Cover Song Special 12 "Walking the Dog"

もうね、なんつーか、厳しい世間に身を晒して疲れた時は、角ハイボール飲むか好きな音楽聴くか、気を紛らわす方法もそんなにバリエーションなくなって来た。
娘にカネかかるから使える小遣いも限られているし・・・(笑

てなわけで(つながりませんが)、本日のネタはルーファス・トーマスのゴキゲンなブルース "Walking the Dog" であります。
会社の犬のオレにぴったりだぜ!(笑
バウッ!

Rufus Thomas (1963 on album "Walking the Dog")
オリジナル。
切れぎれな情報をつなげただけの知識しかないが、この人は(もちろん真面目なミュージシャンでもあっただろうが)多分に「芸人」的な立ち位置を大事になさった方であるらしい。イントロにウェディング・マーチを使うという洒落っ気も、ブルース歌手であると同時にヴォードビリアンでもあった彼ならではのものなのか。
かなりお年を召してからテレビ番組に出演した動画などを見るにつけ、アメリカの三波伸介かひとりクレージー・キャッツか、と思わせる芸人ぶりを満喫できる。
にしてもユニークなお顔立ち。手使わないでこんな鋭い口笛吹けるもんなんだ・・・。





The Rolling Stones (1964 From album "The Rolling Stones")
ダミ声のバッキング・ボーカルは故ブライアン・ジョーンズのものとそこかしこに書いてあるのでそうなんだろうが、モンタレーの舞台で観客にジミヘンを紹介した彼の声を思い出すにつけ、この声があのブライアンのものとは少々意外ではある。


Zoot Money's Big Roll Band (1964 From album "R&B")
「モッズ」というスタイリングになにかしらお手本が必要ならコレだな、と思わせるズート・マネーのカバー。


The Rokes (1965 From album "The Rokes")
"Let's Live For Today"のエントリでオリジナルとして紹介したロークス再登場。
これもストーンズ的な直球の黒さではなく、モッズ的な磨き方。


The Sonics (1965 From album "Here Are The Sonics")
デビューアルバム"Here Are The Sonics"に収録。
曲とアメリカン・ガレージ・ロック的なセンスとの親和性が実に高い。


The Luv'd Ones (1966 B-side of single "I'm Leaving You")
ガールズ・ガレージ・バンド、ラヴド・ワンズ。
ちょっとこのあたりの時系列については詳しい知識がないんですが、1966年というとトレモロンズから変名した直後あたりですかね。


Aerosmith (1973 From album "Aerosmith")
オリジナルのコミカルな味を抑え込んで一気にダークな雰囲気に振ったエアロの快作。
一聴して大胆に感じるアレンジも、あくまでも原作を自分たちなりに磨き上げた結果としてこういう形になったのだな、と聴き手を納得させるに十分な威力。


Roger Daltrey (1975 From album "Ride a Rock Horse")
ザ・フーは大好きなバンドなんだが、この人のボーカルだけに着目すると、時にちょっと細いかなと思うことがある。ラス・バラッド、クレム・クレムソンなどのツワモノ達がバックを務めたセカンド・ソロ・アルバムから。
全然ブルースではなくなっている。幻想的なダンス・ナンバー。
どうでもいいけど、この人胸はだけるの好きだね。


The Troggs (1975 From album "The Troggs")
カッチリしたリフとボーカルの相乗効果かさすがに70年代的で、今聴くとちょっと古さも感じさせるが、思いのほかストレートなブルースとして演奏してます。


Dr. Feelgood (1976 From album "Stupidity")
1975年5月23日、シェフィールド・シティ・ホールでの収録。
ストーンズのバージョンが洗練されたものに聴こえるぐらい、フィールグッズならではのダーティ・ボーイズ・ロックに仕上げた。
あまり着目されないが、このバンド、コーラスが非常に巧い。


The Count Bishops (1977 From album "Good Gear")
ビート系パブ・ロックバンド、カウントビショップス。
ギターの音色をストーンズにかなり似せてあるが、やはり孫カバー、アレンジは忠実であるにも関わらず軽いというか、黒さは足らないような気がする。


Ratt (1983 From EP "RATT")
黒人ブルースメンが第1世代、ヤードバーズ、ストーンズが第2世代だとすると、エアロあたりは第3世代か。そうだとするとラット、モトリーあたりはもはや第4世代になるのだろう。
従ってもはやオリジナルのブルースがどうというよりも、エアロスミスに憧れてエアロが大好きで、とうとうエアロ・バージョンの丸コピーしました。
このデビューEP、好きで良く聴いたんだけど音がよくなかったのが残念


Clarence Edwards (1990 From album "Swamps the Word")
1950年代から1993年の死去まで活躍したクラレンス・エドワーズ。
録音自体は90年代のものということで現代的なサウンドである。
クールな歌いっぷりもさることながら、間奏のスリリングなハープが聴きどころ。


Steve Marriott (1991 From album "Packet of Three")
本当に惜しんでも惜しみ切れないマリオット。やっぱり黒い!
そしてなんともタマらんスロー仕立てにしてくれた。


Green Day (1993 From bootleg "Demos tape for Dookie")
公式にリリースはされていないが、ブートレグで出回ったバージョン。
1994年にリリースされた3枚目のスタジオ・アルバム"Dookie"レコーディング時のアウトテイク。
思いのほか原曲の狙いを引き出せていてなかなかイイ仕上がりです。

[PR]
by FHIROSE2 | 2012-04-04 22:00 | Music Man's music


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

その他のジャンル

画像一覧