狂乱するオバタリアン

今週のTBテーマ韓流ブーム、どう思う?に一筆。

結局のところ「韓流ブーム」とやらも、「モーオタ」と変わらない、一部のマニアの間での出来事なのだと思う。
少なくとも、日本の消費者すべてを巻き込んだムーヴメントではない。
要は「杉良太郎」の海外版みたいなもんやね。
マスコミもハッキリ言って話題にしすぎ。

アイドルの追っかけをやっている野郎どもも実を言うとかなり醜悪で、まあ、イカリ消毒よろしくプシューと駆除したい気持ちもないではないが、少なくとも若く(一部そうでないヤツも含む)、もしかしたらなんらか将来への展望もありそうな彼らには、さほど強烈な嫌悪感を持てずにいる。
しかし、あの集団は別だ。
メガネの貴公子を追い回しているあのおぞましい生き物たちは・・・。

マスコミが追っかけているのは、実は「ペ様」をはじめとする韓流スターそのものではなく、それに嬉々として群がるオバハンたち。
このブームが、そもそも興味ない人間から見た時に極めて滑稽であると同時に、マユをひそめたくなるような不快な印象をどうしてもぬぐえない一番の原因は、狂乱しているその対象が「オバハン」たちだという点、これに尽きる。
年甲斐もなく嬌声を上げて駆けずり回り、挙句の果てに車に轢かれたりする。
自分達の狼藉を棚に上げて、ホテルの警備を批判、「ヨンさまが可哀想・・・」などといい年(とブチャイクなご面相)テレビで晒して泣いているアホまでおる。
「無作法」「恥知らず」「分別のなさ」「自己抑制能力の欠如」「幼児性」・・・。
人間として恥ずべき「負の特性」をマキシマムに体現し、これでもかと晒すその集団は、舛添要一言うところの「オバタリアン」そのものであり、わが国の産業、文化、教育、いずれの分野にも極めて貢献度の低い、「低俗」という呼び名がピッタリの集団だ。

いっそのこと韓国に移り住んだらいかがか。
国内需要のなさそうな方々だし。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-12-04 09:05


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

その他のジャンル

画像一覧