<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久しぶりに膵炎のご報告

今日、1ヶ月ぶりの診察に行ってきた。
慢性膵炎の患者である、という事実にはもうすっかり慣れたが、正直言って診察は毎度のことながら気が重い。不治の病といっては語弊があるが、もう元には戻らない膵臓だ。
先月の血液検査では、アミラーゼが382(正常値~160)、リパーゼが986(正常値~50!)と尋常ではない数値だった。
今回は妻にも協力してもらい、1ヶ月がかりの壮大な人体実験にトライした。
第2次食事療法だ。

まず、大好物のシュークリームやポテトチップスをきっぱり止め(そんなにすごい量食べていたわけではない。たまにちょっとつまむ程度だったのだが・・・)、人形焼や大福などのあんこ、もしくはフルーツゼリーに切り替えた。
酒を断って以来、代わりの慰めに甘いものはどうしても必要なのだ。クリームを使った洋菓子は脂肪分が高い。あんこなら糖分にさえ気をつければ脂が少なくてグッとヘルシーである。
ビールは1滴も飲まずにおこうと思ったがさすがにそれは無理で、この1ヶ月間に4缶ぐらいは飲んでしまったが、まあよしとしよう。あとはノンアルコールビールと茶で過ごした。
新入社員の歓迎会があったが、これも乾杯から最後までウーロン茶で通した。
妻の手により、毎晩の食卓からは脂っこい料理は駆逐され、和食と野菜を中心としたメニューが徹底された。
肉は食べたが、牛・豚のモモ肉の脂の少ないところ、あとはたいがいチキンで、ムネ肉なら皮を取り除いた。
どうしても外でモノを食べなきゃならないことも数回あったが、そば屋ならてんぷら等の具は避け、山菜そばやわかめそばを食い、仕出弁当の揚げ物からは徹底的に衣をはがした。

完全にコントロールされた食生活だ。
退院直後は料理本まで与えられて栄養管理をしていたが、主治医から「普通の食事に戻してもよい」と言われて以降ははじめての、しかも自らはじめた食事療法である。
果たして今日の検査の結果、アミラーゼ、リパーゼともお行儀よく正常値の範囲に収まってくれていた。
この病気を患い、基本的に酒と脂モノはご法度と宣告された当初は悲嘆にくれた。
あれだけ酒を食らっていた自分が酒のない人生(正確に言うとまったく無くしたわけではないが)を送るなど想像もつかなかったし、食べられないものがあるなんてなんて煩わしいと思ったものだ。
しかし、こうして実践してみるとなんてことないことに思える。
酒も脂っこい食事も単なる「クセ」でしかないことがよくわかったのだ。
あのまま大酒を飲み、好きなものを野放図に食べていれば、たとえ膵炎にならなかったとしてもいずれ違う病気になっていただろう。
そういう意味では、爆弾を抱えることにはなったが、引き換えに得たものも大きかったということだ。
おかげで先日の人間ドックの結果も、一部を除いてきわめて良好であったし、なにより付き合って同じ食事をする家族の健康にも悪いことはない。
今回の検査の結果は、自然に好転したのではない。自ら好転させたのだと思うと、小さなことだがいささか興奮する。
このままヘルシーな生活を続けていく自信がつき始めている。
次は禁煙外来か。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-17 23:09 | Trackback | Comments(2)

BAYOU COUNTRY (C.C.R.)

b0002910_1751146.jpgVarious Review vol. 72
「バイヨー・カントリー」 クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル
"BAYOU COUNTRY" Creedence Clearwater Revival

1969年作品
Fantasy Record
♪なっがいKissの、途中で(フッ、フッ、猿でーなくー)・・・、ってそりゃCCB!(他で2万回ぐらい使われてそうな予感)
C.C.R.やがな、Creedence Clearwater Revivalやがな。
C.C.R.ってバンドをはじめて知ったのはもうずいぶんと前のことだ。多分ビートルズを聴き始めて、他のロックにも興味を持ち出したかなり早い時期。

サイケデリックやプログレッシブ・ロックの手法が津波のように押し寄せてきた68年頃のアメリカの地で、土ぼこりの匂いに満ち溢れたこんなアルバムを作ってしまった彼らはすごい!
泥臭い!汗臭い!ほこり臭い!とにかくなんかいろんな意味で匂う。
もちろん不快な匂いではない。なんだか体の芯から血が沸き立つような匂いである。
カリフォルニアのベイ・エリア出身のバンドでありながら、アメリカ南部への憧れをストレートに表現したアルバム・タイトル。「バイヨー」とはアメリカ南部ミシシッピ川流域の周辺広範囲にある、ゆったりとした小川。
ジョン・フォガティという歌い手の真髄は、自分のノドを楽器のように鳴らすワイルドな歌唱。このアルバムでも、心臓を搾り出すような魂のこもったシャウトは健在で、Born On The Bayou「ボーン・オン・ザ・バイヨー」Keep On Chooglin'「キープ・オン・チューグリン」あたりで、そのシャウトが満喫できる。
土着的でブルージーで、アーシーなオリジナリティが真っ先に評価されるバンドだが、もちろんそれが彼らの最大の売りであることは認めつつ、オレとしては彼らを「もうひとつのハードロック・オリジン」として評価したい。(特にこのアルバムを聴いていると、初期のグランド・ファンク・レイルロードを連想させる)
Graveyard Train「墓場行きの列車」で聴ける、ステュ・クックのベースラインを軸にしたブルース・インスツルメンツは、ツェッペリンの手法を先取りしたかのようなヘヴィ・ロック仕立て。リトル・リチャードのヒット曲のカヴァーGood Golly, Miss Molly「グッド・ゴリー・ミス・モリー」はボーカルと交互にうなるリードギターが、いかにもあの時代っぽい音でニヤリとさせてくれる。ダグ・クリフォードのドラムスがやや前のめりで畳み込むブレイクもイカしてる。
大ヒット曲Proud Mary「プラウド・メアリー」のポップなメロディは、アルバムの中にはめて聴くとむしろ異質な感じだが、それがまたイイ感じ。
イーグルスでもない、ドゥービーでもない、ジェファースン・エアプレインでもないアメリカン・ロック。よそ見をしない生粋のアメリカン・ロック、ここにあり。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-12 18:53 | Music Man's music | Trackback(1) | Comments(4)

おひなさま

ついこの間「明けましておめでとう」を言ったと思ったら、もう来月は3月。
ちょっと早いけど、おひなさまにご登場願うことにした。
おひなさま出すついでに、クローゼットの中の娘のガラクタを一気に整理、少し物がしまえるようになった。

b0002910_12413748.jpg
b0002910_12415847.jpg

それにしても、ピアノの上って・・・w
屏風も省略しちゃってるし・・・。
仕方がないのだ。去年でかいソファを買ってしまったから、もうスペースがないのです。
娘もどんどん巨大化して、我が家の空間は少しずつ狭くなってきています。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-12 12:45 | Trackback | Comments(0)

医療費控除

<米ユーチューブ>20代創業者2人、大富豪に 同社売却し
【ワシントン木村旬】人気の米動画投稿サイト、ユーチューブを創業した20代の若者2人が、同社を米インターネット検索大手グーグルに売却し、計6億7100万ドル(約810億円)相当のグーグル株を取得したことが分かった。創業から2年足らずという異例の短期間で大富豪の仲間入りを果たした。
 グーグルが8日までに米証券取引委員会に提出した資料によると、創業者のチャド・ハーレー氏(29)が3億4500万ドル(約420億円)相当、スティーブ・チェン氏(28)が3億2600万ドル(約390億円)相当の株を手に入れた。2人は現在、グーグル傘下のユーチューブ首脳。
 ユーチューブは05年2月の創業。自作ビデオや録画したテレビ番組を手軽に投稿・閲覧できることが人気を呼び、急成長した。06年秋にグーグルに16億5000万ドルで売却され、株式交換方式だったため、創業者にグーグル株が支給された。ただ、ユーチューブは著作権侵害の問題も指摘されている。
(毎日新聞 エキサイトニュース 02月09日 17時33分)
<Exciteブロガー>40歳サラリーマン、プチ富豪に
【東京】丸の内の某シンクタンクに勤務する40歳のサラリーマン1人が、今年の確定申告で医療費控除を申請し、計425ドル75セント(51,810円)相当の還付金を取得したことが分かった。申請から1ヶ月足らずという異例の短期間で確定申告長者の仲間入りを果たした。
 目黒税務署が8日までに提出した資料によると、サラリーマンのFHIROSE2氏(40)が425ドル75セント(51,810円)相当の還付金を手に入れた。FHIROSE2氏は現在、しがないサラリーマン。
(Glass Onion 02月10日 19時44分)

というわけで、どこからひねり出そうか思案に暮れていた老眼鏡代がここから出せますわw
ガハハハ・・・。
いやー、まさにタイトローパー家計のクリフハンガーであります。
内職、懸賞サイト、ポイントカードのフル活用・・・。
年末調整もしっかり割り勘にして、少しでも小遣いを増やす。
それでも足りない分は・・・、

かみさんを拝むべし!拝むべし!

もうずいぶん拝んだから、ご利益残ってないかもしんないけど・・・、

やや内角をねらい、えぐり込むようにして拝むべし!拝むべし!
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-10 19:44 | Trackback | Comments(6)

コルツ36年ぶりスーパーボウル制覇!

オレが人間ドックで血を採っている間に、海の向こうでは第41回スーパーボウルが行われ、トニー・ダンジーHC率いるインディアナポリス・コルツ(AFC南地区1位)がシカゴ・ベアーズ(NFC北地区1位)を29-17で破り、ボルティモア時代の1971年以来実に36年ぶりの頂点に立った。

b0002910_1114757.jpgコルツのダンジー、ベアーズのロビー・スミス両ヘッドコーチは師弟にして親友、そして41回目を数えるスーパーボウルの歴史上初めての黒人ヘッドコーチ同士。どちらのチームが勝っても初のスーパーボウル制覇黒人ヘッドコーチとなる対決だった。
ダンジーHCは1996年、弱小チームだったタンパベイ・バッカニアーズのHCに就任し、6年間で通算54勝42敗、15年ぶりを含む4度のプレイオフ出場を果たす強豪へとチームを生まれ変わらせたが、4度のプレイオフ出場を果たしながらスーパーボウルには届かず01シーズンを最後にバッカニアーズを去った。(翌シーズン、ダンジーの後任となったジョン・グルーデンがダンジーの作った強力ディフェンスを引き継ぎ、スーパーボウルを制覇した)
ダンジーはコルツでも就任から昨シーズンまで4年連続でプレイオフに進出するも、スーパーボウルには届かず。
しかし今シーズン、ヘッドコーチ歴11年目にして初のスーパーボウルに到達。黒人HCとして初めて、ビンス・ロンバルディートロフィーを手にした。

コルツQBペイトン・マニングにとっても今回のスーパーボウルに対する決意は並々ならぬものがあったろう。
マニングは、今シーズン前までの8シーズンで6度プレイオフに進出しながら、いずれも敗退。
特に昨シーズンは、AFC第1シードでプレイオフに進出しながら初戦で第6シードのピッツバーグ・スティーラーズに敗退。いつしか「大一番で勝てないQB」という不名誉なあだ名をつけられた。
しかし、今シーズンのマニングはひと味もふた味も違った。
ベアーズQBグロースマンが雨の中試合をコントロールできず、パス20回成功(28回中)、165ヤードを獲得してTDも1つ獲ったにも関わらず、2インターセプト、1ファンブルリカバーを含む5つのターンオーバーを喫して自滅したのに対し、マニングは終始冷静にゲームを支配。
9年のキャリアで初となったスーパーボウルの舞台で真価を発揮し、チーム36年ぶりの栄冠と同時に自信もMVPの栄誉を手にした。
ダンジー、マニングともホント、いい顔してるわ。
おめでとう!
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-07 01:25 | Trackback | Comments(0)

シニアの友

2つ下のトピックで、「週末にアップする予定」とか書いたそばから電話がかかってきて、予想外に早く完成したことを知らされた。

b0002910_2359476.jpg

老眼鏡

見えねーんだ、とにかく!手元も遠くも!(苦笑
去年の夏の入院のあたりと前後して、それまでまったく苦にしなかったデスクワークが非常につらくなってきた。とにかく肩がこる、目が疲れる、長時間文字やPCを見るのが辛い。
思い余って先週眼科に行ったところ、「近視+乱視+老眼、さらにおまけに緑内障予備軍の可能性あり」という、豪華きわまりない素敵な診断を頂戴した。
(ずっと目はいいつもりだったのに、ショック、ショック、「電撃Shock Night」 by Action! 視力検査でたたき出される「視力」と目の良し悪しは必ずしもイコールではないらしい)
緑内障の方はあくまでも「予備軍の、さらに『疑いあり』」のレベルなので、医者もそう慌ててはおらず、3月3日に精密検査の予約を入れてくれた。
老眼の方はメガネ屋のフィッティングで大丈夫とのことだったので、その日のうちにGo!
出来上がったのがこれ。
当初は遠近両用にして、もうメガネかけっぱなしの生活にしようかとも思ったが、「手元を見るときはアゴを上げて、自分の下のまぶたを見るようにレンズの下の縁あたりからのぞく」なんてアクロバティックなことできるとは思えず(かえって具合ワルなるわ)、とりあえずデスクワーク専用の近々メガネを作った次第。
帰宅してから、実際にかけて本を読んだりPCを見たりしているが、実に快適。
フツーの人もオレと同じようなもんなんだろうとマジで思っていたが、字ってこんなにくっきり見えるもんなんですね・・・w
これなら少しは仕事に対して前向きになれるかもしれないw
それにしても・・・、順調に着実に歳をとってゆくものだのう・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-07 00:17 | Trackback | Comments(2)

◇◆◇検索ワードランキング(07年1月)◆◇◆

さて、1月の検索ワードランキングで、史上初の快挙達成。

検索ワードが全部女性!

b0002910_12424084.jpg
7位の羽生未来さんは残念な訃報だったが、あとは私めのヨタ記事がズラリ。
女性をメインテーマにしたブログではないんだが・・・。
お目当ての女性を検索してここにたどり着いた人は、あまりのくだらなさに脱力したのではなかろうか・・・。
しかも10位の「唐橋 ユミ かわいい」って・・・。
純粋想起検索か!つーかそれでヒットすなっつーの、オレのブログ。
顔ぶれは相変わらずだが、「小森みちこ」なんて検索してもオレのブログ出てくんのメチャメチャ下の方やぞ・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-06 13:08 | Trackback | Comments(4)

人間ドック

ごぶさたです。
2月にはいってからなんだかんだとバタバタしておりまして、放置気味。

今しがた2泊3日の人間ドックから帰ってきた。
40歳ですからねえ・・・、初めてのドックです。なんだか大人の仲間入りw

人間ドックといっても、基本メニューは今まで会社で受けていた半日で終わる健康診断と大差ない。せいぜい糖負荷検査(ブドウ糖を飲んで1時間後とに血糖値を計るやつ)が加わる程度。(胃カメラや大腸の内視鏡、脳のCTあたりをチョイスすればもう少し大掛かりにできたんだが、なんせ基本メニュー以外は自費になっちゃいますからw)

あとは、内科の問診で年配の女医が下腹部を触診してくれた時にちょっとうれしかったぐらいで粛々とメニューを終えた。
酒飲んでないだけあってγ-GTPも良い子の値だし、眼底もキレイキレイ。
膵炎さえなければ健康体そのものだよ、ホント。(すい臓のアミラーゼ、リパーゼは血液検査の基本項目の中に入っていない。つまりオレの持病の状態はこのドックじゃ出てこないってこと)

しかし今回受けて感じたんだが、人間ドックってな言ってみれば人気商売なんだろな。
今回の病院は去年腸閉塞をやった時に入院したところだが、病気で入院した場合には「患者」だが、ドックの場合にはあきらかに「お客さま」だ。
ドック病棟の病室はとても明るくて、オレは相部屋だったが備え付けのトイレ、シャワーはいずれもとてもきれいであった。テレビもカード買わずに見放題。
おなじ病院であることは間違いないんだが、入院病棟の、あのなんとも気が滅入る、入院するといったん具合が悪くなるような感じとはずいぶん違ったね。(まあ、具合が悪くて加療している人が集まってる病棟と、健康診断で入ってる人がいる病棟とは、そりゃ違う雰囲気で当たり前だけど)
今回のドックでは、同時に10人ぐらいご一緒した人がいたんだけど、どうやらオレが最年少らしかった。中にはご夫婦で一緒に受けている方もいらしてなんだか微笑ましかった。
あとどうでもいいことだが、同室になった人が阪神の下柳にそっくりだったのがとても気になった。

膵炎のほうはあいかわらずの状況。
軽い痛みが1ヶ月間に2日ぐらい。(因果関係は不明)
炎症反応はゼロ。アミラーゼとリパーゼの値は高めの位置で上下。そんな感じ。
もうひとつ、年齢というか衰えを感じさせる出来事があるんですが、それは週末にアップする予定。
とりあえず下剤飲んでバリウムの出を待ちます。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-02-06 12:30 | Trackback | Comments(0)


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 16:57
あけましておめでとうござ..
by nowhere1967 at 23:13
コックニー部分が字幕にな..
by ETCマンツーマン英会話 at 15:04
>haruhicoさま ..
by FHIROSE2 at 00:28
ようやくセンターを解き終..
by haruhico at 11:12
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:03
>海治郎さま 子供の頃..
by FHIROSE2 at 22:57
名横綱・大鵬、巨星落つ・..
by rollingwest at 20:44
昭和がドンドン駆け足で去..
by bono2yassan at 14:49
>海治郎さま 道はもう..
by FHIROSE2 at 19:00

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
みやさかてつをの「さよな...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧