<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そっくりさんシリーズ11

久しぶりのそっくりさんシリーズ。
酩酊大臣中川昭一と入れ替わりに、現在政界の話題を独り占めにするこのオトコ。

b0002910_23413736.jpg
与謝野馨財務大臣兼金融担当大臣兼経済財政政策担当大臣。

と・・・・
[PR]
by FHIROSE2 | 2009-02-23 23:50 | ネタ

St. Valentine's Day

b0002910_22322217.jpg
一日前倒しのバレンタインデー。
豪華です!これでも義理チョコです!
ウチのシマには女子が5人いて、5人ともそれぞれにくださいました。
ひとまとめにして「皆からでーす」でよかったのに・・・。
お返しが大変じゃい。
後ろで喜色満面なのは、この戦利品を家で待ちわびていた怪獣w
[PR]
by FHIROSE2 | 2009-02-13 22:35 | 自分自身

"VERY BEST OF ROCK&BALLADS" DTBWB

b0002910_1281991.jpgVarious Review vol. 82
「ヴェリー・ベスト・オヴ・ロック&バラッズ」
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
"VERY BEST OF ROCK&BALLADS"
Down Town Boogie Woogie Band
オリジナル盤発売日: 2007/12
EMIミュージック・ジャパン
「あんた、あのコのなんなのさ」と問われたら、なんと答えよう。
「オトコです」「相棒です」「棒です」「犬です」「奴隷です」「イロです」「凹凸の凸の方です」「向こうがジャックでこちらがプラグです」・・・つづく。

昔は、「アーティスト」なんて高飛車でスノビッシュな言葉は使わなかった。
みんな素直に「歌手」、「バンドマン」、「ロックンローラー」と胸を張って名乗っていたのだ。
かわいい女の子はフリフリの衣装を着て「アイドル」と呼ばれた。
今や歌を歌う人は、猫も杓子も、たとえすべてを人任せにしたアイドル歌手でも、みんなアーティストである。

DTBWBが登場した時代は、「楽器を操り、自作の曲を演奏する」芸能人たちの一団が、いかに自分たちが旧来の芸能人と違うのかを主張し、伝統的な芸能界の香りを排除していくか、という点に曲作り以上の情熱を注ぎはじめた時代。
しかし、宇崎竜童は、DTBWBの音楽について「『カタカナ演歌』である」と言い切った。
(バンド解散後、熟年の域に達した頃には、自らを「職業作曲家」と名乗った)
後に「オレは他とは違う」を主張する手法としてやたらと流行った、「テレビ出演拒否」などという思想もまったく持ち合わせず、胸に名前の頭文字を入れた白いツナギにリーゼント、ミラーのレイバンをかけた姿で、欽ちゃんの番組にも出ていた。
主演映画も製作した。
「This is芸能界」的な、極めてフランクな世間との対峙。
キャリアの後半は、名前の真ん中に「ファイティング」を挟んで、かなりホンモノに近い反体制派に衣替えした時期もあったが、それはなにかの気の迷い、もしくはそれも自己演出のひとつ。
ツッパリを装ってはいたものの、実にクレバーな芸能集団であったのかも知れぬ。

あらためて聴き返すと、いや、ほんと正統派のロックンロールのリズム・パターンに、(宇崎夫人の阿木耀子が綴る)ある種辛気臭い歌詞、バラードはムード歌謡・・・。
音楽を徒に「芸術」扱いしないプロフェッショナリズムが満載。
[PR]
by FHIROSE2 | 2009-02-08 02:15 | ひろぽん's Music Station

太った娘よ

こちらの記事で書いた娘のことだが・・・、

まだ、オレと一緒に寝てます!

もうかれこれ半年以上過ぎたのに、一向に自分の部屋へ帰らず!
折に触れて「そろそろ自分の部屋へ帰ってねー」と言ってもニコニコ笑いながら「はぁ?(^^)」。
ヨメとHできません、マジでw(まあ、別になくてもイイんだけどw)
娘は志田未来のひとつ下である。
でも質量は志田未来の1.5倍以上ある。
あのー、先行指標がなにもないので自分じゃ判断つかないんですが、こんなもんなんですか?
中学2年生って。
会社で周囲にそのことを話したら(もちろん、話しても差し支えなさそうな人だけにだが)、

「オマエ、なんか幻想を見ているのか?」
「ヨメさんがHしたくないがために考えた作戦である」
「女の子がその年でお父さんと一緒にいたがるはずがない!」
「ヘンな育て方をしたんだろう」
と散々な言われよう。

今まで、ただの一度も「パパとおんなじ洗濯機で洗わないで」なんて言われたことないし、自分が寝る時間になると、「パパ、まだ寝ない?」とか訊いてくるし、毎日ホッペタにチューとかしてるし、なにかにつけて「ねえねえパピー・・・」って寄ってくるし、今度生徒会の役員に立候補したっつって、その演説の原稿をオレに見せに来るし・・・。
巷間語られる「父と娘」像とはだいぶ違うらしい。
これもひとえに、妻とオレがイイ子育てをしたからである。なんちって。
[PR]
by FHIROSE2 | 2009-02-06 23:46 | 自分自身


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧