Cover Song Special 22 "You Keep Me Hangin' On"

非常にダウナーにさせる夏の疲労を溜めつつ、負けてはいかんとやっと記事をまとめたアルヨ。
という訳で久々のCover Song Specialは、シュプリームスの歌唱がポップにサイケに、男に女に歌い継がれて行きました、You Keep Me Hangin' On でいくぜ~い!

The Supremes (Single released in 1966)
シュプリームスのオリジナル。
1966年10月にリリースされ、Billboard Hot 100の1位に上り詰めた彼女自身8作目となるNo.1ヒットとなった。
もちろんHolland–Dozier–Holland作。
これがすべての始まりです。






Vanilla Fudge (1967 From album "Vanilla Fudge")
2度目の登場。彼らのカバーの中では代表的なものだし、演奏は確かに巧い。
でも、"Bang Bang"のエントリでも書いたとおり苦手です(笑
どう考えても「躍らせる」要素はないアレンジなのだが、テレビでバンドが演奏する時は周りでダンスをするという、もはや無意味な業界のセオリーがまだ生きており、ダンサーの皆さんも苦労。


特別にもうひとつ。
PV観ている限りは、ほとんどアブナイ人たち(笑
カーマイン・アピスの髪型は出来の悪いヅラにしか見えません(ドラマーとしてはメチャクチャ好きな人なんですけど、この頃はやっぱ仕方ないっちゃ仕方ない)。


The Ferris Wheel (1967 From album "Can't Break the Habit")
1967年にザ・フェリス・ホイールが発表した1stアルバムに収録されたバージョン。
ファッジ版のカバー。


Booker T. & The M.G.'s (1968 From album "Doin' Our Thing")
歌抜きでインストに仕上げました。


Poppy Family (1968)
不勉強にして初めて知りましたがカナダのグループだそうです。
ボーカルの感じは悪くない。
イントロのギターが「太陽にほえろ!」のテーマみたい。
映像が無声映画みたいな雰囲気でいいです。


Tea Company (1968 From album "Come And Have Some Tea With The Tea Company")
ニューヨーク出身のサイケ・バンド。ほぼファッジ版の丸写し。


Tom Jones (1969 From album "13 Smash Hits")
小芝居のワンシーンらしく、終始横の誰かに向かって歌っている設定。
髪型のせいもあるのだろうが、アップになるとローマ帝国の人のようです。


小山ルミ (1968)
吉沢京子、風吹ジュンと組んだ「スナッキーガールズ」のメンバーだった小山ルミ。
なにかの映画のワンシーンらしいのですが、客席で声援を送っている役の人も含めて、作品の素性がよく分かりません。
投稿者のコメント欄に「ルミちゃん乳揺らせ過ぎ!!」とあって笑ったが、確かにアクションが(歌も)ものすごい。
場所は引きの画でステージ上のロゴが見えるのを待つまでもなく東京サマーランドと一発で分かる。


Wilson Pickett (Single released in 1969)
黒い人つながりで当然シュプリームス版の発展形を期待したが、サイケ色はないもののリズムはまごうことなきファッジ版が下敷き。
いつものとおり熱い!


Rod Stewart (1977 From album "Foot Loose & Fancy Free")
こちらもファッジ版を下敷きに、かなりブルージーなギターをイントロに配したバージョン。
ジェフ・ベック・グループ時代を彷彿とさせるロック・シンガーとしての魅力が全開のナンバー。


The Rods (1982 From album "Wild Dogs")
ファッジ版が下敷き。
当時はあのY&Tと並び称されていた時期もあるとか。


Kim Wilde (1986 From album "Another Step")
テンポはシュプリームス版からの発展(つーか、この人がファッジ版演るわけないけど)だが、軽薄なシンセと分厚いスネアという80年代のマストアイテムをたっぷり盛り込んだダンスポップに仕上げてみました。
だいぶ前に退職した、ウチの会社の総務の女性に似ている。


Reba McEntire (1995 From album "Starting Over")
リーバ・マッキンタイア21作目となるアルバムから。
厚いピアノをアレンジの軸に据えて軽快に聴かせるナンバー。
正統派アメリカン・エンタメの香りがします。


Madness (2005 From album "The Dangermen Sessions - Volume One")
マッドネスならではの解釈。
サビの"♪You Keep Me Hangin' On"のメロディの捻り方等、小ワザが効いていてイイです。


Cuddly Toys (2007)
70年代、UKロック・シーンで活躍した数少ない日本人ミュージシャン、パディ・フィールド(パディ辻野)が在籍したカドリー・トイズ。


Rockell (2007)
いわゆるハイ・エナジーってやつですか?オジサンこの手はよく分からないんですが。
原曲が良いだけにどうお料理してもカッコよくなるわね。
どーでもいいけど二の腕太っ!オッパイでかっ!


Quinn Fabray (Dianna Agron) (2009)
ドラマ「グリー」のキャラクター、クイン・ファブレイ(演ずるはディアナ・アグロン)が劇中で歌ったバージョン。


Sandrine (2010)
よく知りませんでしたがベルギーの人だそうで。
こうやって今まで知らなかった人に出会えるのも、この手の音楽記事書きの楽しみのひとつです。


詞といいメロディといい、どんなアレンジでも活きますねえ~。
次回もぜひお楽しみに!
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-08-31 00:36 | Music Man's music


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

その他のジャンル

画像一覧