<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ペガサス・キッド死す!

クリス・ベノワさん死去、無理心中か
 新日本、WWEなどで活躍したクリス・ベノワさん(享年40)が25日(日本時間26日)午後2時30分ごろ、米国ジョージア州アトランタの自宅で妻のナンシーさん、7歳の長男ダニエルくんとともに遺体で発見された。死因は発表されていないが、3人とも刃物のようなもので刺されたあとがあり、ベノワさんが2人を刺殺した後、自殺した可能性があるという。地元警察では自殺と他殺両方で捜査。生前は週5試合のハードな日程などで、ストレスも感じていたという。
[日刊スポーツ 2007年6月27日8時55分 紙面から] >全文
b0002910_23303384.jpgエントリのタイトルをあえてペガサス・キッドにしたのには、さほどの意味はない。
オレにとってはWWEスーパースターとしてのベノワ(限りなく言語に近い発音をするならベンワー)よりも、獣神サンダー・ライガーの宿敵として、新日本マットで暴れまわっていた彼の方が、心に強く残っているからだ。

カナダのケベック州出身。ダイナマイト・キッドに憧れ、カナダの名門プロレス一家ハート・ファミリーに弟子入りし、85年にデビュー。87年に初来日した彼は、新日本道場の練習生を経てライガーのライバルに抜擢され、覆面をかぶってペガサス・キッドを名乗り、カルガリー・スタイルのハードヒット・ファイトで名勝負の山を築く。最後はマスカラ・コントラ・マスカラでライガーに敗れて覆面を脱いだが、その後もワイルドペガサスと名を変え、ライガー、サムライ、金本、大谷、2代目ブラックタイガー(故エディ・ゲレロ)といった黄金期の新日Jr.勢と激闘を繰り広げた。

WWEに移籍してあれだけのスーパースターになったのは、なんだかうれしいような、少しだけさみしいような不思議な気分だったのを覚えている。
同じく新日で頑張って、WWEに移ってスーパースターになったエディ・ゲレロも亡くなった。
そういえばビガロもだ。
どうしてみんな死んでしまうんだろう・・・。
悲しいなあ・・・。
WWEのサーキットは、それはそれはハードなものであるらしい。世界一のプロレス団体の人気選手であり続けるには、相当のタフネスと信念がなければならないが、いかに強靭な肉体を持ったプロレスラーとはいえ、週に5試合、合間に移動という生活の連続に、心身ともに疲れきってしまったのだろうか・・・。
おつかれさま、クリス。
天国に着いたら、エディやビガロやホークやブライアン・ピルマンやMr.パーフェクトによろしく伝えてね。
合掌。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-06-27 23:59 | 訃報

足のニオイその後

今日はいつもより早めに出社。
8:30からなんやかんや仕事を始め、10:00ごろ会社を出て午前中から昼をまたいで2件客先に訪問。
15:00ごろに帰社したら、速攻で2社分の訪問記録を書き、会議用の資料を突貫工事でまとめる。
夜は18:00から2時間を超える会議。帰宅は22:00。
いやー、我ながら実に見上げたヤツだ。働き者のリーマン君。

遅い夕食は妻の手作りコロッケ(偽装ミンチ不使用)、チキンサラダ、ご飯に味噌汁。
やっぱ、家で食う妻の飯がいっちゃん美味い。

2つ前の記事で紹介した足指さらさらクリームの威力はなかなかにスゴイ。
じとじとと蒸す一日、14時間も靴を履いていたのである。さすがにどんなもんじゃろと、帰ってきて足のニオイを確かめてみる。(笑うなかれ。大事なことだ)
おや?いつもなら、一日終わって帰ってくるとかならず甘酸っぱい発酵臭を放っていた足が・・・、ニオワン!

こりゃすごい!早速「おーい、みんなー!足がニオワンぞー!ほれほれ」と家族に知らせる。
娘が寄ってきて、「どれどれ?」と嗅いで「どこがじゃ!!」
「アホ、今まではもっとニオったんじゃ。このクリームの威力はスゴイのう・・・、オマエ(娘)も使いなさい。ホレ、今となってはオマエの足の方が(嗅いでみる)・・・、く、クサッ!!」
妻がひと言。
「親子でなに足のニオイ嗅ぎ合っとんねん・・・」

この歳になると、やはりニオイ関係は気を付けざるを得ない。
わきの下はロールオンタイプのデオドラントを買ったもんね。
入浴時の石鹸は、皮脂に強いお風呂用石鹸に代えたし。
夏に向けて対策はバッチリですのよ、おほほほほ。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-06-25 23:37 | 自分自身

合い挽きが一挙に悪役っぽくなる悪寒・・・

<食肉偽装>「ミートホープ」本社など家宅捜索 北海道警
北海道苫小牧市の食品加工卸会社「ミートホープ」が「牛ミンチ」に豚肉を混ぜて出荷していた問題で、北海道警生活環境課と苫小牧署は24日午後2時半、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑が強まったとして、同社本社や田中稔社長(68)の自宅のほか、偽装ミンチで冷凍食品を製造していた北海道加ト吉(赤平市)など計約10カ所の家宅捜索に入った。
(Excite エキサイト : 社会ニュース 毎日新聞 06月24日 15時17分)>全文


以前、「オレたちも株でもやって少しカネを増やす工夫をせねばのう・・・」などと妻と話したことがあった。その時、「どの会社の株がいいか」という話になり、候補のひとつにオレが挙げた中に加ト吉も入れたような気がする。
このニュースが世間を騒がすようになってから、我が家も加ト吉製品食ってないかと思って確かめてみたら、なんとあったよ、フリーザーの中に「美味しいお弁当 かわいいポテト君」が。
なんかこれは偽装リストの中には入っていないようだ。
弁当に便利だし、結構美味かったりするんだ、これが・・・(笑

「偽装」だったからまずかった。
考えてみれば牛肉と豚肉を混ぜるというのは、「合挽き肉」といって、古くから日本の伝統技のひとつだったわけで、牛肉100%よりも豚が入ってた方が食感が良かったりするもんな・・・、と書きかけて気付いたが、この会社、豚の心臓とかまで出してたらしい。まあ、心臓だって焼き鳥屋へ行けば「ハツ」とかって結構美味しかったりするのだが・・・。

食い物屋の不祥事は後を絶たないが、今回もご多分に漏れず、やったこと、後始末ともお粗末極まりない。
ただ、ミートホープの社長がインタビューで言った「消費者が『安く、安く』を求めるから。」というひと言には(それで今回の不祥事を正当化することはまったく不可能だが)、「まあ、そうだわな」と思わせるところもあった。
考えてみれば、そんなにいい材料ふんだんに使ったモンがそんなに安くホイホイ作れるわけないじゃん。
「良いモノを安く」という類のフレーズをいつ、どこで誰が使い出したかは知らないが、「良いモノはそれなりにカネがかかる」という考えが、一般消費者にもメーカーの側にも共通の認識としてきちんと浸透していないことが、今回のような事件を生む原因のひとつであることは否めないだろう。
いや、だからっつって偽装していいわきゃない。
最初から「良質の合挽き肉使用」と表示すればよかっただけのことだ。

ところで、このニュースを見続けているうちにコロッケが食べたくなり、妻にリクエストしたところ作ってくれることになったのだが、買い物に行ってジャガイモは買ってきたのに、なぜか挽肉を買ってきていない。
肉はどうするのかたずねたら、真顔で「肉って必ず入れるもんなの?」とのたまった。
「たまに入れるけど、あれはたっぷりサービスしたつもりで本来は入れないもんだと思ってた」だと。
妻は料理上手なのだが、時たまこういうことを言い出すおちゃめな女です。
ジャガイモだけじゃフライドポテトだっつーの。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-06-24 18:59 | 政治・社会

カネのことでアタマいっぱい

1ヶ月ぶりのカキコです。
死んだと思った?どっこい、生きとるがな(笑
生きとるつーか、死んでないつーか・・・。
今週のアタマには、1ヶ月放置していたにもかかわらずなぜか2日連続の100を超えるアクセスが・・・。
なぜだろう?w

石立鉄男の死も、坂井泉水の死も、松岡元農水相の死も、ぜんぶスルーしてしまった。
いや、もちろんニュースを目にするたびに書こう書こうと思ってはいたのだが、いかんせん忙しく、そこまで手が回らなかったのだ。
この1ヶ月の間、本業と内職とクレジットの返済計画で頭と手がいっぱいだったのであるww
調子に乗ってレコードだのなんだの買いすぎた。
これまでも月々チョコチョコと買い物はしていたが、さすがに引き落とし額が¥50,000を超えた月はそうそうないので焦りまくり。ボーナス月でホントよかったよ。
そんな状態でも、夏用のスーツが入用で、血眼になって安いスーツを探したりする。
結局通販で¥12,000のヤツを買った。最近は安いものを手にすることが快感になりつつある。

仕事は順調、というよりとりあえず忙しい。
尤も、なににいちばんエネルギーを注いでいるかといえば、社内対策であるw
本音を言えば、お客への対応なり、外向けの出し物の企画なりにもっとあれこれアタマを使いたいのだが、エライ人々の会議に提出する資料をどんな風に作ればウケがいいか、残念ながらそれが最重要課題となりつつある。
てなわけで、この1ヶ月間まったくなにも書き込んでいなかったにもかかわらず、ネタが全然貯まってませんw
まあ、ボチボチ更新していきます。

b0002910_1435579.jpg
とりあえずネタと言うほどのものではないが、これからの季節、足のニオイ対策が大切つーことで購入したデオナチュレ足指さらさらクリーム
風呂上りに塗ってみたけど、たしかにこの時間まで足の指さらさらのまんま。
いいかも・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-06-23 01:49 | 自分自身


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧