OVER THE TOP (COZY POWELL)

b0002910_22453155.jpgVarious Review vol. 19
「オーヴァー・ザ・トップ」 コージー・パウエル
"OVER THE TOP" COZY POWELL

1979年発表作品
POLYDOR POCP-1811


早いもので、コージーが自動車事故でこの世を去ってから6年の歳月が過ぎ去った。

第2期ジェフ・ベック・グループで注目を浴びた彼は、'76年、リッチー・ブラックモア率いるレインボウに採用され、一気にHRドラマーの最高峰に躍り出る。
以降、在籍したバンドはいずれもブリティッシュHRシーンのビッグ・ネームばかり。
マイケル・シェンカー・グループホワイトスネイクゲイリー・ムーアブラック・サバス、クイーン解散後のブライアン・メイのツアー・・・。
'80年代に登場したニュー・ジェネレイションのドラマーたち(デイヴ・リー・ロス・バンドで頭角を現したグレッグ・ビソネット、オジーのところで仕事をしたランディ・カスティロ等)と聴き比べると、さすがに彼のドラミングには古臭いところがあるし、なにより細かいテクニック面でのアピールはない。
しかし、店主と同世代のアマチュア・ドラマーたちに圧倒的な支持を得ていた彼のいちばんの魅力は、やはり「カッコイイ」という点、その一点に尽きると思う。
26インチのツー・バス・セット、和太鼓のバチのような太いスティックをブラス・バンド・スタイルのレギュラー・グリップで握って物凄くでかい音を出すそのパワー・・・。
イアン・ペイスカーマイン・アピストミー・オールドリッジといった同時代のドラマーの中で、彼が常に一段高い人気を博したのは、ハード・ロック・ドラマーの「あるべき姿」を身をもって示し続けた、その神々しい姿があったからこそではないだろうか。

彼のソロ・アルバムは傑作と駄作ほぼ半々、といった感じで評価が大きく割れるが、'79年に発表された本作は間違いなく彼の最高傑作だ。
太いナチュラルな音をパッケージングすることにかけては天下一品の名プロデューサー、マーティン・バーチのプロデュースの下、ドン・エイリー(元コロシアムⅡ、レインボウ)、マックス・ミドルトン(元ジェフ・ベック・グループ)、ジャック・ブルース(元クリーム)、ゲイリー・ムーア(シン・リジイ)、デイヴ・クレムソン(元ハンブル・パイ、ラフ・ダイヤモンド)、バーニー・マースデン(ホワイト・スネイク)といった豪華なメンバーに囲まれて制作された本作は、ブリティッシュ・ロック・シーンに残る名作であるといっても過言ではない。

キース・ムーンボンゾはもうこの世にいない。
ロジャー・テイラーもクイーンの終わりと共に事実上第一線から姿を消した。
イアン・ペイスはまだ現役でがんばってくれているが、もう「マシン・ヘッド」「バーン」の頃のフィル・インは叩けない。
コージーがまだ存命であったなら、今どんなプレイを聴かせてくれるだろう・・・。
きっと、このアルバムを発表したときと同じ、ザラザラした、全然オシャレじゃないパワーあふれる無骨な音を聴かせてくれたであろう。

そう言えば、レインボウ「クビ」にならずに「自ら辞めた」のはコージー・パウエルただ一人だ。
[PR]
by FHIROSE2 | 2004-08-03 23:27 | Music Man's music | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://fhirose2.exblog.jp/tb/36368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by popculture at 2004-08-04 10:48
コージーをこんなに熱く語ってくれる人がいたの初めてみました!!
俺も大好きなんすよ、コージー。前回のブライアン・メイのツアーでくるはずだったのに、これなくて・・・(涙)自分はもう永遠にコージーに会えないんだって思ったら切なかったです。
自分のなかで印象的だったのは「Down to earth」でのほんとシンプルに徹した彼のプレイ。でも、コージーってわかるんだよね・・・あぁ、彼がチャイコフスキーの「1812」をバックに叩いてたドラムソロを生で見たかったな。
このアルバム、もってたのに今どこいったんだろ・・・(涙)
Commented by FHIROSE2 at 2004-08-04 22:14
"RISING"、"GATES OF BABYLON"、"DOWN TO EARTH"の流れは印象的でした。
シンプルにすればするほど、ドン臭くなってゆく彼のドラミングが悲しくもあった。
でも"DOWN TO EARTH"が僕らの世代にとっては「きっかけ」だったんですよね。
Commented by smiletiny at 2006-01-22 21:47
はじめましてこんにちは
コージーで検索かけたらこちらにたどりつきました
「レインボウを「クビ」にならずに「自ら辞めた」のはコージー・パウエルただ一人だ。 」
この1行に泣きそうになりました
コージー大好きです
もう1度たたいてほしいーー!!
Commented by FHIROSE2 at 2006-01-23 07:36
smiletinyさま
ようこそいらっしゃいませ!
コージーのドラミングには「歌心」がありましたよね。
たまに、コージーの参加したアルバムを続けて聴くんですよ。
JBG、レインボウ、MSG、ホワイトスネイク・・・。
変わらないことのすごさがわかりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 16:57
あけましておめでとうござ..
by nowhere1967 at 23:13
コックニー部分が字幕にな..
by ETCマンツーマン英会話 at 15:04
>haruhicoさま ..
by FHIROSE2 at 00:28
ようやくセンターを解き終..
by haruhico at 11:12
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:03
>海治郎さま 子供の頃..
by FHIROSE2 at 22:57
名横綱・大鵬、巨星落つ・..
by rollingwest at 20:44
昭和がドンドン駆け足で去..
by bono2yassan at 14:49
>海治郎さま 道はもう..
by FHIROSE2 at 19:00

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
みやさかてつをの「さよな...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧