<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

世界の王、引退

<ソフトバンク>王監督、今季限りでの勇退表明…体調不良で

 プロ野球・ソフトバンクの王貞治監督(68)が23日、健康面の不安などを理由に、今季限りでの勇退を発表した。現役時代は歴代最高の通算868本塁打を記録、引退後は巨人、ダイエー―ソフトバンクの監督を計19年務め、一昨年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本を初代世界王者に導いた「世界の王」が、通算44年間のユニホーム生活に別れを告げることになった。長嶋茂雄・元巨人監督に続き、戦後のプロ野球で一世を風靡(ふうび)した「ON」コンビが完全にグラウンドから姿を消す。
毎日新聞(Excite エキサイト : スポーツニュース)


b0002910_22291772.jpg最近は仕事で遅いせいもあってか、テレビでナイターを観ることがほとんどないし、ソフトバンクの試合自体、地上波にはスポーツニュースでしか映らないし・・・。
子どもの頃のヒーローも、あらためてテレビでしゃべっているのを見るとやはり「お爺さん」だなあ・・・、と思ってしまう。ご本人には失礼かとは思うが。
なんか知らないが、40代になってから、有名人の引退とか「死去」とかいう話題がグッと胸に来るようになった。
あ、いや、王監督は亡くなったわけではないが。
テレビなどで未だに「ON」とか言ってるおじさんたちを、「なんだかなあ・・・」という目で見ていたオレも考えてみればおじさんである。

「野球界に入って50年」だそうだ。(ユニフォームを脱いでいた「空白期間」を除くと44年)
オレの人生より長い時間を職業野球人として過ごしてきたわけだ。
オレが物心ついて野球が理解できるようになった時点で長嶋さんは引退し、ONは解散。
野球中継の主役である巨人の主軸はOHに入れ替わった。
シーズン55本塁打の日本記録を打ち立てたのは1964年、オレが生まれる前だし。
そう考えると長い野球人生だ。
というわけで、「ナボナはお菓子のホームラン王です」のCMを観て育ったオレとしては、野球云々よりも「時代」の移り変わりをこのニュースに見た。
今の野球選手、ホント顔よく知らない人が増えてきたなあ・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-09-23 23:58 | Trackback | Comments(4)

MEAN STREAK (Y&T)

b0002910_19254631.jpgVarious Review vol. 80
「ミーン・ストリーク」 Y&T
"MEAN STREAK" Y&T

1983年作品
A&M RECORDS
かつて音楽雑誌などで、「ハードだけどメロディアス」なんつーフレーズが、なんとかのひとつ覚えのように繰り返された時期があった。
有望なバンドが紹介される時には、必ずといっていいほどこのフレーズが売り文句として付けられていたんだな。
グランジとかオルタナティブとか言われる頃になってあまり聞かなくなったような気がするがどうなのだろう・・・。
なにせ90年代以降のHR/HM事情には疎く(なんせ歳のせいもあって、ハードな音が結構キツイww)、そっち系の音楽雑誌も読まなくなってしまったので、その後の事情は正直よく分からないんですが。

まだ「ハード&メロディアス」にどっぷり浸っていた20代の頃、特に気に入っていたのがこのY&T
この当時のY&Tはまさに「ハードだけどメロディアス」を地でいくバンドなり。
うーむ、もはやクラシック音楽である。
きらびやかでグラマラスなファッションとポップでキャッチーな曲を武器に一世を風靡した「L.A.メタル勢」のRATTやモトリー、QRが大ブームを巻き起こすほんのわずか前に発表されたこのアルバムは、前作「ブラック・タイガー」のマックス・ノーマンに代わって、クリス・ツァンガリーディス(ハードな音録るのが実にうまい人)のプロデュース。
L.A.メタル勢と同じくカリフォルニア出身でありながらブリティッシュ・ハード・ロックの影響をたっぷりと受けた、日本人の感性にも受け入れやすい、陰のある「泣き」のメロディ・ラインと硬質なサウンドがイケるヘヴィな快作。
その真骨頂は③LONELY SIDE OF TOWN ④MIDNIGHT IN TOKYO。
「京都の恋」のHM版か。
(もっとも、彼らも時代の波を意識せざるを得なかったのか、この後どんどんポップになっていくんだけど)
そんなグッドなアルバムだが、タイトル曲のPVは、ビートに合わせて手をグーパーする蛇(?)オンナが非常にバカっぽい作りで、これだけは誉められないw

Y&T "MEAN STREAK"('83)


[PR]
by FHIROSE2 | 2008-09-23 21:25 | Music Man's music | Trackback | Comments(0)

3連休ったって、特別になにかあるってわけじゃない。
週の勤務が1日少なくて済むってことがなにより特別!

先週、今週と2週続けて娘の試合を観て来た。
先週の1次リーグは2勝1敗だったが、決勝リーグはさすがにレベルが上がり、体育館改装中で練習環境が整っておらず、しかもコーチング・スタッフにバレーボール経験者がいない(!)わが校には勝ち目はなかった模様。
第1試合の途中で太ももを怪我した娘は、2試合目の途中まで出場していたものの、痛みが辛かったのか途中交代。
昼をはさんで3試合目には復帰し、結構競り合ったものの3連敗で今大会は終了。
正直言って強くはないんだなあ・・・、わがチームは。
応援も違う。
他の学校の父兄は、揃いのロゴ入りTシャツは着てるわ、手製の応援グッズ用意してるわ、一丸となって声援を送っていた。
うちら夫婦は、毎試合周りを相手校の応援団に囲まれて、小さくなって観てましたさ。

しかし、娘のタフネスには、わが子ながら感心する。
毎週毎週、練習だ、試合だと土日が潰れることも多いのだが、朝早くから嬉々として練習に出かける。
平日も授業が終わってから夕方遅くまで練習。
オレがこんなに根気のないグダグダ人間であるからか、娘のこんな姿を見ていると、「大好きで、一心不乱に打ち込めるものがあるってのは、人間にとっていちばんハッピーなことだな」とつくづく思う。

娘は3試合終わって家に帰ってきてから、負傷した足を引きずって、友達と一緒に近所の祭りに繰り出した。
この辺の馬力にも感心である。
「勉強は恥ずかしくない程度に、それ以外は全力で」がオレの娘への教えである。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-09-15 02:58 | Trackback | Comments(0)

我が家の新入り

b0002910_0122548.jpg
妻がオレより先にVista環境になった。
先週の日曜日に、愛車を駆って有楽町のビックカメラに出向き、冬のボーナス一括で買って来たのだ。
買った当日すぐに、妻ならではの雑然とした風景に組み込まれていますw
ウチの妻は、アプリケーションを使って仕事するのはなんてことないのだが、セッティングとかは全然ダメダメちゃんなので、ネット、メールの設定からプリンタつなぐまで全部オレがやってやった。
外で何してるかは別として(笑、家庭では実に優しい夫である。
しかし、VistaっつーOSに慣れるには相当時間がいりそうだなあ・・・。
妻のをちょっといじっただけでも、XPと勝手が違いすぎてビックリ。

こちらは新入りではないが、娘がウォークマンに買い換えたためオレのものになったipod。
b0002910_0242884.jpg
今までは、(初めてウォークマンが世に出て大ブームになった時でさえ)歩きながら音楽を聴くという行為はしたことがなかったので、耳が塞がった状態で街を歩くのにはまだ少し不慣れですw
最初は本格的なロックばかり詰め込んだのだが、これが通勤時に見る街の風景にあまりにもそぐわず、都会的な洋楽ポップスやJ-POP中心に入れ替えたらしっくり来た。
やっぱりロックはスピーカーの前でガッツリ聴く方が身に入る。
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-09-08 00:38 | Trackback | Comments(4)

PINK LADY

b0002910_23514182.jpgVarious Review vol. 79
ピンクレディー PINK LADY(1976~1981)

今の若い人たちの(あ~・・・、このフレーズがまったく違和感ない年齢になってしもたー・・・)歌は実に難しい!覚えられない!
でも、子どもの頃に聴いた歌は、不思議と今でもすらすら歌えるモンである。

去る8月1日に日テレで放送された「阿久悠物語」。
オレも確かにその中にいた日本の「歌謡曲」黄金時代。
今はもう滅びてしまった「歌謡曲」が最も輝いていた時代の、その時代を作った当事者の生き様を描いたこのドラマを目にしなければ、あらためて音盤を買い込んで聴き返そうとは思わなかっただろう。

むさ苦しいあんちゃん達も、おませな女の子たちも、日本中が夢中になり、声援を送り、振り付けを覚えたピンクレディー。
当時は夢中になる女子を尻目に「けっ」てなポーズを取って見せてはいたが、4年以上前にここで白状したように、ミー(現未唯)は好きでした(笑
オレにとってのピンクレディーとは、なんといってもミーのパッツンパッツンの太ももに尽きるw
その後現れた幾多のセクシーアイドルも、この2人のミニスカ姿以上の感激を与えてはくれなかったのだ。

今じっくり聴いてみると、たとえ子ども向けの歌謡曲とはいえ、どの曲も実に心地よく歌心をくすぐってくることをあらためて感じる。
78年暮れに発表された「カメレオン・アーミー」を最後に、シングルのチャートアクション自体は徐々に悪くなっていったが、後期の曲にも親しみやすいナンバーが揃っている。
本人たちの魅力ももちろんのこと、今さらながら阿久悠の詞、都倉俊一のメロディ、土居甫の振り付けと、周りを固めた男たちはホンマもんの「プロ」だったのだなあ・・・。
数々のヒット曲の中で、どちらかというと彼女たちの代名詞とは扱われないが、個人的には「透明人間」がイイ。
サビの「♪とーめーいにんげーん」のところのバックコーラスが非常にキマっている。
ヒット曲以外で好きな曲を挙げろと言われれば、78年11月に発表された8枚目(ベスト盤、ライブ盤含む)のアルバムのタイトル曲にもなった「星から来た二人」。
一連のヒット曲とは一線を画した、哀愁味あふれるアップテンポのムード歌謡である。

映像はYoutubeから。
2004年のミーとケイが、昔の名曲をまったく衰え知らずの振り付けで歌い切る感動モン。

ピンクレディー(2004) 「透明人間」

[PR]
by FHIROSE2 | 2008-09-04 00:27 | Music Man's music | Trackback(1) | Comments(2)

YouTube貼り付け開始記念



DVD化切望!
[PR]
by FHIROSE2 | 2008-09-03 00:37 | Trackback | Comments(0)


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 16:57
あけましておめでとうござ..
by nowhere1967 at 23:13
コックニー部分が字幕にな..
by ETCマンツーマン英会話 at 15:04
>haruhicoさま ..
by FHIROSE2 at 00:28
ようやくセンターを解き終..
by haruhico at 11:12
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:03
>海治郎さま 子供の頃..
by FHIROSE2 at 22:57
名横綱・大鵬、巨星落つ・..
by rollingwest at 20:44
昭和がドンドン駆け足で去..
by bono2yassan at 14:49
>海治郎さま 道はもう..
by FHIROSE2 at 19:00

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
みやさかてつをの「さよな...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧