<   2004年 12月 ( 55 )   > この月の画像一覧

なんだかんだで、もう大晦日じゃねぇか・・・、オメェ・・・。


おお!味噌か・・・。

b0002910_10473828.jpg


というわけで大晦日なのでR。
今日の予定は、まず渋谷の東横のれん街に出向き、お正月用の刺身、ローストビーフ等を買い込むのでR。
そして、地元に帰ってきて今度は駅前の東急ストア(またも東急、別に回し者ではない)で、おせちを「パーツ」で購入の予定。
我が家は全員おせちがさほど好きではない。
(妻にいたってはもキライで、雑煮も餅の代わりにうどんを入れて食べるぐらい)
したがって、伝統的なおせちの中身はほんの1,2品(きんとんかまぼこぐらい)にして、我が家独自の正月料理を楽しむのだ。
とりあえず元旦の朝はローストビーフなぞつまみつつ呑んだくれて、夜はしゃぶしゃぶの予定です。
呑んだくれるのはいいが、12/23(給料日)に買った発泡酒(500ml1ケース、350ml1ケース)がもうほとんどないよ!
年末飲みすぎ・・・。

今年も淡々と過ぎ去ってしまった。
結局一年が終わってみて、心に残るのはイヤな事件や災害のことばかり。
今日一日で2004年も終わってしまう。
あとひと晩寝たらすべてがパッと変わるわけじゃない。
また同じように淡々とした一年が始まるのだ。
せめて来年は暗いニュースや、悲惨な出来事の少ない年になってもらいたいものだ。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-31 11:03 | 自分自身

そっくりさんシリーズ5

まあ、こういうヒゲと髪型にすれば誰でも似るんだろうが・・・

林 紀勝(スターダスト・レビュー)と西田 幸治(笑い飯)

b0002910_17452329.jpgb0002910_1745850.jpg 
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-30 17:48 | ネタ

紀宮さま婚約内定発表!

婚約内定、30日に発表 紀宮さまと黒田さん
 天皇家の長女紀宮さま(35)と東京都職員黒田慶樹さん(39)の婚約内定について、宮内庁の湯浅利夫長官が30日午前、正式に発表する。紀宮さまと黒田さんは午後に2人そろって記者会見する。
 天皇家の女性皇族が結婚するのは、昭和天皇の五女、島津貴子さんの1960年以来となる。紀宮さまは、結婚後は皇室典範の規定により皇族の身分を離れる。
 天皇陛下は30日、紀宮さまの結婚を認める「裁可」をされ、宮内庁が一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」や結婚の日取りを正式に伝える「告期(こっき)の儀」など結婚までの準備を本格的に始める。
 黒田さんは午前中に天皇家の使者の迎えを受けて皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下にあいさつ。紀宮さまと2人で昼食をとり、会見に臨む。
(共同通信) - 12月29日17時22分更新
まさに今、テレビで湯浅長官が両陛下のコメントを代読するところをテレビで見た。
今朝のテレビのニュースでは、記者会見のために自宅を出発する黒田さんの様子を流していたが、おそらくテレビを見ていた日本国民が叫んだ言葉はただひとつ。

「黒田さん! 寝グセ! 寝グセ!」
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-30 10:39 | 政治・社会

MAD LOVE (LINDA RONSTADT)

b0002910_7321662.jpgVarious Review vol. 50
「激愛」 リンダ・ロンシュタット
"MAD LOVE" LINDA RONSTADT

1980年発表作品
ASYLUM
女は少し芯が強くて、おてんばなぐらいがちょうどいい。
パープル・シャドウズの「小さなスナック」に登場するような、何を訊いても恥ずかしそうにうつむいてばかりいる女(いまどきそんな女いないだろうが)じゃ、付き合っていても面白くない。
飲み屋のカウンターで、お互いクサし合いながら頭ペシペシ叩きあったりできるような女。
人ごみに出くわしても、「ほら、こっち!」と男の腕をつかんでズイズイ引っ張っていけるような女。
リンダ・ロンシュタットは、たぶんそんなオレの好きなタイプに違いない。
実際はまったく違うのかもしれないが、確かめる術はない。
非行に走ってしまった(?)ジョーン・ジェット、エアプレイン~スターシップまで、ジェファーソンの歴史を(ごく一時期をのぞいて)ずっと支え続けたグレース・スリック、ハードな女を演じつつ、合間で聴かせる切ない歌心が美しいパット・ベネター、リンダの正当な後継者になる可能性が一番高かったパティ・スマイス(元スキャンダル)・・・。
聴く者に「元気」を分け与える、そんな女性シンガーがオレは好きだ。
思えば恋人時代の妻もそうだったし、それ以外にも付き合って上手くいったのはそんな女たちだった。
「強い女」というと、すぐ「がさつ」「無作法」な方へ展開する未熟なやからが多いのだが、それはチト違うのだよ・・・。

本作はニュー・ウェイブ全盛期の'80年に発表された彼女の9作目(ベスト・アルバム含む)。
前作"LIVING IN THE U.S.A."あたりから、従来のカントリー・フレイヴァーが薄れ、ポップなロック・ナンバーをその作風の中軸に据えるようになったリンダの大ヒット作だ。
「リンダ・ロンシュタット、『激愛』、『激愛』!!」と連呼する深夜ラジオのCMが記憶に残る。
シングル・カットされた"How Do I Make You"、タイトル・ソング"Mad Love"のほか、エルビス・コステロのナンバーを3曲、ホリーズ"I Can't Let Go"、オールディーズ・ナンバー"Hurt So Bad"ニール・ヤング"Look Out For My Love"など、センシブルなカヴァー曲群がいい味を出している。
彼女の歌い方も、"SIMPLE DREAMS"あたりと聴き比べてみるとよりロックっぽい歌い回しを多用していて新鮮。
ひとり暮らし時代に目覚まし代わりにいちばんかけたレコードだ。

チャック・ベリーの映画"HAIL! HAIL! ROCK'N'ROLL"('88年)にも彼女は登場する。
キース・リチャーズロバート・クレイスティーブ・ジョーダンら、豪華なバック・アップメンバーを従えて行われたベリーの還暦記念コンサートのゲスト・シンガーとして、エリック・クラプトンジュリアン・レノンらとともに招かれたのだ。
この時のリンダは本当に可愛かった。
決して洗練された美しさをウリにしている女性ではないと思う。
この時の彼女も、なんとも言えぬイモっぽさに満ちていた。
ボブ・カットの真っ黒な髪に真っ赤な口紅、年月を重ねて体型にも貫禄が出てきたせいか、首が詰まって見え、スカートもパッツンパッツン。
しかし、ベリーの名曲"Back In The U.S.A."を熱唱し、弾けるような笑顔で観客の声援に応える彼女は最高にキュートで、ベリーの「いい娘じゃないか!」という賞賛の叫びに思わずうなずいたのであった。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-30 08:48 | ひろぽん's Music Station

くりいむしちゅー

上田晋也が小宮の悦ちゃんと一緒にニュース番組に出てる。
なぜかコイツにはホンジャマカの恵と同じ香りを感じる。
相棒がひたすらお笑いに徹しているのに、自分はひと味違うとでも言いたげなスノビッシュな態度もなにか共通しているような気がする。

お笑いはお笑いに徹せよ!
別にお笑いを蔑んで言っているわけじゃない。
本来の天分をもっと究めよ、という意味だ。
漫才師をはじめとするお笑い芸人を、政治の場に送り出したりする国民性にも強い違和感を感じるが、本来傾き者(かぶきもの)であるべきお笑い芸人が、ニュース番組でしたり顔のコメントなぞ出すべきではない。
インタビューで答えたりするのはまだしも、ニュースキャスターなんてやっちゃイカンぞ。
芸に殉ぜよ。
元々は「海砂利水魚」なわけだし・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-29 23:31 | 芸能・マスコミ

初雪や・・・

b0002910_1340584.jpg
写真は我が家の「箱庭」。
あれよあれよという間に積もってきた。
この冬の初雪は思わぬ時期に、思わぬ量で。
東京地方のただいまの気温4℃。

暖冬じゃなかったの?
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-29 13:41 | 自分自身

ジェッツ!ウゥゥウーゥゥウーゥゥ!

NFLは、全米がクリスマスムードに染まる中第16週を消化。
AFCは東西南北すべての地区で優勝チームが決定。
NFCも西地区を除いて地区優勝チームが決定し、プレーオフの切符はAFC、NFC合わせて残り4枚!
ここは個人的にNYジェッツに踏ん張ってもらいたい。

ジェッツは現在AFC東地区で、優勝を決めたペイトリオッツについで10勝5敗の2位につけている。
2000年のアル・グローを経て、'01年からハーマン・エドワーズがヘッドコーチに就任。
守備を専門とするエドワーズ率いるジェッツは同年にプレーオフ進出を果たすと、'02年にもQBチャド・ペニントンの急成長もあり、2年連続でプレーオフ進出を成し遂げた。
しかし、昨シーズンはペニントンの負傷が最後まで影響し不本意なシーズンとなった。

そもそも、ジェッツが本当の意味で脚光を浴びたのは'68年シーズンの第3回スーパーボウル(だけ)。
「ブロードウェイ・ジョー」と呼ばれた、スーパースターQBジョー・ネイマスの活躍で見事にAFL(当時はNFLとAFLは別組織だった。後に合併)に初の栄冠をもたらした。
当時、コルツ絶対有利を伝えるメディアに対して、ネイマスが語った「日曜日は私たちが勝つだろう。私が保証する。」("We gonna win Sunday, I guarantee it.")はあまりにも有名なフレーズ。
なぜ、ジェッツにこんなに期待するかというと、ペニントンがレギュラーQBとして定着してから目に見えて強いチームになったから。

b0002910_9181763.gifそして、'98年から復活したヘルメットのオリジナル・ロゴが大好きだから。
ボールを模ったグリーンの地にクラシカルな書体の"JETS"の文字。
このロゴが来年2月のスーパーボウルのフィールドで舞うことを期待している。
ちなみに現在の各地区の順位は以下のとおり。


順位(第16週終了時)
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-29 09:43 | スポーツ

スマトラ沖大地震2

最終営業日もつつがなく終了。
今年はもう、仕事のことは考えなくていい。
会社の同僚、取引先に心の中で感謝を述べつつ、発泡酒でひとり乾杯。
しかし、心穏やかな年末とはいかなかった。


ロイター通信は28日、各国政府などのまとめとして地震と津波による死者が約5万1,000人に達したと伝えた。
'83年のインドネシア・クラカトア火山噴火による津波の犠牲者3万6,000人を上回り、津波災害としては、史上最悪の規模になるとみられる。

年末年始を暖かいリゾート地で過ごそうという人は多いだろう。
寒い日本でありきたりの年末年始を過ごすより、南国の楽園でひと味ちがった新年を迎えようというわけで、経済的にある程度余裕のある人なら憧れる人も多かろう。
まさか、その憩いの地でこんな災害に見舞われるとは・・・。
不運のひとことでは片付けられんなぁ・・・。

今年は、自然災害のニュースをやたらたくさん見たような気がする。
国内の台風被害、新潟中越地震・・・、そのたびにその場に自分や自分の家族が居合わせなかったことを、幸運とも、また奇跡だとも思う。
今回のスマトラ沖地震と、それに伴う津波の被害者数は、津波災害としては史上最悪のものとなった。
5万人といえば、ドームクラスの球場が満員になった状態だ。
その人数がいっぺんに命を失う災害というものが、どうしても想像できない。
暖かい地上の楽園が一瞬にして地獄絵図となる様が、テレビを通して観る映像からどうしても実感できない。

今日の予報では、東京は最高気温5度。
明け方の雨が雪に変わった。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-29 08:58 | 政治・社会

あと一日!

なんというか・・・、正月そのものよりも、この師走の雰囲気の方が楽しかったりする。
明日28日はわが社の仕事納め。
クライアントも年末年始に向けて動き出しており、もうすでに正月モード。
もういくつ寝るとお正月・・・、だ。

しめ飾りも買ったし、窓も拭いた。
年賀状も出し終わったし。
あとは正月の買出しだけ。
妻は銀行勤め(パートだけど)なので30日まで仕事。
娘は冬休みで、毎日ドラクエ三昧。

あと5回寝たら年が変わるんだ・・・。
ホント、一年て早いなあ・・・。
もう正月にもあんまり感慨はない。
新年恒例のお笑い番組見てひたすら呑んで過ごすのと、妻の実家へ挨拶に行くぐらいしか予定はない・・・。

正月だからどうしたって言うんだ・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-27 23:32 | 自分自身

誠心会館


青柳浣腸

b0002910_528373.jpg
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-27 05:29 | ネタ


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧