<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キン●マさんは●ンコ番

金正日の新妻・金玉さんは元「喜び組」の金庫番
宮沢りえ似、軍にもニラミ…「世継ぎ争い」衝撃


北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(64)が4番目の新妻をめとったことが明らかになったが、美人と評判のファーストレディーは元「喜び組」だった可能性のあることが判明した。
長年、金総書記の金庫番を務め、軍にもにらみを利かす存在とされる。ミサイルを乱射している間に、“ゴシップ”も打ち上げた将軍さま。2人の間に子供が誕生すれば、後継者レースに大きな衝撃を与える恐れも出てくる。何かとお騒がせな国なのだ。

聯合ニュースなどによると、第4夫人とされるのは金玉(キム・オク)さん(42)。1964年生まれで、平壌音楽舞踊大学でピアノを専攻。80年代初めから金総書記の秘書を務めていたとされる。
金総書記が「同志」として溺愛(できあい)し、一昨年夏に亡くなった第3夫人、高英姫(コ・ヨンヒ)夫人も公認の「愛人」で、夫人が死去した後に、金総書記の身の回りの世話をするようになった。
新妻を迎えた金総書記。だが以前から事実上の“夫婦”だった(AP)

金玉さんとみられる女性は、元「喜び組」の女性、申英姫さんの書いた『私は金正日の踊り子だった』(徳間文庫)に登場している。

《高英姫がいない時には金オクという三池淵組(喜び組のひとつ)の団員が金正日のそばに必ず座った。三池淵組は電子ピアノ一人とギター二人から成る器楽組だった。金オクは小柄で丸顔の可愛い顔立ちをしていた。金正日の好みのタイプはたいてい丸顔の美形だった》

将軍さまの料理人としられる藤本健二氏も、金玉さんの記憶は鮮明だ。

「金総書記の執務室には、高夫人と金玉さんの2人しか入れなかった。小柄で丸顔の可愛い顔立ちで、女優の宮沢りえををふっくらさせた感じの人だった」

高夫人が存命の時も、金玉さんは金総書記にピッタリだったが、決して2人が仲違いをすることはなかった。

将軍さまは美女好きで有名だが、高夫人は“美人系”、金玉さんは“かわいい系”というところか。

コリア・レポートの辺真一編集長は「年齢が年齢だけに夜の生活は分からないが、健康不安のある金総書記の体調管理や金庫番などを取り仕切り、絶大な力を持っているだろう」という。

金玉さんは秘書時代から金総書記の信頼が厚く、軍や産業の視察に常に同行している。
高夫人が「偉大なるオモニ(母親)」として朝鮮人民軍から絶大な信頼を得て、その力を背景に“君臨”していたことは周知の事実だが、

金玉さんもすでに軍に大きな影響力を持っている可能性は高い。
また、外国要人との接見にも同席。2000年10月に趙明禄(チョ・ミョンロク)国防委員会第1部委員長が金総書記の特使として訪米した際には「キム・ソンオク」という仮名で同行。当時のコーエン国防長官やオルブライト国務長官らとの会談に立ち会ったという。
今年1月に金総書記が極秘訪中した際には、事実上、夫人としての待遇を受け、胡錦濤(コ・キントウ)国家主席ともあいさつを交わしたといわれる。
金総書記はこれまで、公式には3人の夫人を迎え、3男1女がいる。
最初の妻とされる成蕙琳(ソン・ヘリム)さんとの間には長男の正男(ジョンナム)氏、2番目の妻の金英淑(キム・ヨンスク)さんとの間には娘の雪松(ソルソン)さん、3番目の高英姫さんとの間には二男の正哲(ジョンチョル)氏、三男の正雲(ジョンウン)氏が生まれている。

金総書記と金玉さんの間には子供は確認されていない。
年齢的な問題もあるだろうが、仮に男児が誕生した場合、正哲氏がリードしている後継者レースに大きな影響がでることは必至だ。

高夫人は亡くなる前、「将軍さまのことを頼みます」と金玉さんに託したとされるが、自分の子供ができれば話は別。血みどろの争いが勃発(ぼっぱつ)する恐れもある。

(夕刊フジ 2006/07/24)


あまりのうれしさに全文引用してしまった・・・。(笑

キンタマさん・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-07-25 12:02 | 政治・社会

ちょいと一服

b0002910_1722074.jpg月曜から金曜までの間に飲んだ酒。
これにこの土日で数本加わる予定。
今日もカクヤスにワイン10本頼みましたとさ。
最近寝る時はいつも酩酊している。
もしかしたらこの酒そのままトイレに流した方が早いのかもしれない。

b0002910_1741976.jpg内職とポイントサイトで稼いだお金で、ミニカー用のアクリルケースをオーダーしたよー。
箱ごと積んでたのをきちんと並べたら、結構見栄えのいいコレクションになった。
もうすぐアメリカのモールでオーダーした車が8台ほど届く予定。
入る金入る金ぜーんぶミニカーに注ぎ込み中(^^)


b0002910_1791338.jpg
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-07-15 17:12 | 自分自身

甲斐智枝美死去!

甲斐智枝美さん急死!80年代のアイドル43歳

 「スター誕生!」出身の元アイドルの甲斐智枝美(本名・長谷部智枝美)さんが10日に死去していたことが11日、分かった。43歳だった。甲斐さんは80年にデビューし、歌手、女優として活躍。90年にミュージシャンの長谷部徹さん(43)と結婚後に引退、千葉・習志野市で生花店を営んでいた。この日夜、自宅のある同市内で通夜が営まれ、夫の長谷部さんは本紙の取材に「ファンの方にご報告をしなくちゃいけないけど、そっとしておいてほしいです」と肩を落としていた。
(スポーツ報知 7月12日 15時22分更新)
>全文


よそじんともなると、同世代の人で鬼籍に入る人がちらほら出てくるものである。
(実は小学校時代の同学年が2人あの世へ旅立っている。)

甲斐智枝美さんは妻と同い年だ。
歌は決して上手くなかったが、「アイドル」という呼び名で語られる人としては、まさに王道を行く人だったと思う。
ホリプロはほんと、アイドルの王道を極めていたなあ・・・。

合掌。

b0002910_2319118.jpg
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-07-12 23:19 | 訃報

カネはない!

妻に連れられて渋谷に買い物に行ってきた。
会社に履いて行く夏用のパンツ2本、手持ちのカジュアルな服がみんなくたびれてしまったのでカットソー2枚、その他数枚。
なぜ、いちいち妻に連れられて行くかと言えば、お財布が彼女だからだ。
クレジットカードは持っているが、承認がないと使えない。
というのはウソだが、やはりちゃんとお目付け役がいないとついつい買いすぎちゃうし・・・。
40になってもまるで子供みたいである。

しかし、どうしてこうもカネがないのだろう・・・。
この夏のボーナスは手取りで120万少々。
(ウチは夏が業績評価、冬は固定で2.5ヶ月)
いつもなら日頃の家計の不足分を埋めて、娘の授業料をキープして、多少は小遣いももらえるのだが、今回は娘の中学進学費用を確保したため小遣いは出ず、しかも赤字を持ち越した。
衣食住ともたいして贅沢なことはしてはいないのに、とにかくカネに羽が生えているようだ。
小遣いの足しにと思ってこっそり内職を始めたものの、2ヶ月に1度の仕事ではたかが知れている。
ポイントサイトのキャッシュバックを狙って、使わないクレジットカードやキャッシングカードを(年会費無料のものだけ狙って(笑))次々作っている。
クレディセゾン、オンライン申し込みで審査落ちた。
しかも2回連続で。

なんで?(笑

↓オレがメインで使っているカードはこれ
b0002910_4255236.jpg

「手持ちがなくてどうしてもという時はこれを使いよれ」と妻に与えられたのがこれだ。

こんなん、女の子の前で「じゃ、ここはオレが・・・」とか言って颯爽と出せるかっつーの!
あ、それが狙いか・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-07-09 04:30 | 自分自身

ただいまハマリ中

b0002910_22564373.jpg不覚にも、こんな素晴らしい歌い手がいることをつい最近まで知らなかった。
ON THE ROCKS!(EGO-WRAPPIN')

b0002910_22573217.jpg

b0002910_22575116.jpg

b0002910_2258668.jpg

b0002910_225822100.jpg
今、こればっかり聴いてます。
通っている鍼灸院のラジオ(ここはいつもJ-WAVEを流している)で耳にして知った。
メロディ・ラインも、歌詞のちりばめ方もすんごいなあ・・・。
もう、音楽これだけでいいってぐらいの感じでのめり込んじゃってます。
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-07-07 23:03 | ひろぽん's Music Station

橋龍死去

橋本元首相が死去、68歳=省庁再編・沖縄問題に尽力
 中央省庁再編や沖縄の基地負担軽減などに取り組んだ橋本龍太郎(はしもと・りゅうたろう)元首相が1日午後2時、多臓器不全などのため東京都内の病院で死去した。68歳だった。東京都出身。自宅は東京都港区南麻布3の5の49の603。告別式の日取りなどは公表せず、近親者のみで執り行う。
(Yahoo!ニュース 時事通信 - 7月1日17時0分)
>全文

b0002910_18485457.jpg「竹下派七奉行」のひとりで、日本のトップにまで上り詰めたハシリュウこと橋本龍太郎元首相が死去した。
小渕恵三元首相梶山静六元通産相に続いて七奉行からまたひとり天に召されることとなった。
96年1月、自社さ連立政権の村山富市首相に禅譲される形で第82代首相に就任。
行財政改革の口火を切った首相として評価されており、クリントン米政権との間では普天間飛行場の返還、ロシアのエリツィン大統領とは「クラスノヤルスク合意」を結ぶなど、外交面でも大きな成果を残したと言われている。
おそらく最も有名な表情は、自ら幹事長として陣頭指揮を執った宇野宗佑政権での参院選敗退で見せた「チッキショー・・・」といううめきだろう。
小梅太夫の「チッキショー!」とは違う、本当のうめきだった。
このうめきによって、ハシリュウの国民的人気が一気に上がったと解釈する人もいたようだが、正直言ってオレ自身はあまり好きになれないタイプだった。
テレビなどで発言するときも、なにやらいつも薄ら笑いを浮かべてイヤミたっぷりなしゃべり方だし、なんとなく他人を見下したようなところが感じられたからだ。
「怒る、威張る、拗ねる」と揶揄されたその性格から、実力はあってもあまり人望はなかったという話もある。
「ポマード首相」などと揶揄されていたが、実は水性のジェルだったのだそうだ。

合掌。
[PR]
by FHIROSE2 | 2006-07-01 18:49 | 訃報


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧