ひろぽん 80s (1985 ①)

こんばんは、桜木ルイです。「フラッシュパラダイス 」覚えてますか?
という訳で、今回から1985年に突入します。
バース、掛布、岡田バック・スクリーン3連発の年、おニャン子くらぶが登場した年でございます。
さあ、早速行ってみましょう!

"Can't Fight This Feeling" - REO Speedwagon
スタジオでのレコーディング風景を再現したPVと、CGを多用した物語風のPVの2種類が作られた。こちらは前者。
"Keep On Lovin' You" に負けずとも劣らぬパワー・バラッド。





"Nightshift" - Commodores
この曲のリリース直前にマーヴィン・ゲイ、ジャッキー・ウィルソンという2人の偉大なR&Bシンガーが死去。この曲は2人に捧げられた。
ビルボードHot100の3位、同ホット・ブラック・シングルチャート1位。


"The Heat Is On" - Glenn Frey
映画「ビバリーヒルズ・コップ」に使われた。前年の元同僚ドン・ヘンリーのヒットに続きイーグルス解散以来の大ヒット。
ビルボードHot100の2位。


"Radioactive" - The Firm
ポール・ロジャースとジミー・ペイジが合体という夢のような顔合わせのザ・ファーム。
これぐらいはまだ良かったのだが、そのうちブリティッシュHR界も限られたメンツでくっついたり離れたり、誰がどこにいたのか憶えきれなくなっちゃった。
ビルボードTop Rock Tracks チャートの1位に輝いた。


"Don't You (Forget About Me)" - Simple Minds
1995年の「ゴールデン・アイ」から007シリーズのタイトル・シークエンスのデザインを手掛ける(「慰めの報酬」には不参加だったが「スカイフォール」でシリーズ復帰)ダニエル・クラインマンが監督を手掛けたPV。


"Every Time You Go Away" - Paul Young
オリジナルはホール&オーツ(80年のアルバム "The Voices" に収録)。ダリル・ホール作。
ヤングのバージョンは見事ビルボードHot100の1位を記録。


"Sussudio" - Phil Collins
コリンズ君止まりません。80年代のポップ・ミュージック・シーンの主役としては文句なく5本の指に入ろう、というのがオレの見立てです。
気心しれたバンドメンバーとパブで演奏。舞台となったこのパブのオーナーはヴァージン・グループの総帥リチャード・ブランソン。


"Say It Again" - Santana
82年の "Hold On" にはやや及ばなかったが、USメインストリーム・ロック・チャートの15位まで上昇するヒットとなった。
どーでもいいけど、サンタナっていつもメンバー多くて、スタジオ代とか割り勘にすんのメンドクね?


"Everybody Wants to Rule the World" - Tears For Fears
"Songs from the Big Chair" から3枚目のカット。1986年のブリット・アワード、ベスト・シングル賞を受賞。PV監督は、バンド・エイドの "Do They Know It's Christmas?" も手掛けたナイジェル・ディック。


"I'll See the Light Tonight" - Yngwie Malmsteen's Rising Force
アルカトラズを脱退したイングヴェイ2作目のアルバム "Marching Out" から。
ボーカルはジェフ・スコット・ソートによるものだが、PVでアテているのは当時まだカッコイイ動きがまるでできなかった後任のマーク・ボールズ。


"Forever Man" - Eric Clapton
レニー・ワロンカー、フィル・コリンズ、クラプトンのプロデュースによるアルバム "Behind the Sun" から。故ジェフ・ポーカロ、ドナルド・"ダック"・ダン、マイケル・オマーティアンら豪華なメンツを従えた演奏シーンを収めたPVの監督はゴドリー&クレーム。


"Crazy For You" - Madonna
あなたにキチガイ!あなたにキチガイ!(よしなさい!)
だって、マドンナにいちいち解説いらんやろww


"We Are the World" - USA For Africa
前年のバンド・エイドに呼応する形で、アメリカのミュージシャンが一堂に会したUSAフォー・アフリカ。
クサす気は微塵もないが、バンド・エイドの時には一切感じなかった、そこはかとない商売臭さが匂い立ってきたような気がするのはオレだけ?
曲もとってもプロっぽい感動的な曲で、素直に感動しときゃいいんだろうけど・・・。


"(I'll Never Be) Maria Magdalena" - Sandra
あまりお馴染みではないかもしれませんが、アラベスク解散後ソロに転向して大成功したサンドラ(旧名サンドラ・アン・ラウアー)です。
キャンディ・ポップのアイドル歌手から本格的なアーティストに変身。ま、いいオンナだし。


"Get It On (Bang a Gong)" - The Power Station
ロバート・パーマー+デュラン×2(ジョン&アンディ・テイラー)+シック(トニー・トンプソン:ds, ナイル・ロジャース:プロデュース)っつー、言わばエイジア的なスーパー・グループ。デュラン×2の残りのメンツがアーケイディアなるソフト・ロック路線で手堅く行ったところを、こちらはソリッドなロックで勝負。


"Walking On Sunshine" - Katrina & The Waves
イギリス版リンドバーグ、カトリーナ&ウェイヴス最大のヒット曲。UK8位、US9位まで上昇。
こういうまっすぐなポップ・ソングもやっぱりイイねえ。芸術の前にロックン・ロールだしさ!

[PR]
by FHIROSE2 | 2012-11-02 00:25 | Music Man's music


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

その他のジャンル

画像一覧