<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

レッドスネーク、カモン!ショパン猪狩死去

ショパン猪狩さんが死去…「東京コミックショウ」などで活躍

 「レッドスネーク、カモン!」と呼び掛けるヘビの芸で人気を集めた東京コミックショウのショパン猪狩さん=本名・猪狩誠二郎(いがり・せいじろう)が今月13日午前0時17分、心不全のため東京都目黒区の病院で死去していたことが25日、分かった。76歳だった。葬儀・告別式は近親者で済ませた。
 猪狩さんは夫人の千恵子さんと昭和32年に東京コミックショウを結成。ターバンを巻いた猪狩さんが吹く笛の音に合わせて、夫人が操る3匹のヘビがコミカルに演技するショーで人気だった。
(サンケイスポーツ) - 11月26日8時2分更新


b0002910_1685643.jpg「レッドスネーク、カモン! ♪ピーヒャララ~」
「おまえはジェントルマン。 シャット・ザ・ドア! ♪ピーヒャララ~・・・」
我々の世代にとっては忘れることの出来ない昭和の芸人がまたひとり世を去った。
ショパン猪狩
故早野凡平ら多くのヴォードビリアンを育てたと言われるパン猪狩(この人についてはよく知らない)の実弟。
「東京コミックショウ」と名づけられたその芸は、怪しげな中近東風の衣装に身を包んだショパンが笛の音でヘビを操る、という摩訶不思議な出し物。
オレが子供の頃はしょっちゅうブラウン管に登場し、毎度1つも変化のないネタを、いつもいつも繰り返し繰り返し演じていた。
笛は、本物のヘビ使いが奏でるような立派なものではなく、小学生が使うようなリコーダー。
ネタの最後に、両方の手でヘビを演じた千重子夫人が台の下から登場して終わり。
偉大なる定番芸。
究極のワン・パターン。
仮に今から世に出したとしたらおそらくは受け容れられなかったであろうその芸は、しかし、彼がただひたすらに実直に演じ続けてきたおかげで、ずっと廃れることはなかった。

合掌。
ただひたすら合掌。
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-26 16:27 | Trackback(3) | Comments(2)

化粧水は・・・、当然よネw

メトロセクシャルなんて言葉を知ったのはついこの間のこと。
妻もそんな言葉は知らなかった。
でも、「顔はそんなにゴシゴシ洗っちゃダメだよ。ちゃんと潤いを残さないと・・・」とか、そんなことをよく言っていた。

少し前まで、ファッションスキンケアなんて興味のカケラもなかった。
「男たるもの、髪の毛や顔をペタペタいじくっていてどうする!男は仕事で評価されるべし!」とか、真剣に言っていた。
でも、会社のパートのオバチャンの何気ないひと言。
「オトコはねえ・・・、40過ぎたらとたんに汚くなるわよ・・・」
これがいつまでも引っかかっていた。
去年あたりから着るモノをちゃんと選ぶようにした。
Shipsの服は決してお手頃ではないが、このぐらいは、と思って買った。
Shipsばっかりじゃ破産しちゃうから、ボナ・ジョルナータあたりを適度に混ぜたりなんかしてます。
今日、自分専用の洗顔フォームと化粧水、買って来ちゃいました。
オヤジのカミングアウトw

b0002910_22555919.jpg
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-21 22:56 | Trackback | Comments(4)

ゲイリー・グリッター、タイーホ!

英ロック歌手G・グリッター氏、児童虐待容疑でベトナムで拘束
 [ハノイ 20日 ロイター] 英ロック歌手、ゲイリー・グリッター氏(61)が児童に対する性的虐待の容疑でベトナム警察に拘束された。地元紙のTuoi Tre (Youth)が20日、伝えた。
 同紙は、19日午前にホーチミンのタン・ソン・ニャット国際空港でバンコク行きの飛行機に搭乗しようとしているグリッター氏を拘束したとの入国管理当局の警察の説明を掲載。警察はその後、グリッター氏をベトナム南部のリゾート地、ブンタウに連行したと伝えた。
 地元メディアは、グリッター氏が当地で15歳以下の女児を数人連れ帰ったと報じている。
 ベトナムでは16歳未満の未成年者と性行為を持った場合、最高で12年の禁固刑となる可能性がある。
 同氏は1999年、パソコンのハードドライブに4000以上の児童ポルノ映像を保存していたとして、英国で4カ月の禁固刑を言い渡された。
(ロイター) - 11月20日15時45分更新
b0002910_1820564.jpgチャック・ベリーもロリコンだっけ?そういやピート・タウンゼンドも自分でペドだってカミングアウトしてたっけ・・・。
まったく、私は結構怒っているのですよ!
なにがって、ロリコン親父どもにです。
個人的にはハードディスクにエロ画像やビデオファイルがいくつ入っていようが、そんなこたあ個人の自由。
誰にも迷惑かけずに楽しんでりゃイイんですが、なんでホンモノ買っちゃうかなあ・・・。
あ、記事には「買った」とは書いてないか。
いずれにしても少女数人を「お持ち帰り」したってことなのね。
とにかく、将来ある未成年を性の道具にしてはいけません!!
私も娘を持つ身、本当に憤っているのですよ。
Hがしたいなら、30代後半ぐらいの人妻にしなさいっ!!
(なんのこっちゃ)

現在のグリッター
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-20 18:15 | Trackback | Comments(6)

"Lie, Cheat and Steal!" エディ・ゲレロよ永遠なれ!

b0002910_1654513.jpg先週今週は忙しかった・・・。
12月アタマに迫ってきた大仕事の資料作りで、連日残業の嵐。
もとより体力も気力も他人様の1/3ぐらいしかない上に、日頃首から下で仕事してる人間が、たまに目いっぱいアタマを使ったせいかもうグッタリ・・・。
おかげで今週はまったく記事を書く気力が湧かず、サーヤの華燭の典も、エディの早すぎる死もスルーしてしまった。

もう速報性は何もないが、ひとしきりニュースも出切ったようなので遅ればせながらエディ・ゲレロの死を悼んで一文したためます。

ゲレロ4兄弟の中で、最終的に最も大きな成功を手にしたのは間違いなく4男のエディであっただろう。

彼には3人の兄がいた。
「カリフォルニアの太陽」と呼ばれた長兄のチャボ・ゲレロは、オレが小学生の時代から世界を股にかけるスーパースターで、'70年代には、今はプロレス不毛の地となってしまったロサンゼルス地区をミル・マスカラスらとともに盛り上げたビッグネーム。
マンドヘクターの2人の弟と「ゲレロ3兄弟」としてメキシコとアメリカ南部、西海岸を中心に活躍し、日本でも、新日本では藤波辰巳、全日本では大仁田厚と抗争を繰り広げた。
少し時間が経ってから「3兄弟」「4兄弟」になった。
3人の兄達にレスリングの手ほどきを受けたエディ・ゲレロは、兄達が大ベテランの域に達した'87年デビュー。
'92年4月、当時はまだ若々しかった4男坊は新日本プロレスのリングに初登場。
エディの写真をはじめて目にしたのは、初来日直前の「週刊プロレス」の煽り記事だったように記憶している。
長く伸ばした後ろ髪、さわやかな笑顔と口ひげ。
3人の兄達と比べても結構イケメンの部類に属する顔だったが、その分威圧感や強さを感じさせる顔ではなかった。
しかし、この初来日時の働きぶりが新日本に高く評価されたのであろう、彼はその後も参戦を続け、そして'93年9月からあの2代目ブラック・タイガーの「中身」に抜擢されるのである。

More
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-20 18:12 | Trackback | Comments(2)

娘骨折

本ブログにも何度も登場しているウチの娘が、今日右手の小指を骨折してきた。
なんでも、バレーボールの朝練でボールを受け損なって、ワンバウンドしたボールがヘンな方向に当たってしまったとのこと。
指がかなり腫れたので、学校の先生が病院に連れて行ってくれたのだが、診断は剥離骨折。
今週末に予定されていたオーケストラの発表会も、来週水曜日のバレーボール大会も全部オジャンになった。
相当悔しかったのだろう、娘はベッドの中でずっと泣いていた。
悔しいだろう。
早起きが何より苦手なのに、毎日頑張って起きてバレーの朝練に行って、フルートもまだまだ下手だけど一生懸命練習してきたのに。
仕方がない。
怪我しようと思ってやったわけじゃない。
多分生まれてはじめての屈辱感だろう。

その娘を連れてグラチャンバレーを観に行っていた妻も、オレが帰ってくると半べそをかいている。
「赤西クン(カトゥーン)が来なかったのよー(T_T)!」
知るか。
付き合ってられん。
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-17 00:07 | Trackback | Comments(8)

PETE YORK'S SUPER DRUMMING Vol.2 (Various Artists)

b0002910_1742142.jpgVarious Review vol. 65
「スーパー・ドラミング Vol.2」
"PETE YORK'S SUPER DRUMMING Vol.2" Various Artists

INAKUSTIK, ジェネオン・エンタテインメント
この週末は家で仕事をしようかと目論んでいたが、もっと先になるだろうと思っていた品物が、幸か不幸か土曜日の朝に届いてしまった.。
おかげで週末はこれを観てばっかり・・・w

前号でご紹介したTVシリーズからの名演集の続編。
前作に引き続き、ピート・ヨークがホストとして豪華ゲストを迎え、バラエティ溢れる名手達のプレイを余すところなく聴かせてくれる。
収録は'89年、前作と同じくドイツの元教会跡地、元鉄工所跡地を舞台に収録された。
このVol.2の出演者は、スティーヴ・フェローンハーマン・ラレベルエド・シグペンイアン・ペイスマーク・ブルゼズィキトリロク・グルトゥジョン・ハイズマンフレディ・サンチアゴ(perc)、グレン・ヴェレズ、さらにタップダンスのザ・クラークブラザースという、Vol.1に勝るとも劣らぬ超豪華メンバー。
ホストのヨークも、Vol.1よりさらに前へ前へと出る芸風で、壮絶なドラム・バトルが繰り広げられる。
豪華ゲストをバックアップする"スーパー・ドラミング・バンド"のメンバーはVol.1のSpecial1のほとんどを弾いたブライアン・オーガー(key)、大御所ジョン・ロード(key)ミラー・アンダースン(g)コリン・ホジキンソン(b)リック・ケラー(sax)フランク・ニムズゲルン(g)バーバラ・トンプソン(sax)といった強者ぞろい。
オレならずともドラムファンなら絶対観たいはず!

ではさっそく観てみましょう
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-13 19:42 | Music Man's music | Trackback | Comments(0)

本田美奈子さん死去

本田美奈子さん死去 ミュージカルで活躍
 「1986年のマリリン」などのヒット曲で知られ、ミュージカル女優としても活躍した歌手の本田美奈子(ほんだ・みなこ、本名工藤美奈子=くどう・みなこ)さんが6日午前4時38分、急性骨髄性白血病のため東京都内の病院で死去した。38歳。東京都出身。葬儀・告別式は9日午前10時から埼玉県朝霞市溝沼1259ノ1、朝霞市斎場で。葬儀委員長は高杉敬二BMIエグゼクティブプロデューサー。喪主は母美枝子(みえこ)さん。
 1985年に「殺意のバカンス」でデビューし、「One way Generation」「孤独なハリケーン」など実力派歌手として数々のヒット曲を出した。92年にミュージカル「ミス・サイゴン」の主役の座を射止め、以後、数々のミュージカルに出演し高い評価を得た。
(Yahoo!ニュース 共同通信 11月6日13時43分更新)

b0002910_17241484.jpg復帰の夢は叶わなかった。
'80年代、本田美奈子さんの全盛期にテレビで彼女を観るたび、なんて愛らしい人なんだろうと正直見惚れたものだった。
今だから言うがレコードも持っていた。
可愛い女性だと思ったのは事実だが、あの細い体から繰り出すパンチのある歌声が大好きだったのだ。
「3食昼寝つきの主婦になりたい」なんてコメントも、彼女の口から聞くとなんだか苦笑いするしかなかった。
Minako with Wild Catsは、正直彼女には合わない企画だと思ったが、それでもそれなりにカッコよくキマッていて、「ああ、やっぱり見た目がイイと何やってもサマになるもんだなぁ・・・」なんて思ったりもした。
38歳って、オレと同年代じゃないか・・・。
悲しい・・・。
合掌。
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-06 17:30 | Trackback(5) | Comments(11)

PETE YORK'S SUPER DRUMMING Vol.1 (Various Artists)

b0002910_1111945.jpgVarious Review vol. 64
「スーパー・ドラミング」
"PETE YORK'S SUPER DRUMMING Vol.1" Various Artists

INAKUSTIK, ジェネオン・エンタテインメント
1987年に始まったドイツのTVシリーズからの名演集。
一昨年アマゾンでこのDVDを見つけるまで、そんな番組があったことも、こんなすごい顔ぶれが出演していたことも不覚にも知らなかった。
スティーヴ・ウィンウッドも在籍したことで有名なスペンサー・ディビス・グループでドラムをプレイしていたピート・ヨークが、ホストとして番組をプロデュースすると同時にバンドの一員として豪華ゲストドラマーたちと競演。
'87年、'88年にドイツの元教会跡地、元鉄工所跡地を舞台に収録された。
このほかにVol.2もあり、いずれも一流のドラマーが多数集まってエキサイティングなプレイを見せてくれる。

このVol.1ではSpecial1、Special2に分けて収録してあり、出演ドラマーはSpecial1がコージー・パウエルニッピーノヤ(perc)イアン・ペイスジェリー・ブラウンルイ・ベルソンサイモン・フィリップス、Special2がザック・スターキービリー・コブハム、ニッピー・ノヤ、ビル・ブラフォードニコ・マクブレイン(アイアン・メイデン)フレディ・サンチアゴ(perc)
ハード・ロックの大御所、HM界トップ・グループの屋台骨を支える男、ジャズ、フュージョン、ロックと幅広いジャンルで活躍する売れっ子セッション・マン・・・。
立場は違えど腕っこきのベテラン達が繰り広げる壮絶なドラム・バトルは本当にエキサイティングにして、オレのような(元)ドラマーにとってはヨダレもの。
迎えるバンドのメンバーは、ピーター・ウールプル(g)ヴォルフガング・シュミット(b)をはじめとするドイツのベテラン・プレイヤーの面々。

b0002910_136588.jpgSpecial2ではジョン・ロード(key)も参加して、相変わらず達者なところを見せて(聴かせて)くれる。


ではさっそく観てみましょう
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-06 13:28 | Music Man's music | Trackback | Comments(6)

めっきり寒くなりました・・・

1年の総決算だったはずの日本シリーズは、我がタイガースが、ボビー・バレンタイン率いる千葉ロッテマリーンズ31年ぶりの日本一に4タテで華を添える、という壮絶な幕切れ。
あまりの脱力にしばらくなにもする気が起きず、ブログの方も放置状態であった。

めっきり寒くなりました。
朝晩はヒーターをつけているし、朝布団から出るのが辛くなってきた。
にもかかわらず、来週から今までより少し早く起きなければならない。
通勤ルートが強制的に変更されたからだ。

他事業部の不振が響いて全社的にコストの見直しを迫られ、通勤定期代は最短ルートの利用しか認められなくなったのだ。
駅数で言うと、従前の通勤ルートより5駅分多くなるのだ。
時間にすればものの10分ぐらいなのだろうが、何分までの電車に滑り込めばセーフになるのかは、しばらく新しいコースで通ってみないと分からない。
しばらくは心落ち着かない日々が続く。

もうひとつ。
住宅手当も廃止される方向です。
月あたり3万円の減収です。
一体我が家はどうなるのでしょう・・・。
お小遣いはどうなるのでしょう・・・。

めっきり寒くなりました・・・。

b0002910_10141182.jpg

写真:在りし日のクラッシャー・リソワスキーの勇姿
オレがプロレス見始めた頃にはもう日プロはなくなっていて、馬場は全日本でブッチャーをライバルに死闘を展開していた。
だからこの人の暴れっぷりはじかに観たことはない。
合掌。
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-11-03 10:22 | Trackback | Comments(7)


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 16:57
あけましておめでとうござ..
by nowhere1967 at 23:13
コックニー部分が字幕にな..
by ETCマンツーマン英会話 at 15:04
>haruhicoさま ..
by FHIROSE2 at 00:28
ようやくセンターを解き終..
by haruhico at 11:12
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:03
>海治郎さま 子供の頃..
by FHIROSE2 at 22:57
名横綱・大鵬、巨星落つ・..
by rollingwest at 20:44
昭和がドンドン駆け足で去..
by bono2yassan at 14:49
>海治郎さま 道はもう..
by FHIROSE2 at 19:00

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
みやさかてつをの「さよな...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧