Cover Song Special 番外編 ザ・スクーターズ

今日のCover Song Specialは「番外編」でおます。
"(Loves Like a)Heat Wave" の回で見つけたザ・スクーターズのバージョンがあまりに素敵で、早速この「あたしのヒート・ウェイヴ」を収録した1stを中古でゲット、毎日ヘビロテ状態なのです。
ユーミンやフリッパーズ・ギター、ピチカート・ファイヴなど、ポップ・アーティストのCDジャケット・デザインも多数手がけた信藤三雄が自身もメンバーとなって立ち上げたバンドってだけあって、そのポップ・センスには舌を巻く。
この1stには、ほかにも思わず「ワオ!」とほほを緩ませる絶妙なカバーがいくつか収められているわけなんだが、今日はそれを紹介しちゃいます。

まずは再登場になりますが本作の目玉!

あたしのヒート・ウェイヴ
(原曲 "(Love's Like a) Heat Wave", Written by Holland-Dozier-Holland)

Original performed by Martha And The Vandellas (1963)


スクーターズ Ver.
これは傑作!間違いなし!
声もいいが、チープ極まりない歌詞がまたいい味出していてイイ!




ザ “うかれて” ワッチャ
(原曲 "The-Wah-Watusi", Written by Kal Mann, Dave Appell)

Original performed by Chubby Checker (1963)
オリジナル・ヴァージョンはダンス・ポップのマエストロ、チャビー・チェッカー。
60年代前半に流行った“Watusi”なるダンスをテーマにした曲。


スクーターズ Ver.
リード・シンガーの声がイイ。
あと、ブレイクで入る男性シンガーのパートの歌詞があまりに意図的にダサくてカッコよすぎ。


涙のブレイク・ア・ウェイ
(原曲 "Break-A-Way", Written by Jackie DeShannon and Sharon Sheeley)

Original performed by Irma Thomas (1964)
アーマ・トーマス最大のヒット "Wish Someone Would Care" のB面に収められて63年にリリース。
83年にはトレイシー・ウルマンもデビュー曲としてカバーし、UKチャート4位に送り込んだ。


スクーターズ Ver.
メンバーの(あるいはスタッフの)誰が選んだのか知らないが、こんなところから引っ張ってこれるって、よほどの好きモノじゃないとないね。
この曲のリード・シンガーは上の2曲とは別の人。
やけにアイドルアイドルしたブリっ子な歌い方。



電話はスバヤク
(原曲 "Just So Lonely", Written by Zecca)

オリジナルは Get Wet 唯一のヒット。
Original performed by Get Wet (1981)


スクーターズ Ver.
あえて80年代の曲からもチョイス。こだわりだけではないオープンな人たち。


恋のバカンス
(作詞 岩谷時子、作・編曲 宮川泰)

ピーナッツの曲はほとんどすべてが名曲だが、この曲のサビ「二人だけの秘めごと」のパートのハモリの部分、この形容しがたい高揚感に勝てる曲はそうはない。
Original performed by ザ・ピーナッツ (1963)


スクーターズ Ver.
もともとはキョンキョンもカバーした「東京ディスコ ナイト」のB面としてリリース。
このアルバムのCDリリース時にもボーナス・トラックとして収録された。
A面のアレンジを手掛けたのは鈴木慶一だそうだが、カラオケで流れ出て来るにピッタリの昭和歌謡的なイントロから始まるこの曲のバックも鈴木氏の手によるものなのか?


おまけ

カバーではないが、信藤三雄自身の作曲によるゴキゲンなオープニング・ナンバーを。

バイ・バイ・グッドバイ (さよならTAMLA)


60sポップスのDNAがたっぷり。これがオリジナルってのがニクイ!
こりゃもう、Complete Collectionも買うしかねーじゃねーか!
クッソー、またカネが・・・。
by FHIROSE2 | 2012-04-30 22:04 | Music Man's music | Comments(4)
Commented by tettin at 2012-05-01 22:28 x
スクーターズという名前からしてモータウンの香りがプンプン。
「電話はスバヤク」「(さよならTAMLA)」って、この人たち一体?(^^;)

日本人がモータウンをカバーする場合、やっぱこれくらい突き抜けた感性がないと聴く気がしませんね。しかし選曲があまりにもマニアック。
ユーミンなどとお付き合いがある人ならば、山下達郎や巨匠あたりとの接点もありそうな気が・・・(笑)。

デトロイト・コブラズに続いて、またまたお財布の紐を緩めそうなオレ。
しかしもう容量が・・・(苦笑)。
Commented by FHIROSE2 at 2012-05-02 07:40
>tettinさま
「(さよならTAMLA)」って最初なんのことやら分からなかったんですが、TAMLA MOTOWNのことなんですな。
なじってる相手の名前が「田村さん」なのか思いましたわ。
>日本人がモータウンをカバーする場合、やっぱこれくらい突き抜けた感性がないと聴く気がしませんね。
下手に本格派を気取って成りきったりしなかったのが、この何とも言えない楽しさにつながっているんだと思いますね、この人たちは。
>しかしもう容量が・・・(苦笑)。
もう曜日別プレイリスト作って、日ごとに総入れ替えする、っつー習慣にするしかありませんな(^^)
Commented by bono2yassan at 2012-05-03 12:57
おお!この感覚はこの前札幌でシェフとも話したんだけど
東京のセンスの好い遊び上手なお金持ちの若い子!
の典型的な感じですな。
ムッシュとかユーミンとか古今亭志ん朝とかさ((笑)))
ピーナッツの宮川泰さんてな偉大な作曲家ですよね。
こんな方が流行歌を作ってたんだから、今のスリーコードに毛が生えた音域のメロじゃ敵うワケねぇっす!
ん~~~札幌で散財して今宵も柔道役員会呑みで
明日は馬車道極東軍事会議で買えまっせん(ToT)/~~~
Commented by FHIROSE2 at 2012-05-03 17:01
>海治郎さま
やっぱりポップスはお洒落じゃなくちゃね!と頷くに値する装いですよね。
>ムッシュとかユーミンとか古今亭志ん朝とかさ((笑)))
若い時から(節度をわきまえて)ちゃんとおカネ使って遊んだ人って、年取ってからもキレイでお洒落。
ユーミンは最近売れなくていよいよディナーショーに乗り出すらしいですけど・・・ww
あ、会合が沢山あるってのもイイことですよ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

Glass Onion Web
at 2019-02-16 17:32
音楽性(?)とやら
at 2019-02-10 22:51
ジュリーーーーー!(By 故..
at 2019-02-10 20:41
The who Collec..
at 2019-02-09 21:47
本日の子守歌2題
at 2019-02-06 23:09

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 11:16
多岐にわたっていますね!..
by nowhere1967 at 23:28
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 20:50
久しぶりにコチラへのご来..
by rollingwest at 06:36
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:08
ご無沙汰していました。昔..
by rollingwest at 17:40
>240_8さん こん..
by FHIROSE2 at 11:55
おはようございます。 ..
by 240_8 at 09:33
ポップですね、当時の私は..
by FHIROSE2 at 07:20
特に好んで聴いていたのは..
by nowhere1967 at 15:09

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
Movie
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2019
A Day In The...
酒と猫の日々
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
田家秀樹ブログ・新・猫の散歩
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
浪人大学付属参考書博物館
Guitarのひとりごと
血ブログ
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
ギター・マンの独り言
サイキック迷子
STERNNESS DU...
Lady Satin's...
ロビンソン商会 歌詞対訳...
Grain of sou...
線路マニアでアコースティ...
アナログレコード巡礼の旅...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧