<   2012年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Cover Song Special 番外編 ザ・スクーターズ

今日のCover Song Specialは「番外編」でおます。
"(Loves Like a)Heat Wave" の回で見つけたザ・スクーターズのバージョンがあまりに素敵で、早速この「あたしのヒート・ウェイヴ」を収録した1stを中古でゲット、毎日ヘビロテ状態なのです。
ユーミンやフリッパーズ・ギター、ピチカート・ファイヴなど、ポップ・アーティストのCDジャケット・デザインも多数手がけた信藤三雄が自身もメンバーとなって立ち上げたバンドってだけあって、そのポップ・センスには舌を巻く。
この1stには、ほかにも思わず「ワオ!」とほほを緩ませる絶妙なカバーがいくつか収められているわけなんだが、今日はそれを紹介しちゃいます。

まずは再登場になりますが本作の目玉!

あたしのヒート・ウェイヴ
(原曲 "(Love's Like a) Heat Wave", Written by Holland-Dozier-Holland)

Original performed by Martha And The Vandellas (1963)


スクーターズ Ver.
これは傑作!間違いなし!
声もいいが、チープ極まりない歌詞がまたいい味出していてイイ!


続きを聴く
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-30 22:04 | ひろぽん's Music Station

栃木へ行って来た件

連休2日目の昨日は、栃木の義母のところへ孫娘の顔を見せに行って来た。
栃木には、正月、GW、盆と最低年に3回は足を運ぶ。
もうすっかりこのドライブにも慣れて、感覚的にはちょいとお出かけぐらいの感じ。
往きの東北自動車道がやけに混んだが、いいお天気で春と言うよりほとんど初夏の気候を満喫してきた。

昨日も昼、夜ご馳走になった上、近くのイオンの上にg.u.があるのを発見して連れて行ってあげたら、逆に娘の服まで買ってもらってしまった。
おまけにいつものごとく米やらイチゴやらサイダーやら色々な物をいただいて、盗賊のごとくクルマいっぱいに荷物を積んで帰って来た次第。
お義母さんいつもいつもすみませんです。m(_ _)m と一応恐縮(実際にはいつもこれを期待して行っているwww)。

続きを読む
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-30 09:29 | 自分自身

GWだああああっ!

やっと、やっとGWがやって来る・・・。
年度が変わってからも仕事の調子は一向に上がる気配を見せない(本当に20年の会社生活でかつて経験したことのないダメダメ状態)ものの、今週の宴会で英気を養い、今日あたりは完全に連休突入モードで気もそぞろ。
明日から待ちに待ったGWであります。
わが社は5月1日、2日もぶっ続けで休日にして9連休でござる(たまーにいいことするのよねw)。
この連休を年度末休みだと思って、連休明けから気分一新・オレだけの新年度開始ww
ゴメンよ、同僚の皆さま。
悪いんだけど、オレ本来の調子が戻るまでオレの分まで稼いでくれ(笑

なんだろう、この終わりの見えないマイナス・スパイラル・・・。
ここ最近は年末年始、年度の切り替え、今回の連休と、休みが商談の進行を完全に切ってしまうケースが多くて、仕切り直しばっかりやってるような気がするな。
目標管理だのなんだの、おエライさんの都合で余計なリソース割かれるイベントだけはたっぷりあるし・・・。
ま、しゃーね。
動けるだけ精一杯動いて、オレの手の内以外で決まるもんはどーしよーもね。

b0002910_1241138.jpg












←こいつね、今日洗濯カゴにおシッコして嫁に怒られましてん、アホでしょ。
たまにとんでもないことやらかしますの。
で、今オレの脚の上で爆睡。
う、動けん・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-28 01:33 | 自分自身

Cover Song Special 16 "Do Wah Diddy Diddy"

いつの世でも、理屈抜きに人を元気にさせるポップ・ソングというものは必要だし、廃れない。
ましてや1960年代の前半ともなれば、まだ皆が一生懸命にヒットチャートを狙っていた時代。
音楽そのものよりも持論をぶって聞かせることが仕事になったような、偏屈なアーティストなんてほとんどいなかった時代。
そんな60年代の前半に世界を席巻した曲です。
聴いてみると分かりますが、多くのミュージシャンが採り上げたにも関わらず、ほとんど曲調を弄られずにカバーされてきた曲のひとつです。
作者はジェフ・バリー & エリー・グリーンウィッチ。


The Exciters (Single released in 1963)
エキサイターズによるオリジナル。
こちらのチャートアクションは70位台と振るわなかったが、間を置かずにカバーしたM・マンのバージョンが世界的な大ヒットとなったことで歴史に残ることに。


続きを聴く
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-23 22:00 | ひろぽん's Music Station

レヴォン・ヘルム死去

ザ・バンドのレヴォン・ヘルムが死去
 ザ・バンドの元ボーカル兼ドラマー、レヴォン・ヘルムが死去した。レヴォンは、喉頭がんの長い闘病生活の最終段階にあることを家族が公表した2日後の19日(金)に息を引き取った。彼の家族は声明文で「レヴォンは本日の午後、安らかに息を引きとりました」「彼は家族や友人、バンドのメンバーに囲まれており、素晴らしいミュージシャン、そして美しい魂の持ち主として、感動を与えた者として全ての人の心に残り続けるでしょう」と語った。
(RBB Today 2012年4月21日(土) 11時42分) →続きを読む


誰かが亡くなった時に、あれこれと復習して記事を起こすのは止めにした。
きっと、もっと詳しい人の記事が沢山アップされるだろうし、自分は曲を聴いてひっそりとお送りしよう。
本当に月並み過ぎて申し訳ないぐらいだが、この曲を・・・。

"The Weight" The Band (1969 at Woodstock)


R.I.P.
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-21 23:32 | 訃報

Cover Song Special 15 "Just One Look"

前略、おふくろ様。

今日の題材は、ひとつゆったりとしたR&Bをチョイスしてみました。
1963年にアトランティックからリリースされたドリス・トロイの "Just One Look"
派手な曲ではないが、かなりヴァラエティに富んだ顔ぶれが並んでおり、玄人ウケする曲です。
フォー・バディーズのメンバーだったグレゴリー・クラークとトロイの共作。

Doris Troy (Single released in 1963)
父親の聖歌隊で歌うことを学んだというトロイが1963年にリリースしたオリジナル。
全米チャートの10位まで上るヒットとなった。
要はよくあるひと目ぼれの歌なのね。
彼女をアトランティック・レコードに紹介したのはJBだとか。


続きを聴く
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-19 23:37 | ひろぽん's Music Station

たいした話しじゃないぜぇ~

ワイルドにいくぜぇ~。

ひろぽん時々酒も飲むんだけど、酒と同じぐらい甘い物も好きなんだぜぇ~。
両刀使いなんだぜぇ~。
ワイルドだろぉ~。
特に毎日のハードな営業が終わって社に戻った夕方には糖分補給のための菓子パンが欠かせないんだぜぇ~。
ここでは小腹が減ったのと頭の糖分を両方補うって意味では、チョコレート菓子や饅頭だとちょっと物足りないんだぜぇ~。だから菓子パンなんだぜぇ~。

最初は就業時間過ぎてから買いに行って食べてたんだけど、だんだんだんだん食べる時間が早くなってきて、今じゃ3時ごろ食べ始めちゃうんだぜぇ~。
ワイルドだろぉ~。
そんなオレが久々に感動した新製品をご紹介するぜぇ~。

続きを読む、つーか見る
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-19 01:02 | 自分自身

おじさん,どぇす!

つくづく歳をとった。

この4月から我が営業部に新しいアシスタント(♀)が勤務してくれているのだが、この娘がおん年23歳。
まあ、徐々に新卒の若者も入社してきているわが社であるから、そのこと自体に驚く必要はまったくないのだが、とにかく実年齢云々というよりその存在感が若い。
オレの歳のほぼ半分である。当然ヨメよりも娘に近い。
というより娘がこの年でも世間的には決しておかしくない。

なんつーか、ひとり(30代序盤)以外は、四捨五入すれば50に乗っかるおっさんばかりが6匹もたむろしている我がシマにおいて彼女の存在は異色。
周囲のアラフィフども(オレも含む)は鼻の下を伸ばすというより、どう接するか毎日かなりな緊張を強いられている状況である。

続きを読む
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-18 00:37 | 自分自身

Cover Song Special 14 "Love Potion No.9"

看護師さんに「はい、お薬の時間ですよー」て言われれば降圧剤かなんかを飲むんだろうが、清水健太郎が「はい、おクスリの時間ですよー」てアブネー、アブネー・・・。
いけない、いけない・・・。
という訳で、本日のお題は自分も大好きな "Love Potion No.9" ですぜ、おクスリ好きのみなさん。
作者はホランド, ドジャー&ホランドと並び称される名コンビ、ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー。

The Clovers (Single released in 1959)
オリジナルはコンコロリンと鳴るピアノをあしらったドゥ・ワップ・サウンド。
この動画はアルバム・バージョンを当てたようで、ラストのヴァースで "I wonder what'd happen with Love Potion #10" と歌っている。
全米チャート23位まで上がるヒット。


続きを聴く
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-15 19:00 | ひろぽん's Music Station

Spring Has Come

昨日は一日雨で冷え冷え、おまけに一週間の疲れもあってか酷いエントリを上げてしもうた。
まあ、読んじゃった方もいらっしゃるであろうが、サクッとデリート。
売国ミンスばりの証拠隠滅。
まあ、汚らわしいもんについて包み隠さず書くと、書いた本人まで汚れたような気になることに気づいた次第。
気分直しと言ってはなんだが、拙宅の庭に訪れた春の景色を。

b0002910_12144065.jpg
b0002910_12145560.jpg
b0002910_12301017.jpg


春はいい。寒い冬は嫌いだ。
美味い食いもんは冬の方が沢山思いつくが、でもやっぱり寒いの苦手。
暖かい日差しがいっぱい降り注いで、植物の青い匂いに満ち溢れる季節がなんとなく好きである。
デオドラントさえ万全にしておけば、暑い夏もまあ気合いでなんとかなる(つーか汗が出る方が身体はよく動くし)。
気温の上昇とともに人間力もアップしていきたいものだ。
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-15 12:38 | 自分自身


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧