<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Cover Song Special 18 "Please Don't Touch"

さて、仕込みの関係上パイレーツが2回続いてしまいます。
パイレーツかリンダのどちらかが必ず絡むという、非常に偏った選曲でお送りしております。
ジョニー・キッド&ザ・パイレーツの記念すべきデビュー・シングル"Please Don't Touch"。
ロカビリー、サイコビリー勢に特に愛された曲です。
長いこと歌詞をロクに読まずに聴いてたんですが、あらためて歌詞を読んでみると、男性の歌なんですな。
女子が「触らないでよ!!ピシッ」て言ってるのかと思った。

Johnny Kidd and the Pirates (Single released in 1959)
イントロのギターのカッティングがメッチャ速くて、このまま行ったらモーターヘッドより速いんじゃね!?と思わせておいて、歌が入ったら一気に減速!ww
いや、カッコいいから全然OKだけど。


続きを聴く
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-27 21:35 | Music Man's music | Trackback | Comments(2)

情緒不安定?反抗?

b0002910_10523276.jpgレースのカーテンの裏で、妻がブランケットを干すのを見ているウメ。
またやったんです、「不規則放尿」www

ネットで色々と調べるに、ネコはおトイレが汚れていたりするとトイレを避けたりするらしいが、それ以外にも、トイレと近しい匂いのものにしたり、なんらかのストレスがあったり、色々と粗相の理由はあるらしい。

もう一匹のテンは絶対トイレ以外でやったりしない。
でも、この子はこれでもう何回目?ってぐらい、本来の厠以外のところでおしっこする。
娘のベッド、洗濯機の中の洗濯物(デカイ方まで!)、洗濯カゴの上、ソファの上のブランケット・・・。
もし、匂いの件が理由だとすれば今まで被害に遭ったものは、すべて彼女がおトイレとしてソソる匂いを発していたということになる。
まあ、夏場の娘の汚れものとかはさもありなんだが、こうもところ構わずだと正直油断ならない。

相手がネコだけにあまりきつく叱っても無駄(あまりきつく叱るとネコはグレる)、本人(本ネコ?)も、粗相をすると一応バツの悪そうな顔をするので、いつもそれで終わりなんだが・・・。

これはなにかを訴えているのですかね。
なにかお気に召さないことがあるの?
難しい年頃なのかいな。
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-27 11:16 | ネコ | Trackback | Comments(2)

Robin Gibb passed away

レヴォン・ヘルム、ついこの間のドナに続いてまたも悲しい知らせ。
まだ今年の半分も過ぎていないのに、馴染み深い人たちが召されて行ってしまう。
本当に時代はどんどん過ぎ去って行ってしまうなあ・・・。

「イン・ザ・モーニング」 In The Morning (1971)


「愛はきらめきの中に」How Deep Is Your Love (1977)


「失われた愛の世界」Too Much Heaven (1979)


R.I.P.
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-23 00:29 | Trackback | Comments(2)

史上最凶のハチャメチャ映画「007は二度死ぬ」

b0002910_1574078.jpg今日はちょっと趣向を変えて映画の話題を。
といっても、ただ「よかった」「感動した」という素直な記事ではない(当然)。

昨年の暮れに007シリーズ23作をヤフオクでまとめて落札して、それからチビチビ観てるわけです。
まあ、007自体が(特にムーア時代まで)荒唐無稽、破天荒さをウリにした映画な訳だけれど、特に日本を舞台にしたこの第5作目「007は二度死ぬ」の破壊力たるやものすごい。

海外の映画で扱われる「日本」は、現在でさえ当事者の目から見ればかなりいびつなイメージのままである。
ましてや、まだ欧米で日本ブームが巻き起こるはるか以前のこの作品では「これどこの夢の国?」というような破天荒な描写が目白押し。
シリーズで唯一日本を舞台にした作品だとか、日本人のボンドガールが二人もキャスティングされたとか、そんなことで浮かれて観てりゃいいようなナマ易しい作品では決してない。
おそらくシリーズ、いや過去の数ある洋画の中で最も笑える作品であることを再確認した次第。
今日はこの作品の中から、作者の意図した見せ場とは全く別に、日本人としてきちんと突っ込むべき迷シーンの数々をご紹介しましょう。

続きを観賞
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-20 02:00 | 雑記 | Trackback | Comments(4)

Donna Summer passed away

Donna Summer (born LaDonna Adrian Gaines, December 31st 1948 - May 17th 2012)

「ホット・スタッフ」 Hot Stuff (1979)


「情熱物語」 She Works Hard For The Money (1983)


R.I.P.
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-19 00:23 | Trackback | Comments(2)

ワシャ知らん!(後編)

やはりウンザリ感は拭えなかった・・・。
まあ、いい加減負の経験値の蓄積が増えて疲れた。

もう無理無理、今までみたいに売り歩いてももう出会いはないのよん。
「営業が今まで以上に訴求すれば!」って、簡単におっしゃいますが、PCの時代にドヤ顔でタイプライター売ってるような商売で訴求もクソも・・・。

なにより、会社自体が今の事業の行き詰まりを公言して認めておるやないかい・・・(涙
にもかかわらず、まだこんなもんでマジックが生まれるとでも・・・(汁
正直「!」もつけずに静かに問いかけてしまうわ・・・(湯

続きを読む
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-17 23:19 | Trackback | Comments(2)

ワシャ知らん!(前編)

ブログなどというのは、あくまで顔を隠して(出してる人もいるけど)ウェブ上に数多住む正体不明の住人のひとりとして、主にリアル世界では直に出会うことのない、PCの向こうの人々に向けて書くもので、リアル世界で自分のことを知ってるヤツに見つかることなんか想像することはないままに、あれこれ好きなことを書き散らかす訳だが、実を言うとこのブログの存在など教えたことのないリアル世界での顔見知りから「オマエのブログ見っけたぞ!なに下らねえこと書いてやがる!ww」みたいな突っ込みを一度ならず食らったことがあり、どこまでリアルに書いていいものか正直迷う。

今週はウンザリだ。
正確に言うと毎週、いや毎日ウンザリすることはちゃんとあるのだが、今週は特にウンザリ係数の高い週である。

続きを読む
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-16 01:27 | Trackback | Comments(2)

出撃!のテーマ

もはや生きる楽しみとなっている週末はさっさと行ってしまい、また明日から仕事。
毎朝通勤電車に揺られながらどんな曲を聴くか、日によって時期によって替わりますが、必ず混ぜる曲がいくつかある。
今日はそんな私の「出撃!」のテーマの中から選りすぐりをご紹介します。
いつもの60年代・70年代趣味とはまったく違って脈絡のない、しかし寝ぼけたアタマと身体にビシッと奮い立たせるチョイスでやす。

Ali Bombaye (Michael Masser)
猪木版「炎のファイター」じゃなくてオリジナルの方。
いや、猪木の方でもいいんだけど、あれはAメロ前の「ファイッ!」っつーコールがオレ的には正直ちょっとあざとくて邪魔でね(^^)
元打楽器奏者のオレとしては、こういう幾重にも重ねられたパーカッションのリズムはホント血が沸くぜ。


続きを奮い立たせる
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-13 23:59 | Music Man's music | Trackback | Comments(6)

Cover Song Special 17 "Shakin' All Over"

さてさて、次はどの曲で行こうかなーと考えるの楽しくて楽しくて・・・・、毎日充実しています。
原稿料もらえるならこれに専念したいぐらいです。
ところで本日のネタですが、どうしても自分の好きなバンドの絡んだ曲を紹介したくなっちゃうのは致し方ないところでございますねー。
つーわけで、やっぱパイレーツ行かんとイカンでしょう。行かんかったら遺憾でしょう。
ロカビリー、パブロック勢から今もなお絶大なリスペクトを受け続けるジョニー・キッド&ザ・パイレーツの "Shakin' All Over" 。
ビートルズ出現直前のブリティッシュ・ビートの真髄をお聴きください。
(調べてみたら、カバーしたアーティストの数が半端じゃないので、残念ながらすべてはご紹介できません。独断と偏見に満ちた選りすぐりでお送りします)

Johnny Kidd and The Pirates (Single released in 1960)
泣く子も黙るオリジナル。
ジョニー・キッド時代、再結成パイレーツ時代を通じてUKチャートの1位を獲得した唯一の作品にして彼らの代名詞。
サビ前に入る、アームを使ったビブラートにも聴こえる独特のフレーズは、一説によるとライターを弦に当てた高速スライドという説がそこかしこに。


続きを聴く
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-09 23:11 | Music Man's music | Trackback | Comments(4)

明日からまた仕事だし

b0002910_15036.jpgいい季節になって来た。
窓全開にするのも久しぶりだな~・・・。
連休の後半はずっと雨だったしね。
ネコ達も外の空気のニオイがうれしかったらしく、オレの部屋の窓からしばらくオンモの観察。
ご近所のチョビひげが塀の上を通ると
「ニャー!、ニャー!」

長かった9連休もいよいよ今日が最後となった訳だねい・・・。
会社が格別好きな訳でないが、正直ここまで休んでしまうと社会復帰可能なギリギリの線やね。
やはり生まれついての小市民、あくせく働いてその上で休むというパターンがないと、なんだか本格的に呆けてしまいそう。
働かなくても食えるアラブの大富豪とか、ラクダレース観戦だけで間がもつんかいな、などと下らんことを考えてみる。
ホント、いくらなんでももう会社行かないと、仕事のやり方全部忘れる・・・。

この連休は当初なんの計画もなく、あわや数年ぶりの引き籠りGWになるかと思いきや、栃木への里帰り、某ファッション・メーカーのセールに行って若干の(ホントに若干の)お買い物、久しぶりに家族三人で外食、ネコ2匹の予防注射、友人とちょっとした昼飲み、とそれなりに軽めだが楽しいイベント複合技で終了。
なにせ遣えるおカネも限られているので、予め各イベントごとの支出を厳密に決めて、それぞれにカネを封筒に分けるぐらい計画的に(笑)、ストイックに。
小学生か。

仕事再開したら間もなく、昨年度目標管理のレビューが行われる。
そのことを考えると早くも鬱・・・。
[PR]
by FHIROSE2 | 2012-05-06 15:23 | Trackback | Comments(2)


1960年代半ばよりちょっと後の生まれ。50ウン年間に溜めこんだ「なにか」を吐きだす場。


by Music Man

プロフィールを見る
画像一覧

検索

最新の記事

Music manのお部屋
at 2018-01-04 21:12
謹賀新年2018
at 2018-01-01 00:00
雑記 2題
at 2013-12-04 20:07
雪キター!
at 2013-01-14 10:01
ひろぽん 80s 番外編 "..
at 2013-01-12 01:44

以前の記事

2018年 01月
2013年 12月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...

最新のコメント

>nowhere1967..
by FHIROSE2 at 16:57
あけましておめでとうござ..
by nowhere1967 at 23:13
コックニー部分が字幕にな..
by ETCマンツーマン英会話 at 15:04
>haruhicoさま ..
by FHIROSE2 at 00:28
ようやくセンターを解き終..
by haruhico at 11:12
>rollingwest..
by FHIROSE2 at 23:03
>海治郎さま 子供の頃..
by FHIROSE2 at 22:57
名横綱・大鵬、巨星落つ・..
by rollingwest at 20:44
昭和がドンドン駆け足で去..
by bono2yassan at 14:49
>海治郎さま 道はもう..
by FHIROSE2 at 19:00

カテゴリ

全体
Music Man's music
ギター
ネコ
時事
雑記

フォロー中のブログ

社怪人日記2018
A Day In The...
Rock and Mov...
音楽の杜
超YGK的っ 
空パパの戯言
The Second A...
・・由☆ゆぅの韓ドラea...
ふりむけばスカタン
ローリングウエスト(^-...
Songs for 4 ...
Guitarのひとりごと
Life On The ...
岩石落としから雷電ドロッ...
みやさかてつをの「さよな...
one man dog,...
クラッシュエッグレコーズ

外部リンク

最新のトラックバック

A LOVE LIKE ..
from GARAGE-tettin
行ってきました、ピンク・..
from A Day In The L..
素人写真 その31
from A Day In The L..
同じ日の試合
from Anything Story
デオナチュレ 足指さらさ..
from ブログで情報収集!Blog-..

画像一覧