Shall We Dance?

b0002910_17225011.jpg観て来たよー・・・、Shall We Dance?

文句なしに面白かった。
なんと言っても主演がギア様ということで、ちょっとこってり味(「サッポロポテト」でいうなら「バーベQ味」)の"アメリカン・ナショナル・パスタイム・ゴラク・ムービー"になってはいるものの、基本的に日本版オリジナルの脚本を大切に再現してくれたこの作品は、ハリウッドが日本の作品に対するリスペクト(プロレス的な表現)の気持ちを素直に表現している点で感慨深い作品だ。
配役もまた絶妙。
日本版の竹中直人に対応するリンク役のスタンリー・トゥッチ渡辺えり子に対応するボビー役のリサ・アン・ウォルターがこの作品で演じてくれたのは、監督であるピータ・チェルソム「映画の神」が乗り移ったのか、あるいは彼を素通りして神が直に手を下したのかは分からない。
(キャスティングまでの経緯を詳しく知らんから・・・(^^;)
しかし、日本版を観たことのある者であれば、海の向こうの「エンタテインメント大国U.S.A.」に、この東洋の異国を代表する異能派2人の存在感に敬意を評し、さらにパワーアップさせて演じて見せてくれる個性的な役者がいたことは喜ばしいことに違いない。

強いて挙げれば、ジェニファー・ロペス(オレの世代にとっては「ジェニファー」、「ダンス」とくれば「ジェニファー・ビールス」なのだが、もうこんな病原菌みたいな名前の女優、誰も覚えてないか・・・)が時折見せるラテン系の情熱的な表情は、草刈民代が演じた「毅然としていながらも清楚な雰囲気を漂わせる」教師役と少々イメージを異にする「濃ゆい」キャラだったが、そこはやはりアメリカの観客向けに、馴染み深いキャラクター設定にしたのであろうか。
男性としての欲求とはまったく関係なく非常に好きな女優であるスーザン・サランドンの演技も素晴らしい。
お金なくて遠出が出来ないGW、いいモン観させてもらいましたわ。

帰りの道々娘に訊いてみた。
「パパとママがあんな風にダンス踊ったらどうよ?」
娘ひと言。
「気色ワル・・・。」
という訳で、オレは社交ダンスは習いませんw

帰宅してから早速アマゾンで日本オリジナル版のDVDを買い!

ピーター・ガブリエル"The Book Of Love"が流れるシーンでは、オジサン不覚にも涙腺が緩んでしまったよ。
[PR]
by FHIROSE2 | 2005-05-04 18:13


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
ツムラケンの「おこっちゃ...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

その他のジャンル

画像一覧