BENT OUT OF SHAPE (RAINBOW)

b0002910_2211417.jpgVarious Review vol. 53
「ストリート・オブ・ドリームス」 レインボー
"BENT OUT OF SHAPE" RAINBOW

1983年発表作品
POLYDOR
ロニー・ジェイムス・ディオコージー・パウエルを擁して制作した"RISING"がレインボーの最高傑作だと信じて疑わないHR/HMファンにとっては、"DOWN TO EARTH"以降のレインボーのアルバムは、ラジオ局向けのポップな小品を並べた売れ線狙いの作品ということになるのだろう。

'78年発表の"GATES OF BABYLON"発表後、「仰々しい大作はアメリカでは売れない」とポップ路線を推し進めようとするリッチー・ブラックモア(G)と意見の対立したディオがグループを脱退。
グラハム・ボネット(Vo)、元ディープ・パープルのロジャー・グローヴァー(B)を迎えて"DOWN TO EARTH"を発表するも、'80年8月のモンスターズ・オブ・ロックのステージを最後にコージーが脱退。
さらに、次作のための新曲に難クセをつけるボネットをリッチーが解雇。
ジョー・リン・ターナー(Vo)を迎え、ラス・バラッドのカヴァー"I Surrender"を含む"DIFFICULT TO CURE"を発表したあたりから、レインボーはリッチー・ブラックモア(G)の本来持つ、ヨーロッパの古典音楽に根ざした様式美ハード・ロックをウリにするバンドから、いかにもFMウケするポップなバンドに変貌していった。

かつてKISSのジーン・シモンズは、この頃のレインボーを評して「『フォリナーⅡ』みたいだ」と苦言を呈していた。
たしかに"DOWN~"から顕著になったポップ志向は、リッチーが本来志向していた音楽とは違う、いかにも大衆ウケを狙ったサウンドであった。
しかし、当時のリッチーにとってアメリカでの成功は、ディープ・パープル時代の栄光の記憶を差し引いても極めて重要なことだったに違いない。
メンバー・チェンジがグループの代名詞でもあったレインボー。
本作での新加入メンバーは、ボビー・ロンディネリの後釜として加入したドラムスのチャック・バーギ
決して派手ではないがツボを押さえたプレイは、イアン・ペイスを高く評価していたことからも分かるとおり、ドラマーになによりも安定と正確さを求めるリッチーらしい人選。

ロジャー・グローヴァーのサウンド・プロデュースは、正直これまであまり巧みだとは思っていなかった。
"DOWN~"などは特に、「安っぽい汚い音」という印象しかなかったが、本作ではかなり洗練された、キレイなロック・サウンドを作り出すことに成功している。
"Can't Let You Go"のイントロのパイプ・オルガン・サウンドなどに、かつての大作主義時代の名残を感じさせるものの、全体的にコンパクトでポップなナンバーで占められている。
結局レインボーはこのアルバムを最後にその活動を終え、本作品で完成された「レインボー・サウンド」を手に、'84年5月、リッチーとロジャーはディープ・パープル再結成へと向かうのであった。
by FHIROSE2 | 2005-01-30 22:13 | Music Man's music | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

Glass Onion Web
at 2019-02-16 17:32
音楽性(?)とやら
at 2019-02-10 22:51
ジュリーーーーー!(By 故..
at 2019-02-10 20:41
The who Collec..
at 2019-02-09 21:47
本日の子守歌2題
at 2019-02-06 23:09

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 11:16
多岐にわたっていますね!..
by nowhere1967 at 23:28
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 20:50
久しぶりにコチラへのご来..
by rollingwest at 06:36
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:08
ご無沙汰していました。昔..
by rollingwest at 17:40
>240_8さん こん..
by FHIROSE2 at 11:55
おはようございます。 ..
by 240_8 at 09:33
ポップですね、当時の私は..
by FHIROSE2 at 07:20
特に好んで聴いていたのは..
by nowhere1967 at 15:09

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
Movie
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2019
A Day In The...
酒と猫の日々
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
田家秀樹ブログ・新・猫の散歩
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
浪人大学付属参考書博物館
Guitarのひとりごと
血ブログ
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
ギター・マンの独り言
サイキック迷子
STERNNESS DU...
Lady Satin's...
ロビンソン商会 歌詞対訳...
Grain of sou...
線路マニアでアコースティ...
アナログレコード巡礼の旅...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧