに起こるこの手の事件に対して、被害者の心情を理解しようなどという気は正直起きない。

千葉の「ふりーせる保育」では子供に「危ないからやめなさい」と声をかけるのはいけないことなんだそうだ。
「危ないか危なくないかは(3,4歳の)子供が決めること」だからなんだって。
ここで育った連中が、将来戦争している外国にホイホイ出かけて国の手を煩わせそうですな・・・。

かたや、絶望的な生き埋め事故に遭いながら、必死の救出活動によって救われた2歳の命。
母親は亡くなってしまったそうだが、小さな命は偶然の積み重ねによって永らえた。
よかった・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-28 08:07 | 政治・社会

呪いが解けるまであと1勝!

マルティネス好投!Rソックス世界一に王手
 レッドソックスが86年ぶりの世界一に王手をかけた。ワールドシリーズ第3戦は26日、セントルイスで行われ、レ軍は4―1でカージナルスを下して3連勝。エース右腕ペドロ・マルティネス投手(33)が7回を3安打無失点と好投し、同シリーズ初登板で初勝利を手にした。過去に3連勝したチームのV確率は100%。あと1勝で、ついに「バンビーノの呪(のろ)い」が解かれる。
(セントルイス 瀬戸口仁司通信員、奥田秀樹通信員、笹田幸嗣特別通信員)
>全文
(スポニチアネックス・ホーム 04/10/28)
ア・リーグ・チャンピオンシップ・ゲームでは3連敗のあとの4連勝。
メジャーリーグでは前例のない大逆転劇を演じてWシリーズにコマをすすめたボストン・レッドソックス
シリーズでは、ナ・リーグ覇者カージナルスを相手に怒涛の3連勝。
この試合では、今や「ボストンの顔役」と言ってもいいP・マルティネスが7回を3安打無失点と好投し、同シリーズ初登板初勝利。
今オフにはFAによる放出も噂されるエースはしかし、チームへの愛着をプレー、言葉のすみずみにまでこめて戦っている。

さあ、いよいよ「呪い」を解くときがやってきた!
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-10-28 07:36 | スポーツ


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧