BECK, BOGERT&APPICE (BECK, BOGERT&APPICE)

b0002910_11192797.jpgVarious Review vol. 57
「ベック・ボガート&アピス」 ベック・ボガート&アピス
"BECK, BOGERT&APPICE" BECK, BOGERT&APPICE

1973年発表作品
CBS RECORDS
ロック・ドラマーとして長い時間を過ごしたオレにとって、ロックのレコードを聴くということはすなわち、「リズム・セクションの妙技を味わう」ということと同義語だった。
もはや2人ともこの世にいないが、ザ・フーキース・ムーンジョン・エントウィッスルのコンビネーションは無敵だと思ったし、ジャック・ブルース&ジンジャー・ベイカー(クリーム)もその狂いっぷりが素敵だった。
ノエル・レディング&ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス)ボンゾ&ジョーンジー(ZEP)・・・・。
パワフルで多彩なリズム・セクションは、バンド、とりわけハードな音楽を演奏するグループにとっては命綱である。
'80年代に、日本国内をポップなビート・ロックが席巻した時代に驚異的な人気を誇ったBOФWYにしても、高橋まこと(ds)松井恒松(b)という類まれなリズム職人を抱えていたからこそ、「単なるカッコイイバンド」から1歩も2歩も踏み出した存在たりえたのだと思う。
(この時代、「強力なリズム隊」なる表現で絶賛されていたビート・バンドのほとんどが、ただ音がデカくて、8ビートが速くて、ベースはダウン・ピッキングで8分音符を連打するだけだった。)

そんなこんなで今回採り上げるのは"BECK, BOGERT&APPICE"
ヴァニラ・ファッジの屋台骨を支えたカーマイン・アピス(ds)ティム・ボガート(b)ジェフ・ベックと組んだってんですから、もう・・・、奥さん!

"Black Cat Woman"はスローでブルージーなナンバー。
ネコの鳴き声を模したベックのスライドギターが怪しい雰囲気をかもし出す。
"Lady"はカーマイン、ボガートのテクニックを満喫できるファンキーでアップテンポのナンバー。
弟のヴィニー・アピス(リック・デリンジャー、ブラック・サバス)のプレイにも見られる、スネア主体、スピード至上主義のゴリ押しフレーズが中心ながら、意表を突くフレーズが予期せぬところで切り込んでくるプレイはエキサイティング・・・・、なんだが、よく聴いているとこの曲、キメというキメが全然合ってない!(爆
なんだこりゃ!
柔らかいコーラスが切ない"Oh To You Woman"は、この顔ぶれに必要な曲かどうかは別として、看板抜きで聴いたら泣かせるバラード。
スティービー・ワンダーからプレゼントされながら、先にスティービーがリリースして大ヒットさせてしまいベックが激怒したと言う"Superstition"は、スティービー・ヴァージョンの跳ねるようなファンキーさとはうって変わって、重くて騒々しい演奏。
"Sweet Sweet Surennder"はゆったりしたカントリー調と、黒っぽいゴスペル調のメロディが絶妙にミックスされた名曲。
"Why Should I Care"は、曲自体はなんのヒネリもないポップ・ナンバーだが、3人の我の強いフレーズがスキあらば、という感じで放り込まれてくるエキサイティングなナンバー。

クリームジミヘンエクスペリエンスを多分に意識したこのグループも、結局わずか2年で解散。
つくづくジェフ・ベックって人は「グループ」で続かん人やなぁ・・・・。
by FHIROSE2 | 2005-03-27 13:53 | Music Man's music | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

最新の記事

Glass Onion Web
at 2019-02-16 17:32
音楽性(?)とやら
at 2019-02-10 22:51
ジュリーーーーー!(By 故..
at 2019-02-10 20:41
The who Collec..
at 2019-02-09 21:47
本日の子守歌2題
at 2019-02-06 23:09

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 11:16
多岐にわたっていますね!..
by nowhere1967 at 23:28
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 20:50
久しぶりにコチラへのご来..
by rollingwest at 06:36
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:08
ご無沙汰していました。昔..
by rollingwest at 17:40
>240_8さん こん..
by FHIROSE2 at 11:55
おはようございます。 ..
by 240_8 at 09:33
ポップですね、当時の私は..
by FHIROSE2 at 07:20
特に好んで聴いていたのは..
by nowhere1967 at 15:09

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
Movie
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2019
A Day In The...
酒と猫の日々
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
田家秀樹ブログ・新・猫の散歩
The Second A...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
浪人大学付属参考書博物館
Guitarのひとりごと
血ブログ
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
ギター・マンの独り言
サイキック迷子
STERNNESS DU...
Lady Satin's...
ロビンソン商会 歌詞対訳...
Grain of sou...
線路マニアでアコースティ...
アナログレコード巡礼の旅...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧