ひろぽん 80s (1983 ②)

こんばんは、鮎川真理です。
80年代を回顧(懐古)するひろぽん80s、1983年は予め調べた限りでもかなり名作が多いようで、懐かしいのと同時にまとめるのもなかなかやりがいのある作業でして。
好きでやってるからまったく辛いことはない(つーか辛い思いまでして記事書かんでもいいし・・・w)んですが、この連載が終わったら、次はどんな特集を組もうかと、次のアイデアまで考えながらやってるという、自発的売れっ子プロデューサーの心境なわけですよ。
では今夜は83年の第2回目です。

Mr. Roboto - Styx
ビルボードの3位まで上昇する大ヒット。「ドモアリガトウ、Mr.ロボット」という日本語のフレーズを挿入したことも話題に。PVの監督は後にティナ・ターナーの伝記映画 "What's Love Got to Do with It" を撮るブライアン・ギブソン。





Photograph - Def Leppard
この曲もよく聴いたし。ビルボード・メインストリームロックチャートの1位、HOT100でも12位まで上がる大ヒット。当時のアメリカの放送コードの関係で、冒頭のナイフが刺さるシーンをカットしたバージョンもあるそうだが見つからずじまい。
ドラマーのリック・アレンはこの後大事故で左腕を切断するという悲劇に見舞われながら、その後も現在に至るまで、右腕一本でデフ・レパードのリズムを支え続けているスゴイ人。


Separate Ways - Journey
曲はイイんだけど、個人的にはジャーニーほどのバンドがなにゆえこのようなダサイPVを撮ったのか理解不能。メンバー全員でエアー演奏、サビでは5人そろってリズムをとりながら凄む(というかリキむ)。前作 "Escape" で儲かったはずなのにちゃんとした製作スタッフを使わなかったのか?


She's A Beauty - The Tubes
バンド史上最大のヒット曲。このPVを監督したのは、1981年公開の映画「ザナドゥ」の振り付けを担当し、後にマドンナの "Material Girl" のPVやマイケル・ジャクソンとの仕事で名を馳せることになる巨匠ケニー・オルテガ。
カートに乗せられてショウを観て回る少年を演ずるのは、後にトランスジェンダーを告白して「女優」に転身したアレクシス・アークエット。


Jeopardy - Greg Kihn Band
81年に "The Breakup Song" をヒットさせたグレッグ・キーン・バンドが83年にリリースした彼ら唯一のTop10ヒット。後にアル・ヤンコビックが一連のパロディのひとつとして採り上げた。


Modern Day Love - Dial M
ウェブでいろいろ探しているのだが、この曲、このユニットに関して言及した資料はほとんどない。ただ、自分の印象としては当時かなり流されていたように記憶している。まあ、言ってみればよくありがちなエレクトロ・ポップ。


Why Me? - Planet P Project
フランクフルト出身のプロデューサー、ピーター・ホーク(「ウチのカミさんがね・・・」ではない)と、カリフォルニア出身でレインボーの名作 "Rising" にも参加したキーボーディスト、トニー・ケアリーが組んだプラネット・P(のちに「プロジェクト」が付いた)。この女優さん、誰だか知らないんですが可愛いですね。


Let's Dance - David Bowie
シックのナイル・ロジャースをプロデュースに迎えた大ヒット作。
70年代のジギー・スターダストから完全に衣替え、ダンス・ポップに新境地を開き、ビッグヒット。しかし「才能」という意味においては、ここからボウイは徐々に徐々に下降していく。


Whistle Down the Wind - Nick Heyward
これは自分の趣味でねじ込んじゃった1曲。ヘアカット100を脱退した後の1stソロ・アルバムからのカット。オレの好きな美しいひんやりとした雰囲気のPV。
ヘイワードの歌うシーンのみ、顔に力が入り過ぎていてやや減点(笑。


Cum On Feel the Noize - Quiet Riot
スレイドのヒット曲のカバー。このバンドにとっても出世作。ケヴィン・ダブロウの声質がスレイドのノディ・ホルダーによく似ていたのもカバーが成功した要因のひとつか。
USフェスティバルでこの曲を演奏しているのをYouTubeで観たが、ギターのカルロス・カヴァーゾが肩車されたままギター・ソロを弾いていて、それもメチャ巧かった。
同世代で同じロス出身なのに、モトリー・クルーとメチャクチャ仲悪かったので有名ですね、このバンド。

[PR]
by FHIROSE2 | 2012-10-08 23:57 | Music Man's music


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

その他のジャンル

画像一覧