<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

エゴグラム

先週の金曜日は会議(というか研修だった)。
エゴグラムなる手法を使って会社全体を診断するという試みだ。

エゴグラム (Egogram) は、精神科医ジョン・M・デュセイが開発した性格分析法である。アメリカの精神科医エリック・バーンが1950年代に開発した交流分析から発展させたものであり、弟子のジョン・M・デュセイが交流分析を基礎理論とし、他の心理療法、理論を組み込み1960年代に完成した。医療機関においても精神疾患の患者を分析するための方法の一つとして用いられている。(Wikipediaより転載)

今回の研修では、前段階として各個人のエゴグラムテストを行っているのだが、各人の結果は知らされておらず、あくまでも会社全体で均した数字しか見られなかった。
なんだか興味をそそられたので、あらためて自分ひとりでテストをやってみることにした。
エゴグラムでは、50の質問に「はい」「いいえ」「どちらともいえない」のいずれかで回答し、その結果を元にその人の性格を以下の5つの要素から診断する。

CP=critical parent(批判的な親の心)
良い面:理想・良心・正義感・責任感・権威・道徳的など
悪い面:非難・叱責・強制・権力・干渉・排他的・攻撃的など
この部分が強いと良く出る言葉や態度:「馬鹿」「ダメだなぁ」「当然じゃないか」「~すべきだ」他人を見下す・断定的
この部分が不足したとき:無責任になる・ルーズになる・人の言葉に左右される・ノーと言えなくなる・批判力がなくなる

NP=nurturl parent(養育的な親の心)
良い面:思いやり・慰め・共感・同情・保護・寛容・許しなど
悪い面:過保護・甘やかし・沈黙・おせっかいなど
この部分が強いと良く出る言葉や態度:「よかったわね」「よくできたわ」「まかせてね」「かわいそうに」世話をやきたがる・安心感を与える・優しく柔らかい態度
この部分が不足したとき:冷淡になる・おおむね拒絶的・他人のことはどうでもよいという態度・他人を野心の犠牲にしやすい

A=adult(大人の心)
良い面:知性・理性・現実志向・冷静・感情抑制など
悪い面:自己中心性・科学万能主義・物質万能主義・自然無視・人間のコンピュータ化など
この部分が強いと良く出る言葉や態度:「なぜ?」「比較検討すると」「私の意見では」「具体的にいうと」理詰めでくる・計算高い・言質を逃がさない
この部分が不足したとき:現実にうとい・ずさん・間抜け・状況判断が狂いやすい

FC=free child(自由な子供の心)
良い面:天真らんまん・自然随順・自由な感情表現・直感力・創造力など
悪い面:衝動的・わがまま・傍若無人・無責任・調子にのるなど
この部分が強いと良く出る言葉や態度:「ヤッター」「わぁスゴイ」「エーッ本当」はしゃぐことが多い・無邪気・まわりの迷惑を考えない
この部分が不足したとき:無気力・シラケ人間・能面人間・ネクラ・セックス下手・人生を楽しめない

AC=adapted child(順応した子供の心)
良い面:がまん・妥協・感情抑制・慎重・他人の期待に添う努力・いい子など
悪い面:主体性の欠如・消極的・自己束縛・敵意温存・依存的など
この部分が強いと良く出る言葉や態度:「どうせ私なんか」「よくわかりません」「外の人はどうですか」「そういたします」常にオドオドしている・人にさからえない・旗色を鮮明にしない
この部分が不足したとき:反抗的になる・独善的になる・頑迷になる・あまのじゃくになりやすい

そして、私めの診断結果は・・・
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-28 11:07 | 自分自身

音楽ネタ2題

You Tubeチャック・ウィルソンを発見。
「はい、久々の『ケチャック・ウィルソン』。」(by 巨泉)

b0002910_23531120.jpg
ウソ。
ビーチ・ボーイズアル・ジャーディン

b0002910_2354177.jpg
The Beach Boys "California Dreamin'"
オリジナル(ママズ&パパス)ももちろん大好きだけど、このビーチ・ボーイズ版が実は大のお気に入り。

もうひとつ。

b0002910_045550.jpg
DAVY JONES "DANCE, GYPSY" (デイビー・ジョーンズ 「魔法でダンス」)
モンキーズのデイビー・ジョーンズのソロ・シングル。
銀座ジュエリーマキのイメージソング。
湯川れい子作詞なのね。
¥400円で入手。

間口の広い音楽性が自慢です。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-26 00:15 | ひろぽん's Music Station

ビガロ死去

Bam Bam Bigelow passes away
Written: January 20, 2007WWE.com has learned that former WWE Superstar Scott "Bam Bam" Bigelow has passed away in Florida.

Kevin Doll, the Public Information Director for the Pasco County Sheriff's Office confirmed that Bigelow was found dead early Friday morning in his home in Hudson, Fla.

"We can confirm that Scott Bigelow was found in his home this morning. At this time the cause of death is unknown," Doll told WWE.com.

Doll also confirmed that the Pasco-Pinellas Counties medical examiner has taken the body and an autopsy will be performed.

Bigelow, 45, worked for WWE, ECW and WCW extensively throughout his 20-year sports-entertainment career. A former ECW Champion, ECW Television Champion and WCW Tag Team Champion, he is perhaps best known for his rivalry with Lawrence Taylor that culminated in the main event of WrestleMania XI in 1995.
b0002910_11872.jpgまたひとり、素敵なヤツが逝ってしまった。
クラッシャー・バンバン・ビガロ
WWEのリリースでは触れられていないが、日本のプロレスファンにとってビガロはWWEスーパースターズのひとりではなく、新日本プロレスの黄金期を支えたトップ・ガイジンレスラーだ。
92年、ビッグバン・べイダーとのタッグで馳浩&武藤敬司組を破り第18代IWGPタッグ王者にも輝いた。

とにかくプロレスの巧い男だった。
新日本ではあの北尾光司のデビュー戦、ソ連の「レッドブル軍団」サルマン・ハシミコフの最初の対戦相手などに駆り出された。
キャリアの浅い、まだ拙いプロレスしかできないレスラーの試合がなんとか鑑賞に堪えうるものになったのは、ビガロの技術とセンス、そして抜群のプロレスアタマがあってこそだった。
(WWF(現WWE)でも元NFLのローレンス・テイラーの相手を務めた)
WWFへの入団が決まった時には「週刊プロレス」のインタビューに答え、「オレは、これからもグーチ(坂口征二新日本プロレス社長=当時)ファミリーの一員だ」と話し、坂口征二もその貢献を認め、「いつでも帰って来い」という温かい言葉で送り出した。
ビッグバン・べイダーやスコット・ノートンのようなインパクトには及ばなかったかもしれない。
しかし、ビガロの実力はファンの間でも非常に高く評価されていたし、同時に(オレも含めて)多くのファンに愛されていた。
ご冥福をお祈りします。

R.I.P.
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-24 01:31 | 訃報

チャンネル争い命がけ

「どの番組を見るの?」で意見相違、祖母を殺害した男性 | Excite エキサイト

チャンネル争いも命がけである。
おばあちゃんはやっぱり相撲が観たかったんだろうか・・・。
孫はアニメだったのかな・・・。

観たい番組が観られないのは確かに悔しい。
子供のころ、「全員集合!」やアニメを観たいという要望は、ナイターを観たい父親にことごとく却下されていた。
しょうがないから、こっそり祖母の部屋で観せてもらったりね。
しかし、なんだな・・・。
おばあちゃんが81歳ってんだからこの孫も相当な歳だろう。
小さいころから可愛がってもらったってのに(あるいはそうじゃないかも知れないが)、なにもテレビで殺さなくても・・・。
殺していいのは最後にひとつ残ったシュウマイの時だけ!(ウソ)
やるせない気持ちにさせるニュースです。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-21 15:36 | ネタ

酒代は、以後レコードに

1ヶ月ぶりに診察に行って、見事に慢性膵炎のお墨付きをもらってきた。
別に絶望的な気分にはならない。
もうほとんど酒は飲んでいないし、このままアルコールと縁を切ってもさほど悲しいということもない。
浮いた酒代がレコードやミニカーに回せてありがたいぐらいだ。
「食事に気をつけて、酒にさえ手を出さなければこれ以上進行することはない」と主治医に言われる。
ただ、炎症反応はゼロであるものの、あれからほとんど飲んでいないにも関わらず膵臓のアミラーゼリパーゼの値が緩やかに上昇を続けているのが気になる。
食後のミニ・シュークリームをやめる決心をする。(ついでにコーヒーのかぶ飲みも)
正直、脂肪についてはアルコールほど気を配らなかった・・・。
もはや酒よりもこっちの方がツライかも・・・w
来週の月曜日は大阪出張、再来週の月曜日は東京でセミナーの講師、2月のアタマには1泊して人間ドック。なんだか気ぜわしい。

ビートルズのコレクションがまだまだ途上であるにも関わらず、先日買ったThe Whoに引き込まれてこちらもターゲットに入ってしまった。
CDは結構持っているものの、アナログは今までに例のU.K.限定コレクションの2枚組みしか手にしたことがなかったのだ。
と言うが早いか早速入手↓

b0002910_21344385.jpg
Meaty Beaty Big & Bouncy(U.K. TRACK RECORD)、Who's Next(U.S. DECCA)、Who's Last(MCA)
結局、今年もカードの引き落としと熾烈な追っかけっこを繰り広げることはもはやキマリ。
他にも欲しいブツは限りなくあるし・・・。
税引き所得があと100万円高ければなあ・・・、などと言ってみる。
さ、今月も内職しよっと。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-20 21:45 | 自分自身

LONG DISTANCE VOYAGER (THE MOODY BLUES)

b0002910_2451153.jpgVarious Review vol. 71
「ボイジャー(天海冥)」 ザ・ムーディー・ブルース
"LONG DISTANCE VOYAGER" THE MOODY BLUES

1981年作品
DECCA
いつも思うことだが、レビューを書くときにどのアルバムを選ぶかは本当に難しい。
いや、ただ気の向くままに好きなのを選べばいいのだろうが、それが難しいんである。


かつて「ベストヒットUSA」という番組があった。
今はBS朝日で「ベストヒットUSA 2007」として生まれ変わり、相変わらず小林克也氏の軽快なトークで視聴者を楽しませている・・・、らしい。
「らしい」としか言えないのは我が家は現在でもBS放送を視聴できる環境にないからだ。(オホホ、イヒヒ、アハハ!)

「ベストヒットUSA」は1981年にスタート。小林克也氏の"Bridgestone Sound Highway, Best Hit USA !"というイントロで、名盤レコードがめまぐるしく入れ替わるカットで始まるオープニングがイカしていた。
アメリカの最新ヒットチャートをにぎわす曲、注目の曲のPVをたっぷり楽しめる上に、時々とんでもない大物がゲストで呼ばれたりする(ロッド・スチュアートが出てきた時にはたまげたね)貴重な番組だった。
実際、自分がまだ一生懸命ロックを勉強(?笑)していた時代、この番組で初めて存在を知ったアーティストが実は誰でも知ってて当然の大物だったということを後から知ったりすることがよくあった。
この番組は、自分の生涯にとってテレビ神奈川の「ミュージック・トマト」と並んでなくてはならない存在だったのだ。
ムーディー・ブルースのこの作品も、当時見ていたこの番組の最初期に毎週採り上げられていた。
このアルバムの発表は番組がスタートした81年、つまり「ベストヒットUSA」草創期の常連さんということになる。(オープニング・ナンバーの"The Voice"がチャート・インしていたのだ)
同時に、自分自身が「洋楽」において「次の段階」に進む入り口に現れたグループということになる。
(ザ・フーやツェッペリン、クリーム、パープルやブラック・サバスとはもっと早くから出会っていたのだが、このグループを知ったのはずいぶんと遅かった)

ムーディー・ブルースといえば"DAYS OF FUTURE PASSED"(67年)に収録された"Forever Afternoon (Tuesday?)""Nights In White Satin"あたりが象徴するメランコリックなシンフォニック・ロック・ナンバーが代名詞だが、70年代中盤~後半の停滞期を経てシーンへのカムバックを実現するきっかけとなった本作では、シンフォニックな味付けも残しつつ、"The Voice"や同じくヒットした"Gemini Dream"など、ドライヴ感溢れるポップなナンバーを看板に新しい現代的なムーディー・ブルース・サウンドを提示することに成功している。
"Gemini Dream"以外ではあまりハードなアレンジはなく、名手ジャスティン・ヘイワード(Vo. G.)のアコースティック・ギターのカッティングと新加入のパトリック・モラーツ(元イエス)のキーボード、そしてお得意のコーラス・ワークで聴かせる。
デビューからずっとグループを支えてきたマイク・ピンダーに代わって加入したモラーツの、派手さはないが確かな職人芸もこのアルバムの完成度の高さの要因となったような気がする。
前述の2曲はもちろんだが、その間に挟まれる形になったT-2 "Talking Out Of Turn"のオーケストレーションはかつて"Nights~"で聴けたようなメランコリックなものではなく、大平原を思わせる明るくも壮大な旋律。
クイーンの"39"あたりに通じる牧歌的な広がりをもつコーラスが幻想的なT-4 "In My World"、中世的な旋律を使ったT-6 "22,000 Days"は個人的にフェヴァリット。
シングルのみならずアルバムも全米No.1獲得。
もし、自分が好きなアルバムを選ぶとしたら、どんな心境のときでも結構上位に来そうな1枚です。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-17 02:53 | ひろぽん's Music Station

レコードはいいな、いいな・・・

今聴いているレコード。

b0002910_1392348.jpg
The Who Collection
80年代にイギリス国内限定でリリースされたベスト盤。
ブックレットなどの付属品は一切なく、内ジャケットにダークな版画が印刷されているだけのシンプルなつくりだが、当時のデジタル・リマスターで聴くThe Whoはまた格別。
実はこれ、一度手に入れたことがあるんだけど、何を思ったか手放しちゃったんだよね。
持ってた当時は全然意識していなかったけど結構珍しいものらしい。
正直再会できるとは思わんかったよ(泣
"Won't Get Fooled Again"がCDとは全然違うミキシングで聴けるのがすごくエキサイティングだ。

音楽が最初からCDで聴くものだった今の若い人たち(これからの子達はネットから落とすものになるのかな?)はどうかわからないけど、オレと同世代の人で、CDの登場と同時にレコード始末しちゃった人ってのも結構いるんじゃないか、と言ってみる。
今思えば、あの時点でちゃんととっておけば結構すごいコレクションになったんじゃないかとマジ思う。
最近はビートルズの収集と並行して他のアルバムも買い漁ってます。
だから常にお金ありません。

b0002910_13343660.jpg
ちょと無節操に過ぎますが・・・(笑
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-14 13:36 | 自分自身

2ちゃんねる閉鎖!?

ユーザーショック…2ちゃんねる、再来週にも強制執行
 ネット界激震!! 賠償命令を無視し続けてきた日本最大の掲示板「2ちゃんねる」(2Ch)の管理人、西村博之氏(30)の全財産が仮差し押さえされることが12日、分かった。債権者が東京地裁に申し立てたもので、対象となるのは西村氏の銀行口座、軽自動車、パソコン、さらにネット上の住所にあたる2Chのドメイン「2ch.net」にまで及ぶ見込み。執行されれば掲示板の機能が一時停止するのは必至だ。

 12日午前、仮差し押さえを申し立てたのは、西村氏に対して約500万円の債権を持つ東京都の会社員の男性(35)。
 男性は2Ch上で自身や家族の実名、住所を晒され、「人間の屑」「ネットストーカー」などと誹謗中傷されたため、昨年8月、管理人の西村氏を相手取り、東京地裁に書き込み者の情報開示を求める申し立てをした。
 西村氏が出廷してこないまま同9月に開示を命じる仮処分が出たが、何ら対応が得られないため、間接強制で1日5万円ずつ制裁金を科すこととなった。それでも西村氏の法廷無視は続き、決定から100日を経て債権は500万円に膨れあがった。
 夕刊フジ既報の通り、西村氏は一切の賠償命令を意識的に無視し続けている。昨年11月の講演会では「子供の養育費の踏み倒しと同じ。賠償金を払わせる方法はこれ以上ない。イヤなら法律をつくればいい」と強弁した。
 強気の背景には、何ら差し押さえられるはずがないという自信があるとされる。西村氏には固定資産がなく、給与の流れも不明なので、一般的な差し押さえは無理。弁護士が銀行口座を探り当てるなどしてきたが、西村氏も海外に資産を移すなど対抗策を講じてしまい、どの債権者も手をこまねいているのが現状だ。関係者によれば「(西村氏は)時効成立まで逃げ切るつもり」だという。
 男性も西村氏が所有する軽自動車の標識番号や銀行口座など、差し押さえられるものを何とか突き止めた。申し立てに際して周囲から「返り血を浴びる」「またネットでたたかれる」とたしなめられたが、「年収は1億円」とさまざまな媒体で放言する西村氏を見て意を決した。
 「被害者はみな、高い弁護士費用をかけながら賠償金を取ることもできない。当の西村氏は悠然と賠償命令を無視して億単位を稼ぎ、『賠償金が取れない法律に問題がある』と開き直っている。だから恨み言や批判を言うのはやめて、法律にのっとって被害者の痛みを少しでも知ってもらう」
 今後、西村氏の異議申立期間もあるが、これまでと同様に出廷しない場合、早ければ再来週にも強制執行が始まる。
 今回の仮差し押さえは、西村氏個人はもとより、1000万人ともされる2Chユーザーにも大きな影響を及ぼす公算が大きい。東京地裁の「値段がつくものは差し押さえ可能」との判断から、「日本国内では前代未聞」(ドメイン登録機関)とされるドメインの仮差し押さえも行われるからだ。
 手続きが進んでドメインの所有権が移り、2Chというサイトがネット上の住所を失ってしまうと、ユーザーが従来の「2ch.net」にアクセスしても、何ら閲覧できなくなる。
 運営側が掲示板の継続を望むなら、新たなドメインを取得して全システムを引っ越す必要があるが、「2Chはリスクを分散するため、50台ものサーバーが各自独立しており、全体を統括するサーバーがない。データの書き換えは容易でなく、引っ越しに2週間は必要だろう。さらに新ドメインを周知するのが大変だ」(IT業界関係者)。
 男性は「西村氏の収入源は2Ch上の広告なので、すぐに新しい掲示板をつくるだろうが、いたちごっこは望むところ。次は自分以外の債権者が同じ手段に訴えてくれるはず」と、泣き寝入り状態にある全国の債権者に共闘を呼びかける。
 元旦から全国紙に登場するなど注目度満点の西村氏だが、新春から手痛いしっぺ返しを食らうことになった。
(ZAKZAK 2007/01/12)
2ちゃんねるにはかなり楽しませてもらったひとりだ。
一時期は「お笑い・小咄板」に入り浸ってたもんな・・・。
しかし、ウソかホントか(2ちゃんの管理人が言ってることだからわからんが)年収1億ねえ・・・。
オレも放言しちゃおうか。


年収760万!!

誰か叩くか?
叩かれても困りますが。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-12 22:40 | ブログ、ネット

毎週3連休でいい・・・

いやー、3連休はうれしいねえ・・・。
今日寝ても明日また休みだ。
来月もあるね、3連休。

正直言って週に5日も働くのはシンドイ。
毎週3連休、4勤3休でいいです、ハイ。
多少給料減ってもそうしていいんならそうしたいです、ハイ。
うちの会社には今なお「24時間仕事のこと考えなアカン!」とか本気で言う人もいるんだけど(しかも先輩で、ものすごいタフマンで働き者で、熱く語りたがる人・・・。参っちゃうw)、オレにはそんなマネできんもんね。

大晦日から新年にかけては、自分の体のことも忘れて飲んで食って、いつものとおり自堕落のきわみともいえる正月を送った。
でも、なんともなかった。
毎日快食、快便、体も軽い、脳も軽い。
さあ、これでいよいよ俺の体は元に戻ったか、もう煩わしい発作は起きないか・・・、と安心していたら今日ヤラレたよ。
昼飯に、まだフリーザーにたっぷり余っている餅を片付けようと家族3人で雑煮を食いました。
旨かったんだけど、2時ごろから左腹部にいつもの鈍痛が・・・。
今日は妻がスーツを買ってくれるというので意気揚々と出かけるはずだったのだが、3時前後には横にならないと辛いぐらい痛くなった。
膵炎ではない。
明らかに腸閉塞の方である。
年末、会社で昼飯にカップラーメンを食った(普段はほとんど食べない。たまたま何ヶ月ぶりかで昼飯のネタに困って買ってたべた)時もかなり痛い思いをしたのだが、それにそっくりな痛みだ。
ラーメンに続いて、もブラックリスト入りか。
元旦に食ったときはなんともなかったのに・・・。同じもの食ってもヤラレる時となんともない時とあるからもうよくわかんないや・・・。
煩わしいなあ・・・。もう完全なる持病持ちだ。

妻に背中のツボを押してもらってなんとか少し楽になったので、予定通り渋谷に出かけてスーツを買ってもらった。
東急百貨店にキクチ・タケオが入ったのね、知らなかった。
デパートなんて地下以外に足運んだの何年ぶりかだから気づかなかったけど、セールなら百貨店でも手頃な値段でイイモノが買えるし、あちこち回るより1カ所で何でも揃うから便利かも・・・。

結局、東横のれん街でいくつか旨そうなお惣菜を買って、家でゆっくり食事したら痛いの直った。なんで?腸が動いたのかしら・・・?
「頭痛持ち」がいるんだから「腹痛持ち」がいたっておかしかないか・・・。
なんとも不便なカラダよのう・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-07 23:47 | 自分自身

◇◆◇検索ワードランキング(06年12月)◆◇◆

まあ、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが、いちおう習慣なので発表します(笑

b0002910_4164112.jpg

女性関係はいつもの顔ぶれだが、ついに阿部知代さんが第1位に輝いた。
正月番組では変なカツラつけて出てきてくれるし・・・、好きだなあ、この人。

b0002910_4221944.jpg
あとは、鬼頭あゆみちゃんがまたも5位に返り咲き。シブトイ。

ピアノマンってのもあるねえ。
まだその後を追っている人がいるのか・・・。

いつになく平坦な新年を過ごしており、アンテナも眠りまくっているため、まだロクなトピックが書けません。
いや、いままでもろくなこと書いていないが・・・w
正月明けまでしばしお待ちを・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-01-04 04:26 | ブログ、ネット


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧