タグ:政治 ( 11 ) タグの人気記事

公立教員の早期退職問題について

これはBlogosでも次から次へとトピックが上げられ、そのたびに自分が方々へお付けしたコメントをまとめ直したものです。

まあ主な登場人物としては、今回、実に問題のある制度改正を行った国・行政、定年を迎える年度末まできちんと仕事をすると退職金が減給されるために早期退職の道を選んだ公立校の教師、行政の代表として「遺憾の意」を表明する政治家や首長、義憤に駆られたネット市民、相変わらず野次馬根性と公務員憎しを原動力に突っ走るマスゴミなどなど、紅白に分かれてあーだこーだと大騒ぎであります。

プロのブロガーはもちろんのこと、当事者でもない、直接の利害関係にない一般ネット民(こりゃ私も含む訳ですが)もあちこちのコミュニティで色々なコメントを出しています。

続きを読む
[PR]
by FHIROSE2 | 2013-01-27 19:15 | 政治・社会

たまにはちゃんと書こうかと

最近、別の場所の方で色々漁るのに忙しく、更新途絶えがちですがご容赦。
なにせ色々多忙で(今までずっと避けて通って来たTwitterを始めたり、HDDに溜まっていた断片的なエロ動画の女優別編集作業が膨大にあったり)ネタの仕込みもままならず、また週刊になってしまいました。
しかも雑記(笑
まあ、ノッてきたらまた連投しますので今しばらくお待ちを。

さて、この一週間だけでも色々あり過ぎて、後追いで記事書くのもなんだかなーな状態であります。
その辺については、自分なりに考えをまとめて述べてみたいと思う。
基本的に、本ブログは音楽を中心にした趣味色の強いブログで、政治経済、社会について鋭い論評を加えるための場ではあまりない(そういう力量も正直言って、ない)。
ただ、やはりこの社会にいる以上まったく触れずにはおけないだろう、という出来事も多々ある訳で、ここ最近特に世間が騒がしい。
そんな世の中の諸々について、少しく持論らしきものも書いてみたいと思います。
[PR]
by FHIROSE2 | 2013-01-27 17:35 | ブログ、ネット

お家だけじゃなく、マスゴミも大掃除ね!(ハアト

「ネトウヨ内閣」「国防軍オタク内閣」… 東京・中日新聞新内閣記事に苦情電話が殺到

 東京新聞と中日新聞が2012年12月27日付朝刊に掲載した安倍内閣に関する特集記事が、「最低すぎる」「便所の落書きレベルだ」と読者やネットユーザーから厳しい批判を浴びている。

 各界有識者に新内閣の印象を閣僚人事などから語ってもらうという内容だが、「ネトウヨ内閣」「厚化粧内閣」など紙面の大半を否定的な評価で埋めてしまったからだ。中日新聞名古屋本社には27日だけで100本近くの電話が殺到し、担当者は頭の下げっぱなしだったという。
                (J-Cast News 2012/12/28 18:15 >>全文を読む


さーて、こういう新聞を購読していらっしゃる方は、先の選挙では皆さん民主wか維新wwにご投票でしたかね?
え、違う?自民ですか?じゃあ、この新聞、民意をなんと心得ているんでしょうなあ・・・、まったく。
ご存知でしたか?こういうのを「マスゴミ」と称するのですよ。
ご自身のお考えでどの政党に投票しても、そのお考え自体は尊重されるべきと考えますが、少なくともこれだけの国民が支持した、まさに「民意」である自民党執行部が作った渾身の布陣を、左翼の御用コメンテーター総動員でガキのごとき罵倒に晒すなどとは、公器たる新聞のやることじゃないですよね~、ホント。

ちなみに、「安倍新内閣 名付けるなら」というメーン見出しの特集記事にウンザリするような汚いコメントを嬉々として寄せて来た「識者」とは、慶応大教授の金子勝(左巻き学者)、エッセイストの北原みのり(靖国神社で公然わいせつやった半島出身のバイブ屋)、作家の宮崎学(ブサヨ)、高崎経済大の國分功一教授(ブサヨ)、元沖縄県知事の大田昌秀(中華の手先)、人材育成コンサルタントの辛淑玉(反日半島人)ほか、相変わらず筋の悪いメンツがオールスターキャストで招集されて、もう異臭が凄いの。
強力な中日新聞御用達ブサヨ軍団、必死だな(藁)で片付く問題じゃありませんよ。
これ普通に名誉棄損、侮辱だかんね。
自民党に投票した有権者の皆さま、中日新聞社は良識ある正しい誌面作りの能力にかなり欠けた新聞社のようです。まだまだ読者からのご意見を聴かねばならないと認識しているようです。
さあ、どんどん電凸をば。
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-12-30 01:16 | 芸能・マスコミ

自公圧勝320超

b0002910_9222660.jpg

モーニングバード見てたら、右上のスーパーに「中国、韓国が警戒」て出てて大笑い。
そりゃそうだろうよ。
もし特アが警戒するなら、日本にとってはまだマシな政権だということだ。
まあ、なんにせよ完全に沈没してしまう前に取り戻せてよかったよ。
とりあえず、少しだけ心安らかに仕事に向えそうです。
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-12-17 09:27 | 政治・社会

選挙速報見てます?

先週は人間ドックやらなんやら、こまごました野暮用に追われ、久々の更新でございます。
今日は朝6時に起きて、7時の投票受付開始と同時に投票して来たもんね。

どうやら、本来あるべき状況に戻る様子です。
b0002910_22311763.png

ネット上でも色々なところでギリギリまで撹乱情報やら工作やら賑やかでございましたが、2009年の総選挙で魔が差してしまった浮動層、自民にお灸を据えたかった層もお気が済んだと見えて、極めて妥当な然るべき結果に落ち着きそうな気配であります。
今NHKの選挙特番を観賞(?)中。NHK嫌いのハシシタは相変わらずのカンシャク芸炸裂(もう飽きた)、石原閣下も上手いことハシシタを封じ込めつつも「中央官僚ガー」の連呼という、ブッチャーの地獄突きのごとき様式美。
喜美は議席伸ばしてんのに、「(違憲状態を放置しての)選挙には違憲判決が出る可能性がある」とか変なこと言い出した。大丈夫かこの人・・・。

投票日まで、マスゴミの自民sageがもっともっと激しいかと思ったんだが、さほどでもなかったね。やはりあまり露骨なネガキャンは逆効果と見て、自民圧勝を繰り返し報道することで逆に有権者のブレーキ踏みを誘発しようとしたのだろうが、まったく功を奏さなかった模様。

言っておくけどね、自民ならなんでもいいって言ってる訳じゃないのよ。
小池の百合子さんも勝利後のあいさつで「自民に対する圧倒的な支持というよりは、民主じゃダメだという声が大きかった」と、やはりこれだけの方だからちゃんと分かっていらっしゃる。
まあ、色々と問題はあるにせよ、いちばんマシなところに勝たせるのは日本人として当然の務めでございますしね(ちょっと勝ち過ぎの気もするが)。

まあ、今までの民主党政権で好き放題やらかしてくれたシナだの半島だのは、これを機会にキチンとお掃除していただきたいものです。

又吉イエスはどうした?
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-12-16 23:02 | 政治・社会

国民の生活が第一?

とてもそうは思えねーんだけどなwwww

b0002910_22435991.jpg

この方もかつては民主党の「ダイブのスペシャリスト」としてご活躍でしたが、「国民の生活が第一」を経て、来る衆議院議員選挙では、なんだかもう民主、維新を軽く凌駕する「あり合わせ感」山盛りの「日本未来の党」から、野田総理への刺客として立たれるとか。
なんだろう・・・、このなんともいえない「二死満塁で下位打線の代打に1.5軍の選手が出て来て、プレイボール前の素振りだけ異様に速い」みたいなガックリ感・・・。
もうこの辺はどーでもええから全艦轟沈していただいて結構ですので。

怖れずに言おう、この表紙のご尊顔が本物なら正直タイプですねwwww
こちらで巨大画像をお楽しみください。
ネット上ではあまりよい扱いをお受けになっていないようなので、私がプッシュ(笑)させていただきましょう。スペランカー三宅!スペランカー三宅でございます!
まあ、これを機に一般人に戻っていただきたいのは間違いないが、そしたらウジに復職ですかね?
どっちにしろロクなもんじゃねー。

ネタ仕込みのためと、寒さに弱くてヤル気が落ちて来ているのと、ちょいと別の(これまた品のない)コミュニティに出入りしております関係で、時々こういうやっつけ記事(笑)でつなぐ場面が増えますが、今しばらくご辛抱ください。

本当に寒くなって参りました。
皆さま風邪などお召しになりませぬよう・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-12-03 23:13 | 政治・社会

それなりに色々と動き出している

ひところ仕事関係で愚痴ったりもして、諸先輩方にご心配いただいたりもしたわけですが、ここへ来てやや世の中が(と言っても自分が廻って見ている先に限っての話しですが)動き出しているような様子もあり、滞ったままだった商談が成約にこぎつけたり、調査案件の打ち合わせが進んだり、まあ一気に回復とはいかないものの少しずつ前へ進みだした部分もある訳です。
それはいいんですが、なんでこんなに手元におカネがないんでしょう。

そしてついにと言うべきかやっとと言うべきか衆議院が解散され、12月16日に衆議院総選挙が実施されることが決定。2009年から続いた民主党政権もどうやら終了が決まってくれた模様。
まあ、今までよくここまで恥も外聞もなく粘り腰で政権にしがみついてきたと、そこのところだけはホメてつかわしたいと思うところではありますが、いかんせん中身が酷すぎ。
強いて言えば、なんだかんだ言って自民党政権時代には私も含めた多数の国民・有権者の目に触れなかった日本の暗部があれやこれやと表に噴出して来まして、我々としてはこの国の本質を知るよい機会にはなったと思います。

前回の衆議院選挙で雪崩を打って民主党に投票した人々の相当数が、今回その一票を何処に投じるのか、相変わらず有象無象も湧いて出る油断ならない政治状況ではありますが、今度こそ国民の真価が問われますね。
前回石原さんについてのエントリを上げましたが、こちらも立ち上がれ日本を母体とした「たいようの党」を作ったかと思えば、橋下さんにクサされた石原さん以外のメンバーもろとも維新に合流という、実に目的のハッキリした分かりやすい結論に帰結でございまして、もはや「野合して何が悪い」的な清々しいほどの居直りっぷりな訳です。
いやー、何人かは当選するでしょうけれど続かないんじゃね?
第三極というよりは国会のお騒がせゲリラ部隊みたいな位置でいくんじゃねーかなと、最近そんな風に思ったりしております。
それにしてもTBSの日曜朝の番組はクソですね。

b0002910_922655.jpgb0002910_9215043.jpg
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-11-18 10:14 | 政治・社会

石原慎太郎氏は日本の救世主となれるか(もしかしたらその1)

b0002910_9293531.jpg

大そうなタイトルで書き出してしまったが、結論から先に書いてしまうと「んなことわかんねーよ、まだ」というのがその答え。「その1」と付けたが、これだけで終わってしまうかもしれぬ。オピニオンというほどではない、単なるいち庶民の胸の内を書いたに過ぎないのでその点はご了承いただきたい。

石原慎太郎東京都知事の辞任発表から2日、この間にマスメディアおよびウェブ上で流されたこの件に関するトピックはもはや洪水のごとく、とてもすべてをチェックするのは難しそうだ(号外はもらい損なった)。
拙宅で定期購読している産経と、進歩的な方々がお読みになる朝日とでは当然論調は大きく違うが、近いうちに「立ち上がれ日本」を母体として石原氏を代表とする新党を立ち上げ、国政における第三極の形成が当面の目標であること、現段階では日本維新の会が共闘の相手として最も有力であるという点は共通だ。
今回の件について実際のところひとりの有権者として国民としてどう考えたらよいのか、まだ判断がつかぬ(「暴走老人」なるフレーズを用いて石原氏をクサした「政治漫談家」田中真紀子氏に対しては「おまえが言うな」のひと言だけくれてやりゃ済む話だが)。

続きを読む
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-10-27 23:05 | 政治・社会

そっくりさんシリーズ11

久しぶりのそっくりさんシリーズ。
酩酊大臣中川昭一と入れ替わりに、現在政界の話題を独り占めにするこのオトコ。

b0002910_23413736.jpg
与謝野馨財務大臣兼金融担当大臣兼経済財政政策担当大臣。

と・・・・
[PR]
by FHIROSE2 | 2009-02-23 23:50 | ネタ

備忘録

基本的に忙しいこともあり、このブログの更新は実に気ままである。
世間を揺るがすような大きな出来事にも無反応だったりすることがちょいちょいある。
あまり世事に興味ないのかと思われてもなんなので、最近の出来事で取り扱わなかったことをまとめ書き。

★麻生首相誕生

「あ、そう」とか言ってる場合じゃない。
麻生さん的にはオメデトさん。
国民は一向にめでたくなる気配がないが・・・。
良かったか悪かったかは別として、小泉元首相には首相になってなんとしても実現する、という思い入れのある政策がいくつかあったが、それ以降の首相はもう「座」だけが目的化しちゃってる人ばっかし。
世間で批判に晒されて職を辞することになった中山元国交相がいちばん骨のある奴に思えたのだが、などと小声で言ってみたりする。

★大相撲八百長&大麻

ハッキリ言わせてもらうが、相撲「ごとき」に「品格」とか「真剣勝負」とか求めてどうする。
イヤ、大麻はイカンが、それ以外の諸々についてはどーでもよか。
中学出てそのままチャンコで肥大した男達が、ふんどしケツに食い込ませて組み合う見世物に、なにをそんなに求めようとするんだ。
つーか、朝青龍は単に生意気でヤンチャなだけなんだろうけど、ロシア勢(八百長告発の元若ノ鵬、露鵬&白露山兄弟)はゴロツキ臭満載で実にイイ。
でも、日本語ウマイよね、みんな。

★ポール・ニューマン死去

「タワーリング・インフェルノ」で、オレの永遠のアイドルスティーヴ・マックイーンと渡り合った演技がいちばん好きだった。
あの頃の印象が強くて、ずっとあのイメージを持ち続けていたのだが、IMDbで晩年の写真を見ると、当然なのだがすんごい爺さんになっていた。
1925年生まれの享年83歳だそうで。
合掌

★緒方拳死去

なんか、「死」があまりイメージできない人だった。
役者としては「個性派」に類する人で、ご本人の人柄はともかく(会ったことないから知らないけど)、ろくでなしや鬼畜の役を演じている時にいちばん輝いていた人だったと思う。
「復讐するは我にあり」がその真骨頂で、オレにとっての緒方拳は「『榎津巌』を演じた役者」なのだ。
合掌

★リーマンショック

テレビである知識人が「他人のカネで『バクチ』を打つ仕事」と評していたが、なるほどなと思える分かりやすい例えである。
もちろんそこにカネを預けてバクチに託すヤツも大勢いるわけで、こうなってくるともう世の中ギャンブラー、渡世人の集団である。
まじめにコツコツ働くのなんてバカらしい、と思う人間が出てきたって不思議ではない。
それでニートになるか、渡世人になるかは本人次第なんだろうが・・・。
ここをクビになった連中なんて、もうまともなメーカーさんとかじゃ働けねえんだろうなあ・・・。
ご同業に散らばって、これからもバクチを打ち続けるのだろうか。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-10-12 01:44 | ブログ、ネット


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。40ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by ひろぽん

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

大阪慰安旅行写真館
at 2013-02-11 00:46
大阪でーす
at 2013-02-01 16:57
移動宴会
at 2013-02-01 14:55
ちょいと休憩
at 2013-01-30 00:45
公立教員の早期退職問題について
at 2013-01-27 19:15
たまにはちゃんと書こうかと
at 2013-01-27 17:35
雑記 2題
at 2013-01-21 00:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44
バカは風邪ひかない
at 2013-01-09 23:42

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

カテゴリ

全体
ブログ、ネット
政治・社会
芸能・マスコミ
テレビ、アニメ、映画
ひろぽん's Music Station
スポーツ
ネコ
訃報
仕事関係
自分自身
ネタ
おねえちゃん

フォロー中のブログ

社怪人日記2017
ゴキゲンの法則
国境の南
人物連鎖(進化と退化  ...
A Day In The...
秋葉OLの楽しみ探し
拝啓 旦那様
酒と猫の日々
Rock and Mov...
怪獣ブログ
ROCK ANTHOLO...
ご利用はご計画的に。
POP! ROCK! B...
音楽の杜
ばれたら妻に殺されるblog。
漂流生活的看護記録
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...

外部リンク

ブログパーツ

タグ

その他のジャンル

画像一覧