<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

春が来た

近所の遊歩道のサクラが満開。
今日は曇り空で涼しいが、ここ数日の間は昼間袖をまくるような日もあった。
春ですね~・・・。
とにかく寒いのはキライ。寒い時期はなるべく外に出たくないから、実際どうしようもない用事がない限り休みの日も家に閉じこもるようにしている。
暖かい春、暑い夏、大歓迎・・・、おっと、あんまり猛暑なのもヤだけど・・・。

b0002910_15321794.jpg
b0002910_15323958.jpg
庭のツツジが咲いたよー。
この鮮やかな色のツツジは亡くなった祖母のお気に入りだった。今でも毎年いい花を咲かせてくれる。
この花を見ると、これからやってくる、明るく活動的な季節に心躍る。
今日の診断もいい結果だったし・・・。
このままいい1年を過ごせればいいんだが・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-31 15:35 | Trackback | Comments(3)

スーダラ節よ永遠なれ

俳優の植木等さん死去
 俳優の植木等さんが27日午前10時41分、都内の病院で呼吸不全のため死去した。80歳だった。所属事務所によると、1997年に肺気腫を患いながらも仕事を続けてきたが、今年1月16日に食欲不振を訴え検査入院。今月8日に一時帰宅したが、翌9日に再入院。2週間前から病状が悪化し、意識が混濁。この日、永眠した。故人の意志を尊重し、告別式・通夜は密葬で行い、会場や時間などは非公開だという。後日、お別れの会などを開く予定。喪主は長男広司(ひろし)さん。(2007年3月27日22時48分 スポーツ報知)
>>全文

b0002910_133441.jpg

♪サラリーマンは~、気楽な稼業ときたもんだ~・・・。

ええ、気楽な稼業でございますよ、ホント、なんだかんだ言ってもね・・・。

子どもの頃、ニュースで目にした「訃報」とは、「よく知らないけど、なんかエライ人、有名な人」が死んでいなくなる、ということだった。
この歳になると、「訃報」とは、「子どもの頃からテレビでよく見たあの人」が死んでいなくなる、ということになってくる。
「同世代」では決してない、しかし間違いなく「同じ時代」にそこにいてくれた人。

ハナ肇石橋エータロー安田伸・・・。
クレイジーキャッツのメンバーはすでに3人が鬼籍に入り、われわれの前から永遠にその姿を消した。そして今日、またクレイジーの看板スターがこの世を去って行くことになろうとは・・・。
植木等。「クレイジーキャッツの」という前置詞はもちろん正しいが、それがすべてではない。
高度成長期の日本を席巻した彼は、間違いなく「昭和」というひとつの時代のアイコンだったのだ。

♪ちょいと一杯のつもりで飲んで~、いつのまにやらはしご酒~・・・。

うん、わかる!わかりますよ、先輩!

あ、そうか!
オレは「ビートルズとクレイジーキャッツに乗り遅れた世代」だったんだ。

ドリフがオレたちの世代の象徴なら、クレイジーはそのわずか前。植木等、そしてクレイジーキャッツは、オレがテレビでその存在を知った頃にはもうすでに大御所で、各メンバーが独自の道を歩んでいた。「シャボン玉ホリデー」は後追いで知った。これをリアルタイムで観られた人たちは、スゲー幸せモンだな、と本気で思った。
「ひとつの時代が終わった」という表現は、功成り名遂げた人の死にあたってお約束のように使われるが、この人ほどその言葉を贈るにふさわしい存在は他にいない。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-28 01:38 | Trackback | Comments(2)

命綱

いやー・・・、久々になにもない、穏やかな週末。
先週、今週は大騒ぎだったからな・・・。
なにもない、ということがこれほど幸せなこととは・・・。
と思ったら、能登半島で地震。午前中はずっとそのニュースをやっていた。

雨が止んだので買出しに。

さて、アルコールとすっかり縁を切り(切れちゃったんだよ!ホントに)、楽しみは「甘味」に代わりました。
180度転換です。バリバリの国粋主義者がいきなり左翼活動家になっちゃったようなもんです。

今の心の支え

b0002910_22223311.jpg
亀屋万年堂の人形焼(こしあん)。
オレはもう亀屋万年堂なしでは生きて行けないだろう。サイフの中にはスタンプカードまで!(笑

b0002910_2223953.jpg
こちらはあんなしの人形焼。
あんこないと食いづらそうだけど、しっとりしているためすんなり食べられる。小腹がすいた、だけどあんまり重いもの食えない時(寝る前とか)とかに重宝。

b0002910_22255724.jpg
バナーナ。
今日のチョイスはチキータ・プレシャス。いちばん安かっただけw

あれだけ食べていたシュークリームやポテチはもう止めました。
今はこれが私の心の支え、そして命綱。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-25 22:34 | Trackback | Comments(4)

BLOOD, SWEAT & TEARS (Blood, Sweat & Tears)

b0002910_1642433.jpgVarious Review vol. 73
「血と汗と涙」 ブラッド・スウェット&ティアーズ
"BLOOD, SWEAT & TEARS" Blood, Sweat & Tears

1969年作品
COLUMBIA
ときどき無性にブラス・ロックが聴きたくなる。ラッパの音って、エレキ・ギターの音と違ってあまり時代を経ても変わらない。もちろんサウンド・プロデュースの技術はどんどん変化しているから、レコーディングの段階で加わってくるものもあるし、昔に比べてよりシャープなホーン・サウンドを聴かせる現代の音盤もあるけれど、「トランペットの音」「サックスの音」そのものは'60年代も21世紀の今もほとんど変わらない。
そのせいかどうかはわからないが、この手のブラス・ロック・バンドのアルバムは、今では決して主流でないにもかかわらず古びた感じなく楽しめる。

'60年代終盤から'70年代前半、シカゴタワー・オヴ・パワーチェイスアイズ・オヴ・マーチといった連中がロック、ジャズ、R&B、ファンクなどの様々な音楽の垣根を取っ払って展開した「ブラス・ロック」ムーヴメント。「ロック・コンボ+(セッションメンバーではないパーマネントな)複数のラッパ」という編成のグループについては、'60年代半ばにビートルズの前座やSgt.PEPPRES'のセッションで活躍したサウンズ・インコーポレイテッドがあったし、ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズもアルバム"Crusade"でホーン・セクションを導入した。
しかし「ロックン・ロールやブルースの色づけ」ではない、「ホーン・セクションの存在を前提としたロック」をひとつのジャンルとして確立したのはなんといっても上に挙げたようなバンド、そしてそのさきがけとなったのがこのブラッド・スウェット&ティアーズだ。

'67年結成。ギター、ベース、ドラムス、オルガンにサックス+ブラス3本という当時例を見ない編成。'68年"Child Is Father To The Man"(「子供たちは人類の父である」)でデビュー。1年遅れてデビューしたシカゴとともにブラス・ロックの先駆者となる。
だが、このグループの創設者のひとりであり、「重厚なホーン・セクションを加えた新しいロック・バンド」というアイデアのそもそもの出所であったアル・クーパーがアルバム1枚のみで早くも脱退(事実上の追放)。
その他オリジナル・メンバー2人も脱退し、新たにシンガーのデヴィッド・クレイトン・トーマスを迎え、'69年に発表されたセカンド・アルバムが本作である。このアルバムは'69年グラミー賞の最優秀アルバムを受賞し、グループの最高傑作との誉れ高い。

クーパーの後釜として加入したトーマスは泥臭い声だが実に上手い。全編にわたってシャープな音を聴かせるホーン・セクションにばかり目が行きがちだが、このバンドのもうひとつの強みはこのトーマスのヴォーカル、そしてあとひとつ挙げるとすればリズム・セクションの力量の高さだ。
そのヴォーカルとリズムが満喫できるのが④More And Moreから代表作の⑤And When I Die⑥God Bless The Childへと続く流れだ。
C.C.R.のように泥臭い、大地に根ざしたようなサウンドもアメリカン・ロックの醍醐味だが、重厚なホーンと高度なテクニックで、スケールの大きいアレンジの楽曲をダイナミックに演奏するこのバンドは、もうひとつのアメリカン・ロックの「顔」と呼ぶにふさわしい。最近はこのラッパの音にハマりっぱなしで完全にヘビーローテ。
「ブラス・ロック・シリーズ」続く予定。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-24 16:44 | Music Man's music | Trackback | Comments(0)

プチ模様替え

b0002910_14204088.jpg
ロールスクリーンつけた。(ポスターの光が写りこんでますが、エクトプラズムじゃないよ)
深層心理でなにか明るいものを求めていたのか、まっ黄色を買ってしまったw
入居して以来、妻の「お手製」のカーテンが下がっていたんだが、レールも含めて汚くなったしサイズも合ってなかったので、先日来のオークションの売り上げから拠出。
イエローは派手すぎるかなとも思ったが、部屋がナチュラル・ウッド系なので意外と合っているかも。

b0002910_14232474.jpg
ちなみにこれが部屋の感じ。
ギターの大きさと、左右の角を見比べていただければいかに手狭な部屋かお分かりいただけよう。(家に遊びに来た娘の友達が、娘に「お父さん、なんでさっきからずっと『物置』に隠れてるの?」と言っていた。これこれ「物置」じゃないぞ、これは「書斎」兼「オーディオルーム」兼「コレクション部屋」兼「茶飲み部屋」兼「子どもが見ちゃいけないようなものこっそり観賞室」兼・・・、とまことに多機能な部屋なのだ。)
まるで婦女子のようだが(そうじゃない婦女子ももちろんたくさんいらっしゃるだろうが)、模様替えって、ほんのちょっとでも結構楽しい。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-24 14:35 | Trackback | Comments(0)

チ●チ●レスキュー隊

最近いちばん笑かしてもらったメルマガ。

------------以下転載(伏字は筆者)------------

★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★
  │                            │
 \│/┃S┃O┃S┃信┃号┃受┃信┃中┃女┃性┃達┃が┃・\│/
─☆─┗…┗‥┗━┗…┗‥┗━┗…┗‥┗━┗…┗‥┗━┗…─☆─
 /│\   チ┃●┃コ┃を┃求┃め┃て┃い┃ま┃す┃  /│\
  │    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   │
★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★
突然ですがあなたはチ●チ●レスキュー隊のレスキュー隊員に選ばれました。

現在、様々なSOS信号を女性から頂いています。
あなたのすることはいたって簡単、信号を発している 女性とHをして、女性の
ホテッタ身体を鎮火することです。
もちろん、鎮火後にはお礼を女性から頂いてください。

http://bluemoon.●●●●●.st/cgi-bin/r.cgi?love

現在もっとも新しいSOS信号発信女性は
□安● 舞/OL 20代前半
普通にOLをしています。就職をしたら遊びに出歩く回数も
減ってしまいました。これが大人になっていくって事なのかな?
SOS信号発信で救助待ちです
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  もう時期本格的な紅葉の秋に突入!この時期にいろんな女性の
  ホテッタ身体を鎮火しよう!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
   しかも、チャント鎮火料を頂いちゃおう!!
   鎮火の種類と30分前から救助待ち女性です
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃┌─────────────────────────────┣┓
 ┃│ ◆登録など完全無料   チ●コから発射準備 無料    ┃┃
 ┃│                             ┃┃
 ┃│ ◆トンネル貫通準備OK  即鎮火OK          ┃┃
 ┃│                             ┃┃
 ┃│ ◆スペシャルレスキュー 複数プレイOK         ┃┃
 ┃│                             ┃┃
 ┃│ ◆バックドラフト    最高級女性とのお相手      ┃┃
 ┃│                             ┃┃
 ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今すぐ救助活動開始

http://bluemoon.●●●●●.st/cgi-bin/r.cgi?love

★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★
  セックスメッセンジャー
                       隊長 片● 綾
★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★

------------以上転載終了------------

「チ●チ●レスキュー隊」だそうです。
これ書いてるヤツの顔見てみたいわ・・・w
♪ババンババンバンバン、「勉強しろよ!」
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-21 18:07 | Trackback | Comments(4)

祝ご卒業

今日は娘の小学校の卒業式だった。
無事に6年間の小学校生活を終えて、学び舎を巣立つ娘。

早いものだ。入学式の時にはオモチャみたいにちっちゃかった娘とその学友たちは、ビミョーにでかい図体になり、「卒業の言葉」を述べた男の子はもう大人のような野太い声を出していた。
ひとりひとり卒業証書を受け取る姿は、少しだけ頼もしくもあり、もはや可愛らしくはない。
ウチの娘ときたら、学友のほとんどが同じ中学に進む(女子のみだが)という、感傷度合いのやや低い卒業ではあるにせよ、この卒業式という一大イベントに際しても、マイペースを崩さず緊張感のカケラもない。ヘラヘラ笑ってるし、卒業証書受け取るときもなんかシャンッとしないし・・・(苦笑

6年間あっという間だったなあ・・・。
とにかく、大きな事故にあったり、病気になったりせず(ドッジボールで小指骨折したことはあったが・・・w)、無事に卒業の日を迎えられたことがなによりもうれしい。先はまだ長いが、とりあえずは一段落ついてホッとしている。
代わりにと言っちゃなんだが、オレはもう半分スクラップだ。

妻も、最後の最後で卒業記念のお別れ会の幹事という大役を仰せつかり、卒業間際にてんてこ舞いしていた。(お母さんにも色んな人がいるみたいで、出し物やらなにやら、取りまとめは結構大変らしかった)
本当にご苦労さん。君が頑張ってくれているおかげで、娘もつつがなく次のステージに進めるよ。ありがとう。これからもよろしく。

娘よ、中学に進んでも大好きなバレーボールを続けるんだよ。勉強はまあ、落第せん程度にやっておけ。おまえからバレーボールを取ったらただの無愛想なアザラシだ。
布団の中で23:00過ぎまで男の子と話し込んでるんじゃない。
そのケータイ料金はパパが払ってるんだ。
自分はあちこちからもらったカネを貯め込んでるくせに、貴重な家計のカネを浪費するでない。
それからもっと本を読め。ドラクエの攻略本以外の。
ナルミヤの服はもう卒業だな。中学生だし、もう少し顔と図体に合った格好をしなさい。
なんで、オレと体重が3kgしか違わないんだ?

なあ、娘よ・・・。
小学校、楽しかったかい?中学校はもっと楽しいことがいっぱいあるといいな。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-20 22:47 | Trackback | Comments(4)

御意見無用(鈴木ヒロミツさん死去)

かなり遅いエントリになってしまったが・・・。

b0002910_2119880.jpg鈴木ヒロミツさんが亡くなられたそうで。まだ60歳、若いなあ・・・。
葬儀の中継で和田アキコが「いい先輩を持って、誇りに思います」と涙をこらえつつ語っていたのを観た。そうか、ホリプロで唯一和田アキコの先輩だった人なのね・・・。
元ブルーコメッツ井上忠夫氏、元カーナビーツゴールデン・カップスアイ高野氏に続き、日本のGSが誇るボーカリストがまたひとり、召されてしまった。
もっとも、ザ・モップスはGSというよりも「ニュー・ローック」「サイケデリック・ロック」なのか、あえて呼ぶなら。

鈴木ヒロミツさんといえば、オレがその存在を知った時にはすでにお茶の間に笑いを届けるタレントであり、味のある脇役として根強い人気の俳優でもあった。
大橋巨泉が司会を務めた「お笑い頭の体操」の準レギュラー回答者として、せんだみつお、湯原昌幸、月の家円鏡(現橘家円蔵)らと珍回答を繰り出していたのを観たのが、最初の記憶だろうか・・・。
なんか、テレビで観ていてもイヤな印象が全然ない人だったなあ・・・。今思えば、この人があのある意味キケンなロック・バンドの看板だったのかと思うと、ほんのちょっとだけ不思議。
最近はタレントとしては決して露出の多い人ではなくなっていたけど、葬儀に700人が詰め掛けたってのも、人に愛されたそのキャラクターゆえでしょうか・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

人は悩み祈り、人は怯え悔やみ、人は飢えたままで、死んでいく
いいじゃないか、いいじゃないか・・・

(「御意見無用(いいじゃないか)」 THE MOPS)
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-18 21:24 | Trackback(1) | Comments(2)

慢性膵炎との闘い

ふうー・・・、ちょっと落ち着いたので書きます。

昨日、今日と病院だった。
今日は娘の中学進学の祝いに両親が食事に招待してくれていたのだが、妻と娘だけ行かせてオレはキャンセル。点滴を受けていた。

先週の水曜日に会社でかなり強い痛みが来た。一時は書庫の中でうずくまったまま動けないほどで、正直ヤバイかなと思った。
昨日はもともと診察の日だったので、血液検査をしてもらったらアミラーゼ、リパーゼとも大きく数値が上がっていて、わずかだが炎症反応も。
念のためCTを撮ったら、膵臓周辺から腎臓にかけてのあたりに炎症が広がっていた。
昨日、今日と2時間ずつ点滴を受け、この週末は結局それでほとんど潰れてしまった。

この病気は決して全快はしない。悪化を食い止めることしかできない。
先月はすべての値が正常値に収まっていた。無論それで安心してバカ食いしたりすることなく、引き続き節制して暮らしていたのだが、それでも突然の炎症。
何がきっかけかとんと分からない。
幸い、今回の炎症は土曜日の点滴(抗生剤+栄養剤)で下がり、アミラーゼもほぼ正常値に近いところまで一気に下がった。

痛みの頻度は少しずつではあるが少なくなってきてはいる。今回も、あともう少しで初めて1ヶ月間痛みなしが続くかと思われたが、そうは甘くなかった。
主治医にはせめて週末だけでも入院を、と強く勧められた。
先生が心配してくれているのはよく分かる。もし重篤になればその30%が死に至るという病気だ。おだやかな気持ちではいられない。が、とりあえず入院は固辞して土日の加療だけで帰ってきた。
入院したいのはやまやまだ。オレだってそうしたい。入院しなければ「絶飲食+点滴」という加療はほぼ不可能だからである。
だが、オレは去年の段階でもう2回も入院して仕事に穴を開けている。
これ以上、仲間に迷惑をかけられない。いや、ハッキリ言えば、仲間の忙しさは申し訳ないと思うが、それ以上に職場での自分の立ち場が気になる。
こんな体だし期待などされたくはないが、居場所が無くなったら元も子もない。
心ゆくまで療養に専念するなんて、所詮できっこない。それは億万長者か、老人にしかできないことだ。(老人のすべてがそうできるわけではないが)
オレの勝負は娘が成人するまでのあと10年弱の間だ。
そのあとは、ハッキリ言ってわからん。
どうせなら長生きしたいが、自業自得とはいえこんな病気を抱え込んでしまったら、まずは最低目標を目指すしかない。
娘よ、成人したらニートなどには絶対ならないでね。「家事手伝い」とかいう訳わかんない職業もダメよ。
オレらを養ってくれとは言わんが、パパおまえが大人になる頃までしか無事でモタないよ。
たぶんw
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-18 20:43 | Trackback | Comments(8)

去るもの来るもの(キッチン編)

b0002910_22431573.jpg
こちらが、15年にわたって私たちの生活を支えてくれ、先日轟音とともに昇天召されたオーブンレンジ(日立製)。ただいまお迎えを待っているところ。
長い間、本当にご苦労さん。ありがとうね。

b0002910_22453487.jpg
そして、これがFHIROSE2家に新たに加わった、Newオーブンレーンジ!!(National)
すんげー、ひと回りデケー・・・。ロボコップみたいな風貌。
ドアがオーブンスタイルで上開きだぜ。

b0002910_22482547.jpg
ラタトゥイユもボタンひとつで作れるんだぞー!・・・っと、ラタトゥイユってなに?ベーコンとか野菜とかのスープ?じゃない、なんか煮込みみたいなヤツか。
と、ここで妻がオーブンに苦闘。このNewオーブンレーンジが来たその日にポテトのグラタンを作ったのだが・・・、
熱々にはなるのに、なかなか焦げ目がつかない。
オーブンになっているのは間違いないんだが、設定をどっか間違えたのか?
要研究。
[PR]
by FHIROSE2 | 2007-03-11 22:57 | Trackback | Comments(2)


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 16:57
あけましておめでとうござ..
by nowhere1967 at 23:13
コックニー部分が字幕にな..
by ETCマンツーマン英会話 at 15:04
>haruhicoさま ..
by FHIROSE2 at 00:28
ようやくセンターを解き終..
by haruhico at 11:12
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:03
>海治郎さま 子供の頃..
by FHIROSE2 at 22:57
名横綱・大鵬、巨星落つ・..
by rollingwest at 20:44
昭和がドンドン駆け足で去..
by bono2yassan at 14:49
>海治郎さま 道はもう..
by FHIROSE2 at 19:00

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
みやさかてつをの「さよな...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧